FC2ブログ

積極的平和主義(失笑)~悪魔の壺の集団的自衛権構想~

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





自分はこの会見を見て正直あまりにもの酷さに笑ってしまいました。
この会見、保守派からの批判は殆ど無いのに驚きです。
カリスマの一派がなにか騒いでいるようですが安倍が悪いのではなく
別のベクトルに向かって熟成をミスリードしているようで、
また意味不明な解釈と陰謀論を語っているようですが、
狂人は放って置きましょう。相手にするだけ時間と労力の無駄です。

はっきり言いますが、自分は集団的自衛権などというものには反対です。
そもそも集団も個別もへったくれもありません。
日本の国益の為、日本の国際影響力、つまり外交力や軍事力を高め他国に圧力をかけていくことが
最大の防衛手段でしかないという考え方なので、他国がどうなろうが、同盟国がどうなろうか知ったことではないです。

それにしても、安倍狂信者とバカキモヒキニートウヨクはやっぱバカですね。というか頭がオカシイですねw
この安倍もとい、悪魔の壺は何と積極的平和主義者であり、
日本は戦争ができる国にすることは一切ないと断言しました。


何と安倍は護憲派であり積極的平和主義を掲げるサヨク

だったのですねw
言ってる事が旧社会党と変わらなくなってきましたw


安倍がこの記者会見で述べた発言を検証考察していきましょう。

まず最初に言ったのが海外の日本人を守る、同盟国米国が日本の為に救助救援、
輸送をやってる時に襲われて場合日本は助けることができない云々・・・。

日本の海外の在留邦人や平和活動に行っている日本人が助けれない云々、ですが、知ったことではないでしょう。
そういう危険の可能性を承知の上で、そういう場所に行ってるんですから。
自分から進んで危険地帯に行くのは自己責任です。誰もお前に行け、と命令したわけでもないですからね。
そもそも平和活動で、なぜ他国へ行って、日本人が汗を流さなければいけないのか、自分には全く理解できない。

日本の国益のために活動するのなら理解はできます。日本の国益の為、他国へ行って利権をぶんどって来て
他国を使役し、日本の為にならなければ叩き潰すという風に。
それが国際上の日本の役割ですとはっきり言えばいいのに。自国の利益を追求する。
それが世界の常識なのだから。

また米国が襲われた時日本は守る事が出来ないからと理由ですが、そもそも米国が日本を守ってくれるだなんて根拠はどこにもありません。
米国は同盟国だからとか意味不明な事をバカ保守は必ず言いますが、オバマは今年日本に来て
一言も尖閣諸島を米国は守るとも言わなかったし、チュウゴクとの有事の際の事は一切明言しませんでした。
ただ単に日本側がそう思ってるだけ。

同盟とはお互い利益になるからするのであって、米国側に一切利益の無い事などしません。
日本を命がけでアメリカが守ってくれる根拠なんかどこにもないんですから。
所詮同盟とはお互いを利用し、都合が悪くなれば使い捨てにする盟約破棄をするのが当たり前なのですから当然。
同盟の真の理由はお互いに闘いたくないのでお互い手を組んでおいて争いを避けるのが最大の意味です。
そういう価値がなくなれば形骸化します。

そして安倍の会見はこう続きます

人々の幸せを願ってつくられた日本国憲法が・・・

もはや一国のみでヘイワを守る事は出来ない これは世界の共通認識である

だからこそ私は積極的平和主義の旗を掲げて国際社会と協調しながら世界の平和と安定を云々・・・。


日本人を武装解除させ二度と戦争ができないように押し付けられ押し頂いた日本国憲法なんですが
安倍のアタマの中では人々の幸せを願って作られたものだそうです。
しかも一国のみで平和を守ることはできない、これは世界の共通認識(キリッ
と言ってるけど、世界はヘイワを守る事なんか考えておらんだろうに。
自国の国益と国家の力を維持することが目的でありバランスオブパワーの国際政治、国際外交をやってるだけ。

ヘイワを守ろうだなんて世界の諸国はサラサラ思ってない。安倍は典型的なお花畑戦後保守。
そして極めつけが、積極的平和主義(爆笑)などというお嗤いイデオロギーを掲げて国際社会と協調を図って
世界のヘイワと安定に協力するのだそうです(アホくさ)

安倍は、この後もさらにこう続けます

国際社会の平和と安定に一層貢献していく・・・、
その上でなお、現実に起こり得る事態に対して万全の備えが無ければならない・・・、
国民の暮らしと命を守る法整備がこれまでの憲法解釈のままで十分にできるかさらなる検討が必要・・・、
こうした検討については日本が再び戦争をする国になるといった誤解があります。しかしそんなことは断じてありえない
日本国憲法が掲げる平和主義はこれからも守り抜いていきます


国民の暮らしや命を危険にさらしてまで行う国際社会のヘイワと安定って何なんですかね?
言ってる事が詭弁なんですw
日本が再び戦争ができる国にするという事は一人前の国家になるという意味で、戦争をしないという事は
すべての国益を放棄して自国の国益、国民の生命や暮らしも国際社会任せにするという意味と同義です。
つまり自分の国は自分では守らない、他国に守ってもらうと、この下痢壺は堂々と宣言しているわけです。
自衛戦争も戦争です。戦争をするだなんて断じてないと言ってるのだから、
国民の生命すら政府は守りませんと安倍は宣言しました。

