FC2ブログ

浜岡原発の全原子炉停止を要請、癌直人、ただの思いつきの人気回復の為のパフォーマンス会見。要請された中部電力、「返答は保留させていただきたい」中部電力水野社長談。相変わらずの根回し無しの思いつき政策。今年の夏は日本国中あちこちで大停電の危機か?

首相、浜岡原発の全原子炉停止を要請 防波壁完成まで

菅直人首相は6日、東海地震の震源域である静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所について、定期検査中の3号機のほか現在稼働中の4、5号機も含めてすべての原子炉を停止するよう要請したと発表した。期限は、津波対策などで中電が検討している新たな防波壁が完成するまでとした。これらの要請は海江田万里経済産業相を通じて中電に伝えた。

 首相は同日夜に首相官邸で記者会見して明らかにした。会見では「浜岡原発で重大な事故が発生した場合、日本社会全体におよぶ甚大な影響を併せて考慮した結果だ」と強調。停止要請を出した理由について、浜岡原発が東海地震の想定震源域上にあるとして、「この30年以内にマグニチュード(M)8程度の地震が発生する可能性が87%という数字も示されている」と説明。特有の事情があるとの認識を示し、浜岡以外の原発への対応については言及しなかった。

 原発停止の期間については「防波壁の設置など中長期の対策が完成するまでの間、すべての原子炉を停止すべきだと判断した」と説明した。中電は海岸沿いの高さ10メートル以上の砂丘と原発の間に、高さ15メートル以上の防波壁を2~3年後をめどに新設する予定だ。

 停止要請までの経緯については「先の震災とそれに伴う原子力事故に直面し、私自身、浜岡原発の安全性について様々な意見を聞いてきた。熟慮を重ねた上で内閣総理大臣として本日の決定をした」と語った。今後の中電管内の電力需給については「需給バランスに大きな支障が生じないよう政府として最大限の対策を講じていく」と強調した。

 ただ、首相には法律上、原発の運転停止を指示する権限がなく、首相も「指示とか命令という形は現在の法律制度では決まっていない」と認めた。中電側が要請を断った場合の対応については「十分にご理解いただけるように説得して参りたい」と述べるにとどめた。首相に続き会見した海江田経産相は「(中電の)社長は最終的な回答は保留したいとのことだった」と述べた。

 政権が原発停止要請に踏み切った背景には、浜岡原発から20キロ圏に東海道新幹線や東名高速などが走っていることや、東京電力福島第一原発の事故を契機に国民世論に浜岡原発への危惧が高まっていることがある。川勝平太静岡県知事ら地元自治体の首長も、新たな安全基準を満たさない段階での浜岡原発の稼働に難色を示していることがある。

 首相は4月下旬から側近らと意見交換を重ね、具体的な調整を進めてきた。首相は6日、海江田氏や枝野幸男官房長官、仙谷由人官房副長官、細野豪志首相補佐官らと会談し、停止要請を決断して発表した。

     ◇

 中部電力の水野明久社長は「経済産業大臣より、本日午後7時に、浜岡原発の運転停止に関する要請を受けた。当社としては要請内容について迅速に検討する」とのコメントを出した。

     ◇

 〈浜岡原発〉 中部電力では唯一の原発で、静岡県御前崎市にある。1~4号機は福島第一原発と同じ沸騰水型炉(BWR)、5号機は改良型沸騰水型炉(ABWR)。1号機(1976年運転開始)と2号機(78年開始)は2009年1月に運転を終了し、廃炉の手続き中。現在、代替として6号機の新規建設の計画がある。中電が発電したり他社から受けたりした電力量実績は、10年度速報値で1423億キロワット時、そのうち浜岡原発の発電電力量は153億キロワット時と、1割強だった。


朝日新聞 http://www.asahi.com/politics/update/0506/TKY201105060230.html



中部電力社長「返答は保留させていただきたい」

6日夜、首相官邸で記者会見した菅首相は、稼働中の中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)のすべての原子炉について運転停止を中電に要請したことについて、要請について法的根拠に基づくものではないことを認めたうえで、「(中電には)十分にご理解いただけるよう、説得して参りたい」と述べた。

浜岡原発は、高い確率で発生が想定される東海地震の震源域に立地しており、防潮堤の設置など、地震や津波への中長期的な安全対策に万全を期す必要があると、判断した。

 続けて記者会見した海江田経済産業相は、中電の水野明久社長に電話で要請し、その際、水野社長からは「最終的返答は保留させていただきたい」との発言があったことを明らかにした。

 海江田経産相は、防潮堤の設置など、現在、中電が計画している安全対策の早期実施を、再開の条件としてあげた。

 また、同原発停止に伴って予想される中電管内の電力不足について、海江田経産相は「計画停電などの事態には至らないと思う」との見通しを示した。

 同原発は、1、2号機が運転終了しているほか、3号機が点検のため、運転を停止している。

(2011年5月6日19時39分 読売新聞)

読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110506-OYT1T00720.htm


という事なのだが心配していた事が今年の夏起こる可能性が出てきた
↓の記事、

浜岡原発:中部経済、夏に懸念 関西電力に支援要請

浜岡原発の全原子炉停止が避けられない情勢になったことを受けて、中部電力が電力を供給する愛知、静岡、三重、岐阜、長野の5県では需要がピークを迎える夏場の電力供給に懸念が高まってきた。東海地域にはトヨタ自動車、ホンダ、スズキなど大手自動車メーカーなど製造業の工場が集積している。仮に電力の使用が制限される事態になれば、東日本大震災で打撃を受けた生産の復旧への影響は避けられない。

 中部電が策定した11年度の供給計画によると、同社の供給力は約3000万キロワットで、ピーク時の最大電力量を約2560万キロワットと想定している。供給力から最大電力量を引いた予備電力は439万キロワットだ。

 浜岡原発の供給電力量は、現在定期検査中の3号機(出力110万キロワット)と4、5号機の合計で360万キロワットのため、浜岡原発を全面停止した場合の予備電力量は約80万キロワットに落ち込み、予備電力率は約3%程度に低下することになる。

 中部電幹部は「極めて低い水準で、計画停電などの協力をお願いする可能性もある。東電に融通している電力供給にも影響が出る恐れがある」とする。海江田万里経済産業相は6日、関西電力に対して中部電に電力を融通するよう支援要請したことを明らかにしたが、夏場に電力が不足する東電管内から関西電力管内に生産を移管する予定の企業も多く、関西電力もどれほど余裕があるか不明だ。

 浜岡原発では10年12月に駿河湾沖地震などの影響で三つの原子炉全てが停止した時期がある。しかし、この時は電力需要の少ない冬場だったため、火力発電所の運転再開などで補うことができた。管内の電力需要の約7割は産業用で、仮に猛暑などで家庭の使用電力量が増加すれば、使用制限など生産活動に影響が出る可能性もある。【工藤昭久】

毎日新聞 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110507k0000m020109000c.html


やっぱり、
綱渡りだったんじゃねーかwwwwww

話を整理すると、そもそもこんな場所に原発をつくった中部電力が究極的にアフォな訳だがそんな事は当然として、今現在稼働中の原発を止めたら電力供給事情がどうなるか全く考えていなかったという事が今の政府の浅はかな思考が改めて露呈した。
捨民の福島ミズホ売国奴はやたらと反原発路線を打ち出してヨーロッパの緑の党を模倣した戦略で売り込みをかけているのだが、この震災の原発問題での混乱にかこつけて「浜岡の電力が無くても停電なんかしない(キリッ」
と言っていたが、まったくの嘘っぱちだったという事が証明された。
そもそも駿河湾沖地震の時は夏場を過ぎて秋の時期で電力消費量も落ち着いていた時期だったから問題が無かった。
でも今回はこれから夏場を迎える時期にあたって、年間の間でも電力ピークの時期である。
自分は以前からこの電力は足りてる発言に疑問を持っていた一人なので、今回の事で福島ミズホ売国奴の嘘が証明されたという事でやはりバカ左翼キチガイ政党は早くこの世から抹殺されるべきだ。

