FC2ブログ

森山大道の写真の世界観とその思想

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




前回、森山大道氏と西部先生とを比較しましたが、
今回の動画は多分森山氏を語るうえで非常に重要で貴重な記録映画です。
2000年作成のこの作品、今でも色褪せない魅力があります。
写真家森山大道という人間が作り出す写真の世界観や思想が垣間見れる是非とも見て頂きたい作品です。









少し感想を述べると、自分はこの作品を見て、森山氏はすごく誠実な人だと感じた。
同じ質問をしても答えは必ず同じで絶対ブレない。(写真はぶれてるけどw)
こういう人は考えは違っても信頼できる人物だしやっぱこの人は愛される人なんだと思った。

まだ2000年ごろはフィルムが主流で今ではデジタルに移行しましたが
フィルムカメラ時代の撮影から現像、そして焼きまでの写真家の作業工程も見る事ができ貴重な映像。

それにしても森山大道と言ったらリコーGRだよな~って思っちゃうのは、
自分はまだまだ機材の奴隷なんですね(^_^;)
修行が足りませんなw


それにしても、やっぱり森山氏を語るアラーキーの解説や語り口が面白い!
写真は密着だの定着だの言うけど、
あの人は(森山氏は)写真に決着つけちゃった人だからという語りは笑っちゃいます。



それにしても、アラーキーって見れば見るほど電撃ネットワークの人に似てるな・・・w



【関連記事】

●森山大道×西部邁 記憶と記録


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】






スポンサーサイト



森山大道×西部邁 記憶と記録

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



一年以上ほったらかしで、FC2の場合、色々と更新しないと制約もあるようで久々に更新します。

すっかり政治関連に関しては興味すら感じなくなっていまして、
文化面や芸術面の記事が多くなると思いますのでよろしくお願いします。

YouTubeで見つけた自分が大好きな写真家、森山大道のドキュメンタリーです。


















このドキュメンタリーを見て判ったのですが、
森山氏と西部先生って同学年の同級生で同じ世代なんですよね。
しかも両者とも新宿ゴールデン街の住人(笑)という事で、
実はニアミスしてるかもと感じました(^_^;)

ゴールデン街をこよなく愛す両者には共通点も多くて、
一度西部ゼミなんかでゲストで出てくれると面白いかも、と思った次第。

大学時代、左翼の運動から距離を置いた西部先生と
当時の左翼運動での出来事でもある新宿騒乱事件に近寄って行った森山氏。

記憶を辿り戦後を語る西部先生と戦後の街の記録を撮り続けてきた森山氏という
知性と感性という違う視点から戦後史なんかを語ってもらうと面白そうと思った次第です。

自分が森山氏の写真が好きな理由はあの焼き付いた記憶の中の一コマの様なノイジーで
ハードな画肌のモノクローム写真はどこか懐かしさと
その時代や場所に漂う怪しさを感じさせる感じがたまらなく好きです。

写真とはすべて懐かしさが漂うものだ、光と時間(記憶)の化石、という森山氏の名言がありますが
アラーキーも言ってるけど写真の本質を感覚的に解っている人なんだな~と。
う~ん、この二人の対談、見てみたい(笑)


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】