自衛のための戦争は武力行使と言葉を変えてるだけ。
自衛だろうが何だろうが他国と交戦すればそれはもう戦争。

これって保守なんですかね?
保守ではなく呆守と言うべきでしょうねw

極めつけは↓

日本は戦後70年近く、一貫して平和国家としての道を歩んできました
これからもこの歩みが変わる事がありません


今までの日本の考え方を変えないんなら別に憲法改正なんかしなくてもいいのでは?
戦後70年近くの一貫したヘイワ国家の思想を変えないって断言してるだろうが、アホ。


まさに、佐藤健志氏がいう所の、保守型ファンタジー戦後史を体現するファンタジー保守ですね。

結論を言うと

安倍は日本を取り戻す と言っているが、
戦前のまともな国家観を持った日本を取り戻すのではなく、
惰眠をむさぼり続けてきた
戦後日本体制を再び取り戻すという意味であり、

戦後レジームの脱却ではなく、戦後レジームの再構築、
つまり新たな戦後レジーム体制を作るために
タガが緩んで使い物にならなくなった今の体制を脱却する


という事を言いたいのです。
これのどこが真の保守なんだい?
安倍に代わる人物がいるのかって?
この程度の人材、今までの歴代首相とどこが違うというのかね?

この程度のゴミ、掃いて捨てるほど居るわ。
某カリスマにしても、某三橋にしても、水島にしても、こんなのをいまだに何だかんだ言い訳をしながらも
支持するって言ってるんだから頭がオカシイわw
空き缶やルーピーと大差ないやんw
類は友を呼ぶとも言うし、考えの違う人物を支持するわけもないしね。
そんなまともな人物を支持できるほどの知能がコイツラにあるとも思えんしw

政策には反対だが安倍支持って言っておかないと、自分の自我が保てないほど追い込まれてるってことだわなw
はっきり言うわ、オマエラの様な無能で馬鹿な上に余計な事をする社会のゴミはさっさと消えろ、カス。
無能で馬鹿だが何もしないやつらよりも有害であることは間違いない。

安倍の政策には反対だが安倍支持などという御託を抜かす脳味噌にエラーを起こしてる
鳥頭低能呆守など死んだ方がいいわぇw

クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】
僕たちは戦後史を知らない――日本の「敗戦」は4回繰り返された僕たちは戦後史を知らない――日本の「敗戦」は4回繰り返された
(2013/12/04)
佐藤健志

商品詳細を見る


馬鹿図鑑馬鹿図鑑
(2001/12)
五味 太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト



脱原発論者曰く、北海道民は日本人ではないそうです。

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


北海道、6%以上の節電要請=他地域は目標設けず-政府

政府は1日午前、関係閣僚で構成する電力需給の検討会合を開き、今冬の節電対策を決定した。寒さが厳しい北海道電力管内では、2010年度比で6%以上の数値目標を伴う節電を要請。他の地域では目標を設けず、沖縄を除いて無理のない範囲での節電を呼び掛ける。
 北海道の節電目標期間は、12月9日から来年3月7日で、平日の午後4時から同9時まで。また、沖縄以外では、12月2日から来年3月31日の平日の午前9時(北海道、九州は午前8時)から午後9時まで無理のない節電を求める。
 沖縄を除く電力9社は今冬、電力需給の余裕を示す予備率がいずれも最低限必要とされる3%以上を確保する見通し。ただ、北海道電は本州から電力の融通を受ける設備の容量に制約があるため、数値目標の設定で安定供給に万全を期すことにした。(2013/11/01-09:51)

時事通信 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013110100060



毎年、夏と冬はいつも節電をしてるのだが、脱原発論者はいつも、

電気足りてるじゃん、なんで再稼働するんだ!

とか、キチガイじみた事を言っているのだが普通に電気足りてないからね。
むりやり節電要請して何とか電力不足にならないで済んでるだけ。
日本人はそういう事は言ったことをしっかり守ろうとするので、こういう面が仇になってるんだよね。
だから電気は足りてるとかアホな事いうゴミが出てくるわけで。

TPP反対、消費税増税反対とか言ってるくせに、原発はいらないとか言ってる阿呆どもは死んだ方がいい。
企業側の節電努力で何とか停電せずに済んでるがこれ以上電気料も上がって、電力供給が不安定になるなら
TPPに入ろうが入らなかろうが、中小企業は廃業してくだろうし、製造業も日本から海外へ移転していくだろう。

電力コストも跳ね上がったおかげでいくら日本が対外貿易で黒字を出してもエネルギー資源の購入でここ数年は赤字が続いている。
これっていくら働いても日本人は日に日に貧しくなっているという事で日本の資産を海外へ垂れ流してるってことだからね。
別に増税やTPP加入だけではなく脱原発運動も日本を滅ぼす政策の一つだってことはまともな保守派なら気づいてる事。

放射脳ヒステリー起こしてる勘違いホシュや自称アイコクシャ様はこういうことを言っても、
知らないニダ!(キリッ
とか言ってるけど、反安倍やって脱原発とか言ってる連中も聞いとけよ。
それとも自分の都合の悪いことはパージするのかな?
どこぞの三橋マルチやヤクザ放送局と変わらんね。

いくら綺麗事抜かしても、北海道民を殺そうとしてるお前らは加害者だな。
まあコイツラにとっては北海道は日本国ではないんだろうね、コイツラの狂ったおめでたいアタマの中では。
だって日本は節電なんかしてない、電気なんか余裕であるって言い張ってるんだから。