話を戻すが、今回癌直人が決断した浜岡原発の原子炉停止の決断だがはっきり言って意味が無い。
以前もこのブログで言ったが、
原子炉をいくら停止させても冷温停止状態をずっと保ち続けねばならず、使用済み燃料棒も燃料プールに数千本あると言われている。この使用済み核燃料棒もずっと冷やし続けなければならない。つまり原子炉の稼働を止めても津波によって今回の福島の様な事態になった場合意味が無く同じ事象に陥る。また、この燃料棒を移動させる事もすぐには出来ない。最終処理先は行き先が無い状態なので使用済みの燃料棒は各原子力発電所に貯め置かれているのが今の実情だ。
つまり、原子炉を停止しても危険性は変わらない。単なる癌直人ウルトラアフォー首相の人気回復パフォーマンスの口実として今回の原子炉停止要請を決めたという事だ。

          46
※思いつきで政策を決め、国民の生活をめちゃくちゃにするキチガイアフォー癌直人

そんな事はこの期に及んで言ってもしょうがないのだが根本的な問題として、そもそもこんな場所に原発をつくる事が間違いであり、原子力の力に手を染めてしまったのがそもそもの原因。すでにやってしまって後の祭りであり、引き返す事が出来ない問題だと認識せよ。
また、原子力推進派事業者、役人、政治家、の危険の隠ぺい体質と国民に対しての原子力の説明をなおざりにしてきた事にも大いに問題がある。
最初から危険ではあるが日本の電力需給の事を考えてやるというならまだしも、安全をうたって国民を誤魔化してきた罪は重い。しかもこの期に及んで未だに自分達の主張する想定内での危機対策でしか判断しようとしない硬直したものの考え方。

そして脱原発、反原発と称し、キチガイのごとく騒いでいるバカ左翼や、2ちゃんで反原発とわめいている連中共はまずはお前らが電気を使うのをやめろ。
今までこの原子力という禁忌の力で豊かな生活の恩恵を受けてきておいて事故が起きた途端豹変して脱原発、反原発をほざく卑怯者や単なる政治利用とイデオロギーの視点で原発反対、脱原発と言ってる連中は死んだ方がいい。
ご大層な理想を掲げているが、対案を出して実行してからモノを言え。そして失敗した時は責任取って氏ね。
この問題解決の画期的な対案や名案なんか今の現状ない。今できる事を確実にしっかりとやるしかないと思っているし
自分は原子力は危ない力ではあるが、日本が戦後からこれだけ急激に復興でき、オイルショックという困難を乗り越えるためにもこの政策は必要だったと思っている。
また核武装の為にはこれからも原子力は必要だと思っている。

問題は推進の仕方のあまりにものいい加減さとずさんな計画といい加減な運営、そして利権による癒着。
今後、21世紀前半から中ごろの間は原子力からの脱却は難しいと感じる。
そのためにも原子力に変わる発電方法を実用化しなければいけない。
有力なのはメタンハイドレートや核融合発電だと思っている。特に核融合発電は核分裂による今の原子力と違って放射能物質は出ない。この発電方法が確立される前はまだ時間がかかるのだから当面はつなぎの手段としての原子力は絶対に必要だ。また、核武装の為、原発を全廃する事は安全保障上日本は不可能。
以前も言ったが、原発の核廃棄物の管理には10万年かかるというのだから原発からの脱却は不可能だと思った方がいい。
そうなると、やはり原子力の安全性を高めて技術革新をしていくしかないという結論になるし、それと同時に原発に変わる安定的で大容量の発電方法の研究と実用化を推進していかねばならない。
そして最終的には原発は全廃は不可能なので最小限にとどめてその技術を核廃棄物の処理と核武装に使うというのが自分の持論だ。
日本の場合、周りの国は核武装国家で軍事バランスの安定が崩れる事態が起こると日本は危機的状況になる。
今回の震災でのアメリカの行動を見ていれば明らかだ。
そういう意味でも核武装と原発はセットで考えなければいけないという事を付け加えておく。

