森山大道の写真の世界観とその思想

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




前回、森山大道氏と西部先生とを比較しましたが、
今回の動画は多分森山氏を語るうえで非常に重要で貴重な記録映画です。
2000年作成のこの作品、今でも色褪せない魅力があります。
写真家森山大道という人間が作り出す写真の世界観や思想が垣間見れる是非とも見て頂きたい作品です。









少し感想を述べると、自分はこの作品を見て、森山氏はすごく誠実な人だと感じた。
同じ質問をしても答えは必ず同じで絶対ブレない。(写真はぶれてるけどw)
こういう人は考えは違っても信頼できる人物だしやっぱこの人は愛される人なんだと思った。

まだ2000年ごろはフィルムが主流で今ではデジタルに移行しましたが
フィルムカメラ時代の撮影から現像、そして焼きまでの写真家の作業工程も見る事ができ貴重な映像。

それにしても森山大道と言ったらリコーGRだよな~って思っちゃうのは、
自分はまだまだ機材の奴隷なんですね(^_^;)
修行が足りませんなw


それにしても、やっぱり森山氏を語るアラーキーの解説や語り口が面白い!
写真は密着だの定着だの言うけど、
あの人は(森山氏は)写真に決着つけちゃった人だからという語りは笑っちゃいます。



それにしても、アラーキーって見れば見るほど電撃ネットワークの人に似てるな・・・w



【関連記事】

●森山大道×西部邁 記憶と記録


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】






スポンサーサイト

森山大道×西部邁 記憶と記録

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



一年以上ほったらかしで、FC2の場合、色々と更新しないと制約もあるようで久々に更新します。

すっかり政治関連に関しては興味すら感じなくなっていまして、
文化面や芸術面の記事が多くなると思いますのでよろしくお願いします。

YouTubeで見つけた自分が大好きな写真家、森山大道のドキュメンタリーです。


















このドキュメンタリーを見て判ったのですが、
森山氏と西部先生って同学年の同級生で同じ世代なんですよね。
しかも両者とも新宿ゴールデン街の住人(笑)という事で、
実はニアミスしてるかもと感じました(^_^;)

ゴールデン街をこよなく愛す両者には共通点も多くて、
一度西部ゼミなんかでゲストで出てくれると面白いかも、と思った次第。

大学時代、左翼の運動から距離を置いた西部先生と
当時の左翼運動での出来事でもある新宿騒乱事件に近寄って行った森山氏。

記憶を辿り戦後を語る西部先生と戦後の街の記録を撮り続けてきた森山氏という
知性と感性という違う視点から戦後史なんかを語ってもらうと面白そうと思った次第です。

自分が森山氏の写真が好きな理由はあの焼き付いた記憶の中の一コマの様なノイジーで
ハードな画肌のモノクローム写真はどこか懐かしさと
その時代や場所に漂う怪しさを感じさせる感じがたまらなく好きです。

写真とはすべて懐かしさが漂うものだ、光と時間(記憶)の化石、という森山氏の名言がありますが
アラーキーも言ってるけど写真の本質を感覚的に解っている人なんだな~と。
う~ん、この二人の対談、見てみたい(笑)


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】





三橋貴明「現在の政令指定都市は新幹線のおかげで指定都市なれた」       は~っ?(失笑)

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



久々に更新なんですが
余りにもバカすぎる記事を見たので突っ込みたくて久々に記事を書きました(笑)

そして今回バカを言ってるのはデマ拡散情報を広げるパイオニア三橋貴明ダイセンセーデスw
問題の三橋記事の内容はこちら↓



祝! 北陸新幹線「長野-金沢」間開通

明治初期、日本の人口上位15の中には、富山、金沢が含まれていました。逆に、札幌、新潟、静岡、浜松、岡山、福岡など、現在の政令指定都市は、明治初期は上位15に含まれていなかったのです。


 現在、札幌、新潟、静岡、浜松、岡山、福岡などは政令指定都市に成長しましたが、富山や金沢は上位15から脱落してしまいました。なぜでしょうか。

 新幹線以外に何か理由があるというならば、教えて欲しいものです(札幌は千歳空港への航空路線のおかげですが)。


 明日、3月14日。ついに、東京から長野を経由し、金沢までを結ぶ「北陸新幹線」が開業します。


『北陸新幹線、14日開業=東京-金沢直結「半世紀の悲願」-観光客増で経済活性化
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&rel=j7&k=2015031200651&m=rss
 北陸新幹線の長野-金沢間が14日、延伸開業する。乗り換えなしで東京-金沢を最短2時間28分、東京-富山を同2時間8分で結び、最短所要時間を1時間19分、1時間3分それぞれ短縮する。北陸地方は「(住民の)半世紀近い悲願」(石井隆一富山県知事)だった新幹線開通で観光客を呼び込み、地域経済の活性化を狙う。新幹線の延伸は2011年3月の九州新幹線(博多-新八代間)以来4年ぶりだ。(中略)
 今後の北陸新幹線の延伸は、金沢-敦賀間の開業予定が22年度に3年前倒しされたが、福井県には取り残されることへの危機感が強く、同区間のうち金沢-福井間の先行開業を政府・与党に求めている。
 新幹線の観光需要創出効果については、「開業初年度をピークに減少していく」(みずほ総合研究所)との指摘もある。金沢商工会議所の深山彬会頭は「来年は北海道新幹線(新青森-新函館北斗間)との競合もある」と話し、今から気を引き締めている。』




