ここ最近の保守系言論人の動向リスト

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ここ最近の保守系言論人の動向を見ていて批評、考察のため、ここ最近はいろいろ考えているのだが
2ちゃんで面白い評価表があったので紹介しておく。

この2ヶ月での言論人株価動向

青木直人…+ + +
ほぼ完璧な分析。自称保守派を冷ややかに見るが、斜に構えるのではなく希望も語る。

西部…+ +
安倍政権発足時の高揚した空気の中、藤井の参与就任で「人質に取られた」と見抜く慧眼。
知識云々より人間洞察力の確かさ。

在特福岡…+ +
他人を一切disらずひたすら打倒安倍に一直線

東谷…+ +
新聞やテレビがいかに「マスゴミ」でもやはりジャーナリズムは必要であることを証明

中野…+ +
師匠ゆずりのニヒルな調子で安倍の正体を看破。西部一派レベル高過ぎ

WJF…+
安倍の新自由主義路線爆走は的中。しかし他の言論人に対するかみつきぶりにはドン引き。
二元論は駄目と言いつつ安倍や意見の異なる相手を全否定してつるし上げる点に危険な匂いを感じる。

青山…―
増税は中韓の陰謀つぶしとか、語る文脈が周囲と違い過ぎて評価不能だが信じる人がいるとは思えない。

三橋…― ―
増税でようやく安倍批判に転じるが、時期遅過ぎ

三輪…― ― ― 
裏切られる度にハードルを下げて必死に安倍を正当化。現実から目を背け続ける姿は滑稽を通り越して哀れ
 
山村…― ― ―
一向に洗脳から覚めず取り巻きガーと責任転嫁して安倍を無理矢理弁護

社長…― ― ― ―
ヤクザなDV男に殴られ蹴られても惚れた弱みでひたすら貢ぎ続ける。
周囲が何を言っても意固地になるだけで破滅へまっしぐら


上念・禿…― ― ― ―
どこまで信じていたかは不明だがカリスマの妄想に乗った結果、底の見えない大暴落

カリスマ…―無限大
主張の支離滅裂ぶりもさることながら、異様なまでの人間性の醜悪さを自ら暴露して市場から永久追放




ワロタwww

言い得て妙ですな。
自分なりに評価してみると、

青木氏は詳しいことも知らないので自分は人物考の批評は避けるが
結構ネットでもその筋の界隈では結構速く安倍批判をしていたので今回の件については見る目があるなと。

西部先生や中野氏、東谷氏も雑誌表現者でも疑念や懸念を抱いていたし
評価はできるが、人物的にはここ最近は不審な点が目立つし精彩に欠ける論がここ最近目を引く。
西部ゼミで安倍本人を招き、3週にわたって持ち上げていたが、あの勢いは今はどこやら・・・。
変わり身が激しい、何とも老獪な老師である。

消費税増税の件も認識が甘い上に以前西部ゼミで東谷と一緒に出演し、増税すれば景気が出るなどと言っていた
事もあり、経済音痴は明白である。
その点三橋は消費税増税の件は明確に警告を発していたが如何せん、安倍支持に凝り固まって反対派の意見を封殺。人物を見る目の無さは事ここに至っては救いようがない馬鹿だ。今回の混乱を招いた張本人の一味。

中野は経済、人物評価の点において今回は完璧と言っていいくらいの立ち回り、先見の明を示した。
国際政治学や軍事関連はからっきしなのであてにはできない。国際政治学や軍事論は伊藤貫氏のほうが自分は説得力があると思っている。

福岡在特会は黙々と自分たちの出来ることをやっているし、disる理由が見当たらない。
頭が下がる思いである。

WJFはたまに見ているが、如何せん宗教を絡めた言論に傾きすぎ。
あくまでも仮説、推敲という類で論を立てていった方がが良いと思う。
靖国がどうとか、伝統がどうとか精神論を絡めた発言が多い。
反原発という点も自分の立場からしたら評価はマイナス。こじつけのような記事もあり確かにドン引きする。

青山繁晴はなんともデマやいい加減な情報が多く、あてにできない人物だとここ最近は
全く賛同できない。単にメタンハイドレート押しでやっぱりビジネスなんだな~と。
かなり胡散臭い人物に・・・、最近は自分も評価を落としている。