自分の安全さえよければどうでもいいんだろ。
こういう記事もマスゴミの飛ばし!とか言うのかな?
サヨクにしても、ヤクザ放送局やマルチ三橋の影響で、愛国運動で参加してきた連中にしても所詮、運動論でしか物事を考えてないからこういう浅はかな薄っぺらい論理に嵌るんだろうね。


子供や未来のためとか、おためごかしの嘘八百を並び立てる偽善者、お前らこそ日本人じゃねーからw

読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】

偽善入門―浮世をサバイバルする善悪マニュアル偽善入門―浮世をサバイバルする善悪マニュアル
(2008/09/01)
小池 龍之介

商品詳細を見る


「脱原発」が地方を滅ぼす―九州発戦慄の告発ルポ―「脱原発」が地方を滅ぼす―九州発戦慄の告発ルポ―
(2013/04/10)
産経新聞九州総局

商品詳細を見る

その男、狂人につき 狂人コイズミがまた変な事を言い始めましたw

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<小泉元首相>原発ゼロ改めて主張「政府が方向出せば」
毎日新聞 2013年10月16日 19時35分(最終更新 10月16日 20時47分)


小泉純一郎元首相は16日、千葉県木更津市で講演し、日本のエネルギー政策について「原発が必要だという論理で国民は説得できない。むしろ、ますますゼロにすべきだということならば説得は可能だ」と述べ、改めて「脱原発」の必要性を強調した。

 小泉元首相は「政治が決断すれば日本は原発ゼロでもやっていける」と強調。その上で「野党はだいたい原発ゼロに賛成だ。政府・自民党が自然を資源にするエネルギーを日本は取るべきだと言って政治的方向を出せば、国民は協力してくれるのではないか」と述べた。【岡崎大輔】

変態新聞 http://mainichi.jp/select/news/20131017k0000m010065000c.html



さすがドS級売国奴。
アウトレイジ政権をナイスアシストしてますw

ヤフーのコメントなんか見てるとこれは正論!(キリッ とか、
愛国とかホシュとか言っているくせにやっぱ脱原発は正論、日本の為には左右を超えて脱原発とか、
コストが~、トウデンのリケンガ~、日本にこんなの扱うのは無理とか、
酷いのになると電気料なんか上がってもいい、自分は困らないからwとか、
知能指数の低いコメントが散見されるが、まあ工作員、もしく馬鹿なんでしょうね。

コイズミがなんでこんな事いい始めたか、察しが出来ないあたり、日本人のアタマもここまで劣化したかと。

要は脱原発にかこつけた送電分離、電力自由化によるエネルギー産業もグローバル化しようって事でしょう。

アメリカにしてみれば、自国のガスを高値で買ってもらえる上に、日本が原発を止めれば
核武装も出来なくなって、半永久的に反抗しないアメリカのATMに出来ますから
向こうからの通達かなんかがアメポチコイズミなどのエージェントに来てるんじゃないんでしょうかね。

自分は原発推進維持派ですから持論を言わせてもらえば、こいつらは愛国でもなんでもなく
そこらへんの反核サヨクやジンケンサヨクと程度変らんゴミですね。
脱原発を推進支持する自称アイコクシャ様や自称ホシュ、ウヨクの皆さんは電力自由化賛成なんですからTPPにも賛成なんですよねw
無論、TPPにも電力を含めたインフラの自由化も項目に入っていますから、そこも踏まえて脱原発を言ってるんでしょう。
そうじゃないなら、言ってる事の整合性が保てませんからね。
まあ、こんなこといってるやつらは、知恵遅れのサヨクか、アメリカの工作員ですからね。

同じことの繰り返しだが、連中の持論を一つずつ、論破してくと、


コストとか言ってるのは、アホですから。
事故が起きなければこれ以上安定的に大容量の発電が出来る手段はありません。
他にあるなら明日から原発を超える発電をしてから言え。

また事故が起こると取り返しがつかないとか言ってるアホヘ。
どの道、原発止めて、石油、ガスなどに頼っても、エネルギー源を絶たれれば日本はアウトですから
安全保障を勉強してからものを言いましょう。そっちの方がよっぽど取り返しがつかないと思いますけどね。
アメリカの奴隷でも言いというなら、アイコクだのホシュだの言わずにTPPマンセイしてればいいんですよ。
間違っても自主独立だとか言わないように。アメリカ様の逆鱗に触れるようなことを奴隷風情が言っちゃいけません。ガス貰えなくなっちゃうよw
テメーら人間じゃないって自分で言ってるんですからアメリカ様に死ねと言われたら死ねばいいのですw

エネルギー源を輸入に依存してゆけばエネルギー問題が起こったとき真っ先に困るのは日本。
第二次世界大戦もエネルギー問題が国家の死活問題になって戦争に突っ込んでいった過去の教訓に
まったく学んでませんな~。
その点原発は、一度輸入してしまえば再利用可能だし、エネルギー枯渇にも強いですから。


トウデンのリケンガ~とか、あいつらに任せとくと危険とか言ってるヤツラは
典型的なアメポチ工作員でしょうね。
そんなちっぽけな事の為に、日本のインフラをぶっ壊してアメリカ様に差し上げるって言ってるんですから
言ってるオマエラこそ利権が絡んでるんだろうと?
そんな小事をあげつらってどうこう言うのは典型的な論点そらしのレトリックですからね。
電力の安定供給が元に戻って、原発事故が収束してから
どういう体勢にして、利権問題についてどう対処するかを決めるべきであって今論ずるべき問題ではない。



そして、いつも言ってるけど、脱原発しても核武装は出来るとか言ってるアホ。
竹田恒泰のようなキモチ悪い連中だな。多分中身はサヨクなんだけど、
平和的な核の利用を放棄すれば核物質を持つ事は許されないから、国際法上。
いくら大量の放射性核物質を持っていようが、日本が脱原発を達成した時点で日本は核武装できません。
脱原発したら持っている核物質もすべて放棄しなければいけません。隠し持つだなんて不可能。

核武装なんかしようものならIAEAに加盟してる以上、経済制裁は免れないし脱退しようものなら、
日本は世界から孤立するでしょうね、北朝鮮みたいに。
IAEAなんて日本を生かさず殺さず、型にはめて飼い殺しにしとく為の組織なんだから当たり前でしょう。

チュウゴクと有事になったらこういう阿呆で間抜けな事を言ってる連中に真っ先に徴兵してもらって
死んでもらいましょう。
私はまっぴら御免です。核武装すれば国民の国防における負担も減るし、最大の抑止になるのですから
これ以上効率がよいものはありません。

伊藤貫先生も言ってますが、エスカレーションラダーのような事態が隣国間で起こったら、
間違いなく日本は負けますよ。
また、核武装できないような国が原発を保有してる事が間違いとも言ってましたね。
至極当然で、核防護の技術がないくせに核物質を転用して原発に使おうというんですから
そもそも、事故が起こったときの対策も知識もない今の日本の原発事情がおかしい。

核武装あっての原子力であり、原子力あっての核武装。
その相互関係が出来てない日本では原子力発電所の保有維持はおろか、
核武装なんか出来るわけないと思っていますけどね。
やる気がない連中にいくら知識や原料や資金を与えても核武装なんか出来るわけないんでね。
竹田のようなカスの言説が正しいって言うならこの国はもうダメだろうね。
そもそも、原発も怖くてもてない国が何で核武装できるんだとw
嗤わせんじゃねーよ。



あと、反核反原発のサヨクに至っては、話題にも取り上げたくないのですが
アメリカが死ぬほど嫌いなくせに、そういう時はアメリカ様の奴隷になってもいいと思うんですねw
アメリカ軍は日本から出てけって言うなら、アメリカにどんな嫌がらせされても文句は言えないんだから
エネルギーのガスを禁輸なんかされたらどうするんでしょうね?
世界から日本は干される可能性もあるのによくそんな無責任な事いえるな~と。

コイズミの発言を左右を超えてとか言ってマンセーしてる辺り、馬鹿丸出しですね。
オマエラただ単にダシにされてるだけだよと。
コイズミなんかアメリカでプレスリーの馬鹿踊りをやったほどのアメポチ売国奴なのにそんなやつの言う事を
真に受けて支持するとはねぇ~w
まあ、サヨクや自称リベラリストなんか言ってる事がメチャクチャですから常人の脳味噌の小さじ一杯も
あれば誰でも気づく事なんですけどねw
コイズミのアメリカ様のご命令である脱原発にマンセーしておいて、
電力事業のグローバル化も含まれるアメリカ様の押し付けてきたTPPには反対って言ってるんですから嗤わせます。

脱原発=電力自由化、グローバル化による日本の電力事業を食い物にする為の布石だってこと。
送電分離電力自由化とかもその一環。脱原発掲げるって事はそういう事なんですよ。
だから送電分離、電力自由化の反対はサヨク、リベラル勢力からはできないでしょうね。
自己矛盾ですから。そもそもコイツラ、
アメリカ様に依存したくてしょうがないんじゃないんですか?シェールガスにしたって、中東の石油にしたって
アメリカの支配下で維持されてるということをお忘れじゃないんですか?
言ってる事はグローバリストと変りませんね。まあ、多分こいつらはアメリカが嫌だから
チュウゴク様に何とかしてもらおうって事なんでしょうがw

のりこえねっと、だなんて
くだらんユスリタカリのゴロツキ行為なんかに手を貸してる暇があるなら口だけTPP反対だなんていっても、ダメですよ。元コイズミ信者で反電力とか言ってる佐高信大センセーw
ほら、日本人がアメリカ人に差別を受けてますよ、いや日本の奴隷化です、まさにナチスのホロコーストです、
早く何とかしてください。
それとも在日の(妄想)差別は取り上げるけど他民族の差別や弾圧には声を上げないんでしょうか?
随分と都合のいいこと言ってますねw
それとも日本人を恫喝する圧力団体ですか?
あなた方こそ、日本人差別主義者ですねw
内容証明付きの郵便をホワイトハウスや中国共産党に送ってからモノを言え、カスが。

サヨクは馬鹿だから今の日本の体制を電気無しでも維持できると妄想してるようだけど
はっきり言いますが、不可能。
電気の発達によって人口も増えてきたわけですから、反電力(笑)を実行して電気無しの暮らしに戻れば
日本人の半分以上は死ぬでしょうね。
食糧の自給も電気に頼ってますし、工業もアウトですから日本は今の人口は維持できません。
経済的にも、食糧自給という点からもね。