 北陸新幹線は、今後、敦賀までは延伸される予定になっていますが、その先は未定のままです。個人的には、湖西ルート(サンダーバードと同じルート)で構わないので、早期に京都まで延伸して欲しいと心から願っています。


 北陸新幹線が京都まで延びると、ようやく関西圏、東京圏を結ぶ新幹線ルートが「二重化」されることになるわけです。


 南海トラフ巨大地震が発生した場合、東海道新幹線が通行不可になることは確実です。特に、浜名湖近辺では、東海道新幹線は「海の上」を走っているも同然であり、津波に対し何の防御もありません。


 東海道新幹線が震災で通行不可能となったとして、東西の大量高速移動を維持するためにも、北陸新幹線の新大阪までの延伸は必要なのです。日本国の「安全保障」に関わって来る問題です。


 新幹線の延伸について、
「北陸や四国に新幹線を通しても、採算が取れない」
「ストロー効果で地方経済は却って衰退する」
 などと、懸命に「悪口」を言っている人がいます。もちろん、上記の可能性を完全に否定するものではありません。 


 とはいえ、新幹線が通らなかった前橋の人口が高崎(新幹線停車駅)に抜かれ、元々は「15大都市」に含まれていた函館、富山、金沢、和歌山、徳島、熊本、鹿児島がランキングから「転落」してしまったのは、まぎれもない事実なのです。(熊本、鹿児島にはようやく新幹線が延びましたが)


 上記の「転落した」都市群が15大都市に含まれていたのは、我が国の国土条件上、合理性があったのだと思います。何しろ、日本は世界屈指の自然災害大国です。人口がある程度「分散」しなければ、この自然災害大国日本において、国民が生き延びることはできません。


 現在の日本が抱える最大のリスクである「東京への一極集中」を食い止めるためには、「地方へのインフラ整備」が必須になります。インフラが完備していない都市に、企業が投資をすることはありません。


 もっとも、堅い話は置いておいて、とりあえず「東京から金沢まで2時間半」の新幹線が開通するというだけで、ワクワクするじゃないですか。この種の大規模プロジェクトの完成を、「日本国民」が共有することもまた、ナショナリズムの健全な回復のために必要だと思うのです。


http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/page-2.html




はっきり言って
なんでこんなでたらめなこと言ってドヤ顔で言ってるのこの屑は?
と思てしまったわけですが、

まず三橋が言っている、明治初期、富山、金沢は日本の人口上位15都市に含まれていた
などとアホな発言をしているのですが、前提が間違っています。
明治初期、第一次廃藩置県時点では富山も金沢も人口は県としては少ない方で都市部に集中していただけで
郊外や他県に人口が移転しただけの話。

第一の理由として、明治政府は加賀前田藩の力が強大だったため分割統治して力をそぐ政策を行った為
明治以降開拓されて都市になった札幌にも抜かれた訳です
国策として北海道を開発し、国策として北陸地域の分散化を進めたのだから発展の差が出るのは当たり前。
だから札幌の場合、空港ができたとか新幹線がどうこうだけで発展したというのは間違い

第二の理由として、福岡や新潟の場合明治期は何回も廃藩置県を繰り返したのですが
もともと人口が多い地域で廃藩置県を進めて合併していった結果、県庁のある都市に人口が密集した。
今の福岡県は明治初期は8つの県が合併してできた県で福岡市が人口が増えたのはその為。
新潟県も同様、3つの県が合併して今の新潟県になりました。
江戸時代藩政でバラバラに支配していた地域が一つに合併したのですから合併後、県庁に指定された都市に
人口が密集していくのは当たり前でしょうに。

ついでに言うと、金沢や富山はもともと前田藩で一つだったものが今現在、
石川、富山、福井県の一部とバラバラになってしまったのですから
人口分散が進むのは当たり前で発展スピードも
明治以降、合併を推進した地域と分散を推し進めた地域とでは差が出るのは当たり前です。

第三の理由に、岡山市や静岡市や浜松市は平成の市町村大合併によってできた新しい政令指定都市。
1990年代まで浜松の場合、人口は70万人で頭打ちになっていたのが、周囲の都市市町村を合併して
80万人以上の都市になっただけの事。
しかも静岡市にしても浜松市にしても東京都並の面積があるのに人口は東京都の10分の一以下で
超ど田舎です。浜松市に住んでいる私が言うんですから間違いないです(笑)

浜松市でも僻地の山間部などは国道なのに道が寸断されていて日本海側には行けないし、
長野から北陸へ抜ける為には
わざわざ隣の愛知県の豊橋から飯田線(これまた超ローカル線)を使って信州へ行くしかありません。
自動車でも静岡西部は北へ抜ける道は無いので迂回するしかないのです。

しかも、新幹線はのぞみもひかりも殆ど止まらない通過駅です。
新幹線のおかげで浜松が発展し人口が増えたのではなく、
平成の市町村の大合併で政令指定都市の規定を満たすために
無理やり合併して政令指定都市に指定されただけです。

新幹線どうこうよりも東海地域は関西と関東をつなぐため戦後、東名高速などの道路整備、
遠州地区は近代化以降、豊田佐吉(世界のトヨタの創始者)や本田宗一郎(ホンダの創始者)、
元紀州藩士山葉虎楠(楽器で世界的に有名なヤマハ)、高柳健次郎(ブラウン管テレビ開発の父)、
日本で初めて写真用ロールフィルムを開発した堀内勝治郎などといった
産業開発、技術者を多く輩出した地域だから日本近代化以降発展しただけの事。

第三の結論、
岡山市や静岡市、浜松市は平成の大合併によってできた水増ししてできた政令指定都市です。
何の根拠も無く、新幹線があるから政令指定都市に指定されたのだといういい加減なデマを流すのは止めましょう。

という事で、新幹線以外の理由は山ほどあります。
バカな信者は騙せてもまともな知能を持った正常な人間は騙せません。残念でしたねw
まあ三橋のビジネスに騙されるのは勝手ですし、どうなろうが知ったことではないですが
三橋のいう事を真に受けてバカな信者たちが害悪を社会に垂れ流すのが有害以外の何物でもない。

間違った知識を刷り込ませて社会を混乱させるような事は止めましょう。
まあ類は友を呼ぶという事ですし三橋ブログの狂信者たちのレベルを見ていれば言わずもがな、ですが。

三橋はそんなくだらないこと言ってないで、政令指定都市なのに日本海側へ抜ける道が無い浜松市の
異常な状態を何とかしろと言いたいですね。
青崩峠は一応国道だが通行禁止になってるしいい加減整備しろよと。国土強靭化が聞いて呆れますね。
戦前戦中までは名古屋から浜松まで今の名古屋電気鉄道(所謂名鉄)が路線を通す予定だったのに
愛知県の豊橋までしか路線は完成せず、そのまま頓挫してしまっているし、愛知県東部(三河)、
長野(信州)、静岡西部(遠州)をまたがる路線計画も途中で頓挫してしまったまま。

国家プロジェクトだったのに途中でうやむやになってしまった(戦争の物資不足のせいで頓挫した)
少なくとも中途半端になっている路線をしっかり完成させることの方が先決なのでは?
それとも信者を洗脳する狂人化の方が忙しいからできないのでしょうかねw

三橋にしても藤井にしても地域の実情なんか微塵もわかってない
机上の空論を言ってビジネスしてるもしくは権力亡者のゴミ連中ですから、
私は聞くに値しない、それどころか害悪でしかないというほかないでしょう。

私は浜松市民ですし、北陸の金沢と東京が高速でつながる新幹線なんかには別にワクワクしない訳です。
なんせ全く関係ないですし。するなら勝手にしてろ、ゴミクズと言っておきましょう。

自分はそんな巨大プロジェクトを行って日本の自然や景観が変わって
無機質な風景に変わっていくことの方が日本人のアイデンティティーの喪失につながると思いますけどね。

どこの地方都市も似たような風景が広がっていて大都市部の真似のような景観ばかりで
地域性なんかどんどんなくなりつつある。
そんな状態で、強靭化だの新幹線を通すだのやったところで日本の没落は変わらないでしょう。
三橋が地域に分散させることが重要と言ってますが、だんだんと大阪の橋下のクズと同じように
地域主権とか言い出すような気がしてなりません。

明治の時代は藩政による統治で日本がバラバラだったので政府が中央で一括管理し強力な中央集権体制で
日本人の結束や国家としてのナショナルの力を大きくする事によって国の力を高めました。
三橋の言ってる地域分散の考えは日本を強靭にするのではなく日本解体につながる理論と表裏一体の危険性
を孕んでいる理屈です。

金融資本に重きを置いた新自由主義者は効率重視の考えに染まり中央集中投資を叫び、
逆に地方独立、個人主義、先鋭的な改革論者は地方主権などとのたまう。
まあ、どっちにしても、日本は終わりですわ。

バカは死んでもバカのまま、救いようが無いのです。
三橋貴明も竹中平蔵の様にワクワクとか言い出して本性を隠さなくなってきましたな~w

クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】

劇場版 しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合[DVD]劇場版 しんかんせんとわくわくでんしゃ大集合[DVD]
(2014/08/06)
くまモン、けん太くん・てつどう博士 他

商品詳細を見る


小学生からはじめるわくわくプログラミング小学生からはじめるわくわくプログラミング
(2013/07/25)
阿部 和広

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。