三輪、村山、両者とも思考停止、現実逃避状態で評論家言論人失格。
さっさと引退しろと言いたい。いるだけで害悪。
三輪は小泉政権の時も小泉ごり押し郵政選挙も応援していて、まったく進歩なし。
村山も神道が如何の、下らん精神論やオカルト論を展開。毒にも薬にもならないような時間の無駄な持論を展開。
この両名、人間はそう簡単に変わる事なんかできないという典型であろう。

水島に至っては精神障害発症。
常人では理解不能な理論を展開し続けている。
単なる馬鹿ウヨ活動家崩れに成り下がった老害。安倍が総理であれば日本は滅びてもいいんだろう。
いまだに安倍擁護、自民擁護。呆れを通り越して嗤えてくる。

珍念、保守言論をミスリードし、分断した戦犯工作員。
勝間和代と事務所を経営してるとかいう時点で胡散臭かったがはやり予想的中。
新自由主義者共が送り込んだ工作員。此奴と倉山、渡邊、三橋あたりが桜に出るようになって
一気に桜がおかしくなっていた。

カルト倉山、水島以上にアタマがおかしい。まさに狂人の域である。
こういう頭のオカシイ狂人はえてして天才に見えたりするものである。水島のような馬鹿な上に人を見る目がなく
卑怯な屑はこういうのを才能ある鋭才だと思っちゃうんだな~、これがw

この評価欄には出てないが、渡邊哲也も自民が政権を取ったと途端、本性を現した保守
ではなくリベラリスト。ポジショントークとか言ってる時点で信頼性なし。

藤井聡 内閣参与に入ったはいいが安倍の策に嵌り、飼い殺し状態。
国土強靭化は消費税増税の為の口実に使われた。その上、西部一派のうるさい口をふさぐという意味で
人質として使われたと思われる。
結局いいようにあしらわれた。プラグマティズムなどと言っているが私は藤井氏の唱えるプラグマティズムによる国土強靭化や日本人論に明確に反対する。
あれは中身を知らないバカや無知な人間が使えば単なるオポチュニズムになり、レッテル張りの口実になるからだ。



私の言論人評価表(2013年10月時点)

     功績   人物的信用    文章力 思想哲学知識 経済知識 政治知識 軍事知識 国際政治
       ※最高S最低がE6段階評価                          外交知識
          (評価)
青木直人 90点   A         70    -(不明)  -    -    -    -   
西部邁  90    B         60    99     80    85    60    60
在特福岡 80    -(無評価)    -    -     -     -    -    -
東谷暁  75    B         70    50     85    60    25    55
中野剛志 95    C         85    95     95    80    10    30
WJF  65    D         65    -     -    -    -     -
青山繁晴 50    D         60    20     25    10    70    20
三橋貴明 80    論外        80    10     80    20    10    10
三輪和雄 10    E         0     0     1     10    1     0
山村明義 10    E         0     0     0     10    0     0
毒電波水島 -1000 論外       ゴミ過ぎて評価不能
珍念   -10000  論外       ゴミ過ぎて評価不能 
カルト倉山 -∞ 論外外道       キチガイなので無理
渡邊哲也 -1000  論外       ゴミ過ぎて評価不能
藤井聡  30    C         70    85     30     10   5     10
伊藤貫  75    B         90    50     45     50   80     97


人物的信用でSが付く人は居ないな~。
っま、今後の動向で評価は変わるので何とも言えないが。
なんか信長の野望の武将能力値みたいになってきたなw
今後、パラメータは再評価するたびに変えていく予定(今後も続けるかどうかは確証は無いけどw)

なんだか、反日サヨクの佐高信大センセーにも文化言論人100人切りみたいなクズ本があったけど
あんなのとは混同しないようにw

読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

すみませんでした。
すみません。先日コメントした「表現者ファン」ですが、「緩いロゴスblog」の万次です。
私のブログにコメントいただいた「毒舌アジテーターyasu」さんと、当ブログ主さんとが頭の中で一致していませんでした。大変申し訳ありません<(_ _)>。
yasuさんのブログはたびたび読ませていただいています。RSSリーダーに登録もしています。
いつも大変勉強になります。ありがとうございます。
yasuさんは、中野剛志氏がお嫌いなんですね。柴山桂太氏や東谷暁氏、佐伯啓思氏についてはどうなんでしょう。
私の中野さんに対する心は、「超個人的美学」のカツトシさんとyasuさんの評価の狭間で分裂しそうです、ははは。『保守とは何だろうか』は素直に良かったと感じましたが。あと東谷さんの『「反原発』狂想曲』も良かったです。
とりあえずご挨拶まで。
  • 2013/10/31 15:49
  • 万次
  • URL
  • Edit
表ズレてんじゃん馬.鹿。
まともに書き込めるように勉強してから
ブログしろよゴ.ミ。
  • 2013/10/31 17:17
  • URL
ホスト晒しておきます
>じゃあ見なきゃいいだろカ.ス。
 お前も社長ほどの影響力持ってから能書き垂れろよチンカ.君

 2013/10/31 17:15

>表ズレてんじゃん馬.鹿。
 まともに書き込めるように勉強してから
 ブログしろよゴ.ミ。

 2013/10/31 17:17

馬鹿のホスト e0109-106-188-171-79.uqwimax.jp
IPアドレス  106.188.171.79

あれだけコメントは名無しや通りすがりはダメって書いてあるのに。
日本語読めるの?ねぇ?

ご苦労様。


  • 2013/10/31 19:32
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
Re: すみませんでした。
>万次さん

ああ、同一人物と認識していませんでしたか^^;
表現者ファンさんの文章を読んで万次さんだと感じましたが、万次さんは表現者ファンなので
気が引けて名前を変えたのかな~と思っておりました。

中野氏についてですが、最初のころは結構気に入ってまして、西部先生の後継者はやっぱ中野氏かなと思っていたのですが
ここ最近の言動を見てると底の浅さとやっぱり西部先生とは覚悟というかそういうものが足りない方だと感じたのです
確かもう2年前だと思うのですが、西部先生と中野氏の講演会を見に行ったのですが
その時感じたのは西部先生はぶれない方だなと。そして今となっては老齢という事もあるんでしょうけど
言論人の中でもやはり闘士的な人物だったのだと感じるのです。自分は政治というものを見続けてかれこれ20年はなりますが
自分の経験則みたいなものがあって直観的というか、この人はダメだなと感じると急速に興味を感じなくなるし
そのあと必ず何か大きな問題を起こしてダメになっていく方が多い。

典型的なのは石原慎太郎がいい例です。
口では大きなことを言うけどいざとなったら何もしない。
橋下や櫻井よしこも典型だし、元皇室の竹田氏、今となっては水島も道同類です。

西部門下では自分は中島岳志なんか最初は興味を持っていて見たのですがやっぱこいつダメだと感じてしまいました。
中野氏も政治経済面には明るそうですが反官反民を読んでいて、この方は核武装には反対だけど原発は維持なんだと違和感を感じました。
原発限定になってしまいますが、
西部先生は原発は文明の宿命として、事ここに至っては受け入れざるを得ないし、捨てようにも捨てられない事態に至ってしまっているという立場でしょう。
その点藤井氏のほうが覚悟という意味で原発はやめてもやっても地獄だよと言ってる点は評価できます。
自分もそう思います。
柴山氏や佐伯氏も原発は反対のようですからどこか腰が据わってない覚悟無いと思うんです。
そういう所で言論人の覚悟を品定めしてるのかもしれないですね、自分の場合。
西部先生のような闘士が好きなんです(笑)

西部先生のように、イラク戦争の時しかり、コイズミ時代の批判しかり、いつも孤独ですが一人でも声をあげて
戦ってきた闘士だと思うのです。
自分はイラク戦争の時、保守論壇が総じてコイズミのイラク戦争支持について賛同しましたが西部先生は
孤立無援でも戦いましたよね。
その時自分は、この方を師と決めようと思い今まで来てるのです。

西部門下、もしくは表現者グループで自分が重要視してる人物は西部先生、伊藤貫さん、気になる言論人では
富岡幸雄氏、新鋭の浜崎洋介氏、経済限定では施光恒氏や柴山桂太氏でしょうか。
人物の言ってる事の正しさと、人物の信用性はイコールではないので。

自分の場合、好き嫌いで見てる感じではなく、この論者、使えるかどうかで見てる感じなのでかなり客観的で目線はドライかもしれません。
プラグマティズムに否定的ではありますが、実はかなり言論人を道具主義的に見てるのかもといつも思うのです
  • 2013/10/31 20:01
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
はじめまして。
青木直人さんのツィッターで、yasuさんのブログが紹介されています
!ポン吉さんの所でお名前を拝見してました。
  • 2013/10/31 20:19
  • きなこ
  • URL
Re: タイトルなし
>きなこさん

コメントありがとうございます

ああ~、それでこんなに訪問者が多いのですね(笑)
青木さんみたいなプロの方にまで見ていただいてるとは・・・。
恐縮です。
言いっぱなしの片手間ブログですから素人の浅はかさを指摘されそうではありますが
今後もマイペースで書きたい時に書いていきたいと思っていますよ。

ポン吉さんのブログで見ていただいてましたか。
ありがとうございます
  • 2013/10/31 20:30
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
yasuさん、レスありがとうございます。

> 西部先生のように、イラク戦争の時しかり、コイズミ時代の批判しかり、いつも孤独ですが一人でも声をあげて
> 戦ってきた闘士だと思うのです。
> 自分はイラク戦争の時、保守論壇が総じてコイズミのイラク戦争支持について賛同しましたが西部先生は
> 孤立無援でも戦いましたよね。
> その時自分は、この方を師と決めようと思い今まで来てるのです。

これは私と全く一緒ですね! 自分の場合、まだまだサヨク的小学生的正論を信じていた中一の頃でしたか、西部さんが出演されている「朝生」を偶然見て、サヨク人士たちを一人で相手にして孤軍奮闘し次々と論破しまくっていたのを見て衝撃を受け(目から鱗がぽろぽろ落ちたというのはこのこと)、その後、yasuさんの書かれたような経緯も経て、西部さんを追いかけています。
往時の福田恆存さんもメディアは違えど同様だったんでしょうね。やや異なるのは、福田恆存さんが「保守は『主義』であることを嫌う」というようなことを仰っていたのに対し、ある時点から西部さんは「今は保守思想も『主義』でなくてはならないのではないか」となったところでしょうか。福田恆存さんに絡めて書かれていた文章が今ちょっと見つからないのですが、『国民の道徳』「このようにして私は保守『主義』者になったのである。保守的精神は、主義という言葉によって示されているような、思想のイデオロギー化を嫌う、などと悠長に構える気はなかった。枯死寸前のコモンセンスを生き長らえさせるための言論には、無理を承知でとりかかるほかなく、で、好むと好まざるとにかかわらず、それは言論戦の様相を帯びる。つまり、滅びゆくものに哀切の情を寄せるとなると、内心では、負けを覚悟の喧嘩であるから肩肘いからせても仕様がないと知りつつも、せめて外見で、新奇なものにとびつく自称進取の態度を撃つについては、守旧と罵られるのを誇りに思うくらいでなければならないのだ」

まさに、yasuさんの仰る「覚悟」を感じる文章です。というか、ガキの頃、「朝生」を見たときにそれは肌で、直感で、既に分かっていたことなんですけれども。福田恆存さんがご存命だったとしたら、やはり「反アメリカニズム」に傾いていっていたでしょうかね~。

中島岳志さんについては、右に同じという感じでして、『学問のすすめ』で、歯の浮くような台詞で、西部さんと佐高さんを持ち上げていたときに、「あ、この人駄目だ」と思ってしまいました。一言で言うなら、八方美人かな、と。都合に合わせて都合のいい思想を借りてきてもっともそうに語るだけの人かな、と。

なるほど、yasuさんの人物判断基準がなんとなく理解できたように思います。ありがとうございました。
  • 2013/10/31 20:34
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: Re: すみませんでした。
>訂正

竹田氏の説明が元皇室となってますが、元皇族ですね。すいません

あと、水島のくだりも、道同類となってますが、同類の間違いです

キーボードの変換速度がおかしいのでちょっと慣れずにいます。
win8ってなれるの大変だな~。
最近PCとキーボードを変えたせいで以前使っていたものと比べて打ち間違い連発ですがご容赦を。


  • 2013/10/31 20:46
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。