とにかくね、言ってる事の背後関係を探って、少し考えればこいつらはみんなゴミだってことは判る事。
こんなのホシュとかサヨクとかリベラルとかのイデオロギー以前の問題で、原発止めて野垂れ死にしたいか
事故が起きた時は覚悟しろという2択であって、どっちが可能性として生存率が高いかって事なんだけどね。
まあ自殺願望があるなら、自分は止めないけどオマエラのやってる事は、人様に迷惑かかるから死ぬなら勝手に一人で死んでくれといいたいね。
結局は自分勝手の我儘にすぎない。

こんな簡単な事が判らないようじゃ生きてる価値なんか無いから、魂ごと抹消されればいいと思うなw


読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

国防強靭化論

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


北朝鮮がミサイル発射

【ソウル=加藤達也】北朝鮮は12日午前、北西部の「西海衛星発射場」から、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルを発射した。同ミサイルの発射は、失敗に終わった4月に続いて今年2回目。日米韓政府は「国連安全保障理事会決議違反に当たる」として強く中止を要求していたが、北朝鮮側は発射を強行した。安保理は直ちに4月の発射時を上回る強力な制裁の検討に入る見通しだ。北朝鮮側の激しい反発も予想され、朝鮮半島をめぐる情勢は一気に緊迫度を増すことになる。

 16日の日本の総選挙や19日の韓国大統領選の行方にも影響を与えそうだ。

 ミサイルは4月の発射の際に既に準備されていた予備機とみられる3段式で、日本政府の官邸危機管理センターによると、午前9時49分、平安北道鉄山郡東倉里(トンチャンリ)の発射場から南方の黄海上空へ打ち上げられた。ミサイルと「衛星」が予定の高度や軌道に達したかは不明だ。

 北朝鮮は今回、国際海事機関(IMO)などへの事前通報を通じ、1段目は韓国西方沖の黄海、2段目はフィリピン東方沖の太平洋に落下すると予告。米国や日本、韓国は周辺海域などにイージス艦を派遣しミサイル探知や追尾を進めた。

 北朝鮮は今年を「強盛国家」建設の年と位置づけるが、経済難克服のメドは立たず、政権を世襲した金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の正当性や求心力を高めることが最重要課題だった。年2度の発射に踏み切ったのも年内に失敗を取り返し、威信の回復を図る狙いからとみられる。

 北朝鮮は今月1日、「光明星3号」2号機を10~22日までの間に運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げると予告。10日には、1段目のエンジン制御システムに技術的欠陥が見つかったとして、発射予告期間を29日まで1週間延長すると発表していた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121212/kor12121210010002-n1.htm




今日は北朝鮮がミサイルを発射したという事で大騒ぎののマスゴミであったのだが
政府の対応も自民党以外の政党の発言があまりにも酷い。
こっちみんなのヨシミの阿呆はイラン並の制裁が必要だとか言って、他国任せの発言をしてる様だが
こういう阿呆は本当に死んだ方がいい。
自国内の領海領域に、ミサイルを撃ち込まれて他国頼みの制裁とかやる気あんのかと。

まともな国なら自らの意思で行動して相手の国を叩きのめすのが当たり前だ。
今のアホ政権も結局ミサイルを日本の領空を通過するのを許してしまって、見てるだけw
情報収集も姦酷、アメリカ頼みと今の日本の国防体制は無きに等しい。
バ姦酷の情報を鵜呑みにしてるからこういう間抜けな事態になる。



という事で、藤井聡先生が国土強靭化論を唱えているが、それと同時に国防強靭化が日本が必要である。
これは藤井先生が国土だけでなく、防災、国防、経済、社会の強靭化が必要と言っておられるのはまさにその通りである。
という事で昨今はデフレ脱却と防災いう事で、国土強靭化論が叫ばれているのだが
もう一つの強靭化論、国防について少し個人的に書いてみたい。

日本のGDPに占める国防費の割合はおよそ1%で先進諸国に中では最低。
2009年データでアメリカは4.7%、支那は2.2%、ロシアは4.3%、イギリスは2.7%、フランスは2.5%で世界平均では2.2~2.4%程度が世界各国の軍事費(国防費)の平均である。
そこで、デフレ脱却と国土強靭化論により経済復活させる事によりGDPも拡大し国防費を増やす事ができる。
そしてさらに、日本は世界平均の国防費比率まで引き上げる。つまり今のGDPに占める割合の1%から2.5%程度まで国防費を引き上げる。

これは当たり前のことだ。
戦争や紛争など起こる可能性が限りなく低い欧州は国防予算が低くなるのは当たり前だが
日本の場合は、特亜4カ国という強大な大陸の敵対勢力があるのだから当然だ。
そして国防費を増やすだけでなく、国防の為の体制の強化も必要だ。


まず、自民党が言ってる様に
・国防軍に改める。そしてその障害になっている憲法改正

さらに個人的に付け加えると、

・スパイ防止法の制定
・日本版CIAの創設


さらに具体的な国防政策は

・核武装(最低300~600発程度は必要)
・原子力潜水艦の保有と配備(50~100隻程度)
・原子力空母の保有と配備(東シナ海、太平洋、日本海、オホーツク海の防備として最低4隻は必要
・兵力の増強(今現在の倍、60万人程度の兵力保有)
・イージス艦を今の倍12隻に増強
・アメリカ並みの軍事偵察衛星保有
・海上保安庁の人員強化と武装強化
・各県に基地を置き重要施設の防衛(原子力発電所や政府機関など)


少なくともこれくらいの事早急にやらなければいけないのが今の日本の現状だ。
特に海軍力の強化は急がなければいけない。今後支那が第一列島線から第二列島線へと軍事的活動を広げてくる。
日本はシーレーンの確保、防衛が死活問題になる。
また、徴兵制は核武装しないなら確実に必要になる。
伊藤貫先生がおっしゃられているが、核武装は国防という面において極めてコストパフォーマンスがよく
安上がりで、国民に対しての国防の義務を強制しなくても済む。
核武装なしだと、人員が大量に必要になる上に核武装した国に対してはいくら通常兵器での武装しても無駄である。
ICBMの様な大陸間弾道ミサイルは過去の遺物で実践になれば役に立たないので
原子力潜水艦による核運用が現在は主流であり主力である。
この位の事を多分、10年程度でしなければ支那の軍事力に屈する事になるだろう。


軍事力の増強にこれだけの予算をつぎ込むという事は経済面から見ても軍需需要による経済浮揚策にもなり
国土強靭化の公共事業と合わせてどんどんやるべきだ。


2020年代になればアメリカの国力は衰退し、日本を守るどころでは無くなっている。
これも伊藤貫先生がおっしゃられているが、アメリカはもう世界の防衛していけるだけの軍事費を維持できなくなると言っている。
アメリカの経済は今後衰退するのは間違いない。
アメリカも高齢化社会とともに年金の支払いが国費を圧迫し今の軍事費を維持できない。
黒人、ヒスパニック系の移民が主流を占め、アメリカ内の家庭内貯蓄率低下により借金財政はさらに悪化する。
アメリカは日本と違い、債務国であるため、基軸通貨という恩恵もあり赤字を垂れ流しても破綻しないのだが
基軸通貨国でなければとっくに破たんしている国なのだ。
今言った事は、今現在進行形の形で進んでいる状態で、今後ますます衰退していくと伊藤先生は仰られている。

アメリカの軍事費が低下し、支那の軍事費がこのまま増えていけばいずれは逆転する時が来る。
その時、支那がアメリカにとって代わって覇権国になる可能性があるのだ。
という事はどういう事か?
つまり、日本は、

支那の属国もしくは自治州に編入され、消滅する可能性があるという事だ。


このまま座して滅ぶ事を選ぶのですか?
例え生き残っても支那に自由なんかありませんよ。
当たり前だが国防強靭化をやるしかないのである。

自分の国は自分たちで守るしかない。
命をかけて他国の国を守ってくれるお人好しはこの地球上には存在しない。



北朝鮮も支那も日本に国防軍を持てと、脅してきてるんだからさっさと持ちましょう(笑)
もうチョット北朝鮮を見習うべきだ。
あんな貧乏でどうしようもない、パーな国家でも先軍政治をやってるんだからw

読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】

自滅するアメリカ帝国―日本よ、独立せよ (文春新書)自滅するアメリカ帝国―日本よ、独立せよ (文春新書)
(2012/03/16)
伊藤 貫

商品詳細を見る


核武装論――当たり前の話をしようではないか (講談社現代新書)核武装論――当たり前の話をしようではないか (講談社現代新書)
(2007/03/16)
西部 邁

商品詳細を見る

三橋貴明氏の脱原発に対する主張を全面的に支持します。

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

脱原発を叫ぶ全ての人たちへ(抜粋)

2012-11-26 07:15:37

さて、本日は連休明けの月曜日というわけで、恐らくUU数が十万人に限りなく近づくことになると予想しています。というわけで、本件「脱原発」を取り上げたいと思います。


 自民党の原子力発電に関する公約は、以下の通りとなっています。



『原子力の安全性に関しては、「安全第一」の原則のもと、独立した規制委員会による専門的判断をいかなる事情よりも優先します。原発の再稼働の可否については、順次判断し、全ての原発について3年以内の結論を目指します。安全性については、原子力規制委員会の専門的判断に委ねます。』


『中長期的エネルギー政策として、将来の国民生活に責任の持てるエネルギー戦略の確立に向け、判断の先送りは避けつつ、遅くとも10年以内には将来にわたって持続可能な「電源構成のベストミックス」を確立します。その判断に当たっては、原子力規制委員会が安全だと判断する新たな技術的対応が可能か否かを見極めることを基本にします。』


 耐震化を含む安全性について確認し、3年かけて順次再稼働を判断していく。将来的なエネルギー戦略確率は「10年以内に結論を出す」という話で、他党のように、
「何年以内に脱原発」
 といった威勢のいい文言は入っていません。これにはもちろん、理由があります。


 脱原発の定義は何なのでしょうか。要するに、全国の原発を全て停止し、そのまま「永遠に」再稼働しない、という話なのだと思います。


 上記の定義の「脱原発」を実現するには、少なくとも三つの越えなければならないハードルが存在しています。


(1) 原発を停止した結果、貿易赤字が拡大し、かつ天然ガスの中東依存が高まっている。ホルムズ海峡封鎖といった事態になると、日本の電力供給は数か月程度しかもたない。この「喫緊」の課題にどのように対処するのか?
(2) 原発を再稼働しない場合、代替のエネルギー供給はどうなるのか。太陽光や風力といった不安定な電力供給では話にならない。「安定的」に電力を供給できる新エネルギーや、蓄電技術などへの莫大な投資が必要になる。
(3) すでに存在している28000トンの使用済み核燃料をどのように処理するのか?


 (1)については、わたくしは「日本人だから行きました 」でも書いた通り、
「とりあえず、耐震化工事をきっちりとした上で動かす必要がある」
 という立場です。浜岡原発に限らず、現在は全ての原発において耐震化工事が急ピッチで進められています。


 目の前の「エネルギー供給の危機」をクリアした上で、(2)の新エネルギー(メタンハイドレート含む)への投資や、蓄電の技術開発に多額の資金を投じれば、将来的な脱原発への道が開かれます。が、あくまで「開かれる」だけで、実際には相当先にならなければ実現できません。


 理由は、現在の日本には28000トンの使用済み燃料が存在し、これを「再処理」した上で「最終処分」しなければならないためです。


 使用済み燃料は、再処理工場で処理することで、(a)ウラン酸化物及びウラン・プルトニウム混合酸化物と(b)高レベル放射性廃棄物の二つに分離することが出来ます。(b)の高レベル放射性廃棄物は、半減期が異様に長い(2万4千年)プルトニウム239や危険なガスを分離しているため、より「安全」な形でガラス固体化し、最終処分(地下300メートルに埋めてしまう。いわゆる「地層処分」)することができます。

 また、再処理をすることにより最終処分する高レベル放射性廃棄物の体積をおよそ三分の一に圧縮することも可能です。


 (b)について、上記の、
「再処理し、プルトニウム等を分離した上で、最終処分」
 という方法は、すでに技術的にほぼ確立されている状況になっています。ところが、再処理でプルトニウム(厳密にはウラン・プルトニウム混合酸化物)が精製されることが気に入らない反原発派は、
「再処理はコストがかかるから、再処理せずにそのまま最終処分せよ!」
 と無茶なことを言っています。冗談でもなんでもなく、「コストがかかるから」と超くだらない理由で、バカげたことを叫んでいるのです。プルトニウムを分離せずに最終処分せよというわけですから、安全性の面では大きく(極端に大きく)落ちます。しかも、再処理した上で最終処分するのと比べ、体積が三倍になります。


 反原発派は、
「危険だから、原発を停めろ!」
 と叫びつつ、
「危険であっても、使用済み燃料を再処理せずに最終処分せよ!」
 と言っているわけで、例により見事なダブルスタンダードです。


 とはいえ、彼らは「ある一点」ではダブルスタンダードではありません。と言いますか、彼らは「原発を停めろ」という結論については、決して揺るがないのです。日本国民にとって安全、危険の問題ではなく、とにかく「原発を停める」という結論に持っていくため、ダブルスタンダードだろうが屁理屈だろうが、「国民の安全が危険にさらされようが」一向に構わないというのが、反原発派のスタイルです。


 先にも書いた通り、使用済み核燃料を再処理すると、上記の通り (a)ウラン酸化物及びウラン・プルトニウム混合酸化物が精製されます。この混合酸化物を原料とするのが「MOX燃料」になります。MOX燃料は、プルサーマルやフルMOXの原発で燃料として使用することができます。というよりも使用しなければなりません。理由は、国際公約上、日本は余剰プルトニウムを持たないことになっているためです。


 使用済み燃料を再処理すると、プルトニウムを含む酸化物が精製されます。これをプルサーマルやフルMOXの原発で燃料として使わなければ、日本は国際公約に違反していることになってしまいます。


 というわけで、使用済み核燃料を再処理すると、日本は「原発を動かし続けなければならない」という話になります。これが反原発派の人たちにとっては我慢がならないので、相対的に「危険」であるにも関わらず、彼らは使用済み核燃料の再処理に反対をし、プルトニウムを含んだまま最終処分せよ、などと無茶なことを言っているわけです。


 現実問題として、日本は使用済み核燃料を「再処理」した上で最終処分しなければなりません(現在と将来の国民の安全のために)。さらに、再処理のプロセスで生成されたプルトニウムは、MOX燃料として「原発」で使用し続けなければならないのです。


 青森県六ケ所村の再処理工場は、間もなく実用フェーズに入ります。とはいえ、六ヶ所村再処理工場のキャパシティは、一年間に800トンでしかないのです。すなわち、今後の日本で使用済み核燃料が発生しないという前提であっても、全てを再処理するためには35年間かかるという話になります。


 しかも、上記の再処理工程で生成された混合酸化物は、MOX燃料として使用しなければなりません(さもなければ、プルトニウムがどんどん貯まっていきます)。すなわち、プルサーマルやフルMOXの原発を動かし続けなければならないのです。


 され、ここまで読み進めて頂いた上で、読者の皆様に問いかけたいのです。原発について「10年以内に結論を出す」と公約に書いている自民党と、
「30年以内の脱原発! (やり方は知らね)」
「いや、我が党は10年以内だ! (やっぱり、やり方は知らね)」
 とやっている他党と、果たしてどちらが「真摯」に原発問題に向き合っているでしょうか。


 結論を押し付ける気はありませんが、少なくともわたくしが「ノリ」で原発について語っているわけではないことはご理解ください。わたくしは原発関連の記事を書く上で、静岡県の浜岡原子力発電所、青森県の六ヶ所村の再処理施設、東通村の東通原子力発電所、むつ市のリサイクル燃料貯蔵株式会社、そして日本初のフルMOX(になる予定)の大間原子力発電所と、自分の目で各施設を見て回り、現場で働いていらっしゃる専門家の方々から直に話を聞いているわけでございます。


 世の中には無責任な評論家やコメンテーターが多く、それこそ「イメージ」「ノリ」「空気」で脱原発やら反原発やらを叫んでいる人ばかりです。この種の方々には、
「お願いですから、自分の目で現場を見た上で、自分の頭で考え、判断を下してください」
 と言いたいわけでございます。


 イメージや空気で原発問題を語るのはやめて下さい。現時点で空気に流され、いい加減な結論を出してしまった日には、困るのは現在及び「将来の」日本国民なのです。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11412953219.html#cbox 新世紀のビッグブラザーへ 三橋貴明ブログ



正論。異議なし。

結局は反原発、脱原発を言ってる方々は人の命が大事と言いながら、もっともらしい博愛精神(笑)に満ちた
御講釈を垂れるが、原発が無くなって電気の供給が足りなくなろうが、その影響で経済活動に支障をきたそうが
そんなもん知るか!ってことなんですよね~。

電気が無くてもいい、たかが電気とかいった阿呆もいますが
電気が無ければ農業から医療、もちろん経済活動から、工業製品の製造まで日本にとって最も重要な主要産業から
食物の確保まで危うくなるのですから。
所謂、放射脳の連中や反核カルトというのはみんな

貧乏でも格差も無くみんな幸せになるんだからいいじゃないか!争いの無いヘイワな社会になるんだ!自然と共存して心豊かな・・・、

書いてる方が恥ずかしくなるくらい無知な事を言ってくるのでございます(笑)
金も無い、食料も無い、もちろんまともな医療も受けられない。
今の生活水準や技術の維持が無ければ日本経済は崩壊します。

明治以降、なぜ、日本の人口が近現代から一気に人口が増えたのかというと、
電力に依存する社会や経済環境にシフトしたためです。
電力のおかげで効率の良い、生産性も大幅に上がり、工業の発達による技術革新。
その技術によって生み出される新たな技術や商品によって人間の生存率も一気に上がり、出生率の増加や死亡率の低下、平均寿命も延びたという事です。
医薬品や医療技術なんかが典型ですし、農業も電気を使う事によって肥料の工業製品としての大量生産や食物を季節の変動に無く安定して作る事も出来るようになりました。
他にも農機具の工業化や、流通産業の発展も電気のおかげです。

今の現代人の生活は電気は命を繋ぐために無くてはならないものなのです。
今、反原発や脱原発を叫び、あと先を考えずみっともない醜態をさらしている方々は
その電気の供給が不安定になったり、価格が高騰して使う事ができなくなったりするような事になれば、それは
弱者が死に至り、未来の日本国民に対して多大な損失と生命の危険にさらす殺人的行為というほかありません。

原子力に変わる新たな発電手段が今の所無い限りは原子力に頼らざるをえないのです。
新たな資源、メタンハイドレートなどの資源があるといってもまだ現実問題実用化されてないし
自然エネルギーはたくさん作れば作るほど、自然エネルギーに依存するほど、コストが跳ね上がり、電力供給が不安定になるのです。
自然エネルギーの様に大量に設置する電源は発電施設が多くなるほど過剰発電を抑えねばならず、オーバーした場合は停電しますし、台風や天候によっては発電を止めたり発電できなかったりと安定しない上に管理と維持が原発と同じく大変難しいのです。

今の日本は老朽化した火力発電に頼って発電している綱渡り状態の上に
三橋さんの言うとおり、ホルムズ海峡の封鎖、台湾海峡有事でも起これば天然ガスも石油も日本には入ってこなくなります。
尖閣諸島や南シナ海が軍事的にも不安定な現在、何は問題が起これば日本経済は一気に停止してしまう今はあの地震からずっと危機状態なのです。
今現在も企業は節電し、今年の夏も工場はかなりの電力制限を受けていた為乗り切れてる状態なのです。
しかも関西電力管内の電力は大飯原発を動かしてなければ確実に電力は足りない状態でした。
脱原発を言う方々は(反原発とか言ってる連中は多分説得が無理なので敢えて相手にしません)現実を見ましょう。
そして自分達の考えにとって都合のいい情報ばかりを信じず、自分達にとって不都合な事実にいつまで目をそ向け続けるのですか?
まるで、戦後日本にしがみついて固執しているバカサヨクの姿と重なって見えてしまうのです

自分もざっくりとですが書きましたが、三橋さんのブログでも指摘している様な問題が起こってくるのに
まだすぐにでも脱原発を進めようだとか、反原発だとか彼等が本当に日本の事や日本人の命の事を考えているとは到底思えません。
どうもこの記事のエントリーのコメントも三橋さんは原発にについては語らない方がいいだとか
腰が引けた、私心を捨てきれない、原発は危ない=日本の為に原発を無くそうという思考の方々が多々いますが
命という観点だけでなく経済であるとか日本の国防の観点や、歴史という過去、未来という将来をも見据えた時間軸で物事を考える多元的思考が保守思想の精神なのです。

脱原発派のみなさん、もういい加減に
101

読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】

それでも日本は原発を止められないそれでも日本は原発を止められない
(2011/10/05)
山名元、森本敏 他

商品詳細を見る


核と刀―核の昭和史と平成の闘い核と刀―核の昭和史と平成の闘い
(2010/05)
高田 純

商品詳細を見る