そして今年の日本の夏場の電力事情についても今回の浜岡停止で危機的状態になると思っている。
関電から電力の提供を受けると言っているが、そもそも福井にある原発の稼働を止めようと言っているのだから
そんな融通し合う事が果たしてできるか疑問だ。
ましてや中部電力は東電管内に向けで変電所を通じて電力の供給を行っているのだがこれは不可能になる。
↑の新聞記事に書かれている様に中電の電力供給量もこれで余裕が無くなるので不可能。
癌直人はあと先の事をまったく考えていない。やるのなら必ず対策とセット考えるのが普通なのだがこの無能アフォーは節電すれば何とかなると思ってるらしい。
もし節電をするのであれば、大企業の節電対策しかないだろう。個人一般家庭がいくら節電してもたかが知れている。
東北関東から東海、もしくは近畿、九州まで電気の供給量不足の懸念が出てきてしまった。
こんな事やってると今度は経済危機になるぞ。
原発反対とほざいている連中は全くこういう事を考えていない。
今年の夏、一体日本がどうなるのか、原発反対とほざく連中共の性根が試されると思っている。
これでもし大停電があったりした場合は責任をどう取るのか、そしてどういう行動に出るのか見ものだ。
もし責任逃れの詭弁を弄したり、変節する様な事があればコイツらは人間の屑だ。
またそういう事態になっても反原発とか言ってるなら単なるキチガイだ。どちらにしても自分達の首を絞めているという事なのでアフォ過ぎて笑える。

そして中部電力の津波対策についてもあまりにもお粗末で行動が遅すぎる。
やる気あんのか、氏ね。
夏まであと2カ月近くあるのだから昼夜問わずの工事を行って防潮堤を2重3重に築かなければ運転再開は厳しい。と言うか、今の状態で運転なんかできるわけ無い。
砂丘の壁で津波をしのごうとか言ってる中電幹部はホントキチガイだ。
あんなもん、役に立つか、バカタレ。
今すぐにでも行動して動かなければいけないのに2,3年の間にとかどんだけ頭ん中がお花畑なんだとJK

自分は少なくともこんなアフォ政府の言う事を聞く気はさらさらないので節電に協力するつもりは無い。
いつも通り電気を使うだけだ。
そんなに節電して欲しいならパチンカスどもの営業を即刻停止させてさっさと癌直人は内閣を総辞職させ責任とって首をつれと言いたい。
そうしたらな、自分も節電に協力できる。少なくともこんな在日パチンカスを優遇し日本国民を差別するキチガイクルクルパー国賊政府の言う事に服従する事は日本国民として出来ないと言っておこう。
それにしても、アフォ政府もキチガイ電力会社も反原発とか言ってるヴァカ共も嫌なことから逃げてるだけの様にしか見えない。
代替えの電力が供給できない状態なので一体どうするつもりなのだろうか?
とにもかくにも今年の日本の夏は大変な事になりそうだ。

【関連記事】
【伊藤貫】日米関係の真実[桜H23/4/21]  リアリスト伊藤貫先生、日本は早急核武装すべし!戦後保守も左翼リベラル連中もこれからの時代にはついていけない化石化した思考回路。反原発、脱原発と言いながら保守だと言ってる連中は保守ではない。

キチガイミンス党内閣の言う事は、
            47
と思う人も思わない人も、
読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連書籍】
民主党政権で日本は滅びる (WAC BUNKO)民主党政権で日本は滅びる (WAC BUNKO)
(2010/03/03)
山際澄夫

商品詳細を見る


民主党政権では日本が持たない民主党政権では日本が持たない
(2010/05/29)
櫻井 よしこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト