FC2ブログ

日本で唯一の妄想チャンネル 日本文化破壊放送YAKUZAが遂に壊れた様です

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



遂に安倍批判からの現実逃避をこじらせてアタマの方が壊れた様です↓


◆◇◆ 日本よ、今...闘論!倒論!討論!2013 ◆◇◆

 一流論客陣が本気で論じる、充実度NO.1の討論番組。
 他では聞けない、まさにホンモノの議論を展開していきます!

 [ 11月2日(土) 20:00-23:00 放送 ]
 [ 放送当日 So-TV 配信予定 ]


 テーマ:女性大討論・安倍批判はもういい!
              じゃあどうする日本(仮)

 パネリスト(50音順):

   浅野久美(キャスター)
   有本香(ジャーナリスト)
   植松和子(静岡県函南町議会議員)
   鈴木邦子(外交・安全保障研究家)
   タイラ・ヨオ(シンガー・ソングライター)
   福島香織(ジャーナリスト)
   山本優美子(「なでしこアクション」代表)
   ほか

 司会進行:水島総(日本文化チャンネル桜代表)


【「闘論!倒論!討論!2013」 番組詳細ページはこちら】
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587

http://www.ch-sakura.jp/mailmagazine.html













ぽか~ん・・・・












救いようが無い域にまで精神障害が進行してる様だ。こんなカルト毒電波についていく信者は大変だな、おいw
もうフォローできない所まで来ちゃってるな。末期症状。
だってここ何カ月かの討論の出演者の代り映えの無さと、題材も似たり寄ったりでチュウゴク問題ばっかじゃね~か。

>一流論客陣が本気で論じる、充実度NO.1の討論番組。
 他では聞けない、まさにホンモノの議論を展開していきます!

はぁ?一流論客??充実度NO.1??
毎回地上波にも出れない様なお粗末な知名度も低い同じ自称言論人をお呼びしての単なる井戸端会議だろ、こんなの。
確かにオマエラやってる本人達にとっては充実度NO.1だろうが見させられるこっちは不毛度NO.1な訳で
自分としてはタイトル見るだけでお腹いっぱい、こんなのを確認するだけでも時間の浪費だと認識するのが普通の人間が感じる感性。

他では聞けない、まさにキワモノのお談義を展開してますの間違いだろ、ホント。

今回のタイトル、安倍批判はどうでもいい、ですか。
まあ、全く反省はしてね~よ、バ~カという事なんでしょう。
先日の記事で書いたとおり、日本の保守は無責任で反省などしません。
さらに付け加えると、日本の保守が保守するのは自分の地位と名誉とカネであり、保守ではなく保身

安倍批判はどうでもいい、じゃあどうする今後の俺たち、というあたりが内心でしょうね。
タイトルから水島以下、この毒電波放送犯罪シンジケートの構成員の心の内が透けて見えますわw
お茶を濁して、チュウゴク問題やこういう女性討論で時間を稼いで嵐が過ぎ去るのを待つという、まあ、
水島らしい卑怯極まりない戦術ですな。

出演するパネリストとかここ何カ月かの出演見てるとポジショントーク渡邉、話の内容が意味不明メイカ、
役に立たない陰謀論を振りまく片桐勇治などは、なんか2週1回は出てる感じだな。
しかもチュウゴク問題連打。安倍政権の問題、TPP、消費税増税問題、安倍という人間モドキの精神分析などやらずにひたすらチュウゴクw
仕舞には女性討論、安倍批判はどうでもいいだぁ?
キチガイじみて、乾いた嗤いしかでない。

マトモな人間はこんなカルト向けの洗脳番組に出るわけがないし、出たいとも思わないのだから
当然こんなメンツしか集まらんよ。
安倍は間違いなくTPPもやって増税する事は解かっていたんだから、優秀な人間ほど桜から
手を引いてるし、当然の行為だわなw



兎に角、この毒電波犯罪シンジケートを解体する事が真の日本を取り戻す一歩であることは間違いない。



読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

じゃあ見なきゃいいだろカ.ス。
お前も社長ほどの影響力持ってから能書き垂れろよチンカ.君
  • 2013/10/31 17:15
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。