有名トレーダーの引退を思いながら

トレアイでもトップクラスのパフォーマンスを出していた九曜氏が実質トレードから身を引いた

個人的には氏には嫌なイメージもなく、ブログを読んでる限りトレーダーとしても人間としても
尊敬できる存在だと感じていたし、
自分の解からない事に関してまでイチイチモノを言わないし、自己顕示欲の塊某落ち武者逃走中や
自演をやっていた事がばれたcisとはエライ違いだ。

先週寄稿した書評がトレード関連の本だったという事もあり
ぱりてきさす氏や五月氏とかいう有名トレーダーとの繋がりがあるツイ―トなんかもアクセスしてきてる
様だから覗きには来てる可能性が高い。
この連中もあんまりいいイメージはしない。ぱりてきさす氏も以前ブログで
煽る様な記事を書いていたが、ああいう事は言うもんじゃないと。

ぐらわん氏なんかニコ生でぱりてきさす氏や五月氏のことをディすりまくってたが
あの男も大概だからな。性格異常者の典型だし。つまりサイコパス。
まあこうやって見ると碌な連中が居ないトレードの世界では唯一好感が持てた九曜氏の引退は
自分にとっては感慨深いものである。

ツイッターメインでやってるトレーダーでは結構有名トレーダーが次々と引退してるという事で
ここ最近、話題になってるみたいだが
道徳、つまりモラルの高い人間ほど身の引き方を心得てるし、無駄な恨みや反感を買う様な事は
決して言わないものだな~と。
お前はどうなんだとツッコミが入りそうだが(笑)、自分なんかいい人でない事は自分で客観的に
分析できてると思うし、大した人間ではないと思ってるのでw
自分は世の中に対して孤立無援でも義にそむく様な事、矛盾してる事を平然と正当化し威張り散らしている
人間を見ると反骨精神が強いのかスルーできるほどの器が無いのか(多分後者w)
噛みつきたくなる性分なもので。
まあいい大人だけど、半グレなんですな多分w

半グレが本グレになれるくらい昇華できればそれなりに道を極めれるんでしょうが
極道になる勇気や根性も無いしね。
そういう意味では極道さんの方がネットの億トレーダーなんかより人間のステージはよっぽど上だ。
大した人間ではないがこうやってブログで言いたい事を書き散らかしていているが
無念の死、失意の中死んでいった故人達を思ってやりたんですよ。自分は。
つまりは人生負けたまま死んでいった人たち、国の為に命をささげていった靖国の英霊。
こういう人たちってはっきり言って死に損じゃない。今風で言えば負け組
死んでいった人たちの事を負け組と蔑むこういうゴミ連中が
虫唾が走るほど嫌いな訳だ。

そういう意味ではやっぱ自分は弱者の考え方の方に心が動くんだな~と感じる。
人間なんて完璧ではないし矛盾してる事も言う。
だがその矛盾をどう乗り越え、整合性と保とうと努力し続ける事が人間の本質なんじゃないかと思う。
つまり、西部邁先生の言う所のバランス感覚、孔子の言う所の中庸なんだろうな。

そういう努力も怠り、銭金だけで世の中すべてを基準に判断しようとするエテ公並の知性しかない
連中や、保守面して結局本が売れて売名できればいいと思ってる
ゴミクズ評論家や知識人ではなく痴死期塵が現代日本に溢れかえっている所を見ると
世も末、まさに仏教で言うところの末法なんだな~と。
九曜氏の引退の話からつらつらと書き綴ってしまったが、少なくとも成功者は負けた者や失敗者に寛大に
ならなければいずれ足元をすくわれるよと。
今生きてる日本人をかわいそうとも助けたいとも思わないが
(自分もこんな事書いて説教じみた事書いてる様じゃ悪党失格だが・・・。)
モラルって言うものは信用に繋がり、信用が経済や国家のルールを保つための権威であり基準に繋がっているのだから
権威を批判して悦に入ってるアホサヨクや新自由主義者やゴミみたいな銭ゲバトレーダー人種が幅を利かす
世相って言うのは末期症状だと思う。
九曜氏は今後来るであろう過酷な時代を前に守りに入ったと考える。
自分みたいに考えてるかどうかわからないが、今後の日本経済も日本を取り巻く国際状況も
激変していくのだろう・・・。

自分もさっさと身を固める為に勉強しなきゃな~^^;
思う事があったのでとりとめも無く書き綴りました。



読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。