FC2ブログ

今回の安倍首相の靖国参拝について

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



今日、安倍が何を思ったか靖国参拝をして地上波メディアは大騒ぎのようですが(自分はテレビが自宅に無いのでどんな報道をしてるか知る由もない)
自分は評価には値しませんね。
今頃何しに行ったの?wって感じです。
余りグダグダ書きたくもないくだらない事なので手短に書きますが、

今回、いわゆる保守方面の連中、そしてマスメディアやサヨク、反日勢力、そしてアメリカと今回の反応を見て思った事を簡潔に述べれば、

・靖国を政争の具にする日本のエセ保守
・日本のことを全く理解してない頭の悪いアメリカ
・自虐史観で頭のオカシイ日本のマスゴミと反日勢力


って事でしょうか。
インターネットでいろいろ情報を調べて今回の件についての報道を見ていますが、
ネット経由の情報を見ていて感じたことは
そもそも他国がどうこう言う事ではないし、靖国神社の英霊をヒトラーと同一視する頭の悪い芸NO塵まで出てくる始末で何も判ってない連中が政治を語ってるのですから話にならないというほかないです。

安倍が靖国に参拝したのはやっぱ支持率でしょうね。
50%を切っていたこともあって、40%以下になると何をやっても評価されないので早めに手を打ったってとこが内情ではないでしょうか。
多分内閣支持率が60%以上を維持しているならしてないはずです。やってる事が小泉政権時と一緒。
バカウヨ君や自称アイコクシャ様達はまたこんな政治問題化すること自体ナンセンスな当たり前の靖国参拝という
行為をあたかもよくやったと持ち上げて安倍支持を連呼する始末でどこまでもバカだな~と。

靖国に参拝してればTPP推進してもいいのか?増税してもいいのかと言いたくなる。
靖国参拝はやって当たり前であって、こんなことは評価するに値しない。日本人なら当然だろう。
こうやって政争の具、権力維持の為のダシに靖国参拝を使ってグローバル化と新自由主義路線の経済政策がますます進むという事でしょう。なんせバカウヨ共や自称アホシュ様は日の丸君が代歌って靖国に参拝していれば愛国だと本気で思ってるんですから始末が悪い。

こんなことやってればウヨクだろうがホシュだろうがサヨクだろうがこうやって靖国を政争の具にして問題化してきてるんだから天皇陛下の御参拝なんか永遠に来ないよ。
ま、今の天皇陛下も行く気もないようだし。
結局バカウヨやホシュも自分で自分の首を絞めてるだけだし、サヨクなんか論外だって普通の知能があるならわかる事。
靖国参拝するなら毎日行けって自分は以前から言ってるじゃんw

よりによって、毛沢東の誕生日に行くって何考えてんのかね。
毎日行ってりゃ叩かれないんだけどねw
安倍という男は真正アホだという事が解りましたわw
やってる事の整合性が全くないんだよね。もう思い付きでやってるんじゃない?
自分の権力が維持できればいいんだから、あとは野となれ山となれって事でしょう。財政問題では藤井聡氏も怒ってる様だけどまあ判ってたことだし。
藤井氏ももうちょっと人を見る目を養った、いや、バカを見る目を養った方がいい。

まあ兎に角、今回の参拝は政権サイドからすれば権力維持のためのカードを切ったという事でしょう
これでアメリカに逆らったことだし、どんなお咎めを受けるかは知りませんがw
春秋の例大祭にも行かず、終戦日にもましてや開戦記念日にも行かない靖国参拝なんか自分は評価しません。


まあ来年は景気も腰折れすることだし、TPP問題も揉めてるしで今回の件でアメリカがどういう嫌がらせをしてくるか知りませんが、ホント後先考えずTPP参加なんか表明したもんだなと。



そしてアメリカの駐日大使はやっぱアホですね。首相参拝について「失望」ってw
ケネディのバカ娘、そういや天皇陛下に謁見するとき頭も下げず、突っ立ってたね。
あたかも自分と天皇陛下が対等だと勘違いしてる無礼で頭の悪いこのバカ女の言いそうなことだけどw
日本の歴史や文化をまるっきり理解してない、理解する気もない奴が駐日大使とか嗤わせるんだけど、所詮こんなもんだよ、アメリカなんてね。

親米ホシュの皆さんはアメリカを怒らせるのは国益に反するとか言ってる様だけど、アメリカの機嫌を取ろうが取らまいが結論言うけど、日本にとって害でしかないから。
同盟国に盗聴してるような国ですよw

最後にマスゴミの反応だが相変わらず、一生変わらない。滅びろ。とだけ言っておきましょう。
靖国とナチスを同一視とか馬鹿すぎて関わりたくもないw


また長くなっちゃったな~(笑)



読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト