FC2ブログ

【東田剛】これって、ギャグですか? あなたの存在がねw

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


先週の水曜日の三橋メールマガジン、東田剛の更新はいつも楽しみにしてるのだが
この週のメルマガ内容は酷かったな・・・。
先週のメルマガ全文↓

【東田剛】これって、ギャグですか

投稿日:2013/10/23 作成者: taniguchi
FROM 東田剛

————————————————————–

●韓国が五輪招致を妨害した本当の理由とは?
三橋の無料音声を公開中

⇒ http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE_OLYMPIC/index_mag_sl.php

————————————————————–

特区諮問会議について書こうかと思ったら、三橋さんに先を越されました。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11646880828.html

(それにしても、これは酷い。悲観予測で悪名高い私ですらも、
この政権がここまで墜ちていたとは思いませんでした。)

そこで話題を変えて、笑えるネタを。

西川公也TPP対策委員長が、農産物の関税撤廃の対象検討について、(参院選公約政策集で、重要5分野を守るとしていたが)「方針転換ではない」と強調し、「これだけは守り抜くという『レッドライン』を示し政府に守らせる」と述べたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131021-00000077-san-bus_all

これには泣いて笑いました。

選挙の時の公約破っておいて、レッドラインを示すだって!
<参考>
http://ameblo.jp/64152966/image-11492378667-12461244842.html

もっと笑えるのは、そもそも「レッドライン」って、オバマが最近使って大失敗した台詞です。

オバマは、昨年、化学兵器の使用をシリアに対する軍事介入の「レッドライン」だと宣言しました。
しかし、オバマには、本気で軍事介入をする気はありませんでした。

今年4月に、シリアで化学兵器が使用された疑惑が持ち上がりましたが、アメリカは動きませんでした。
レッドラインが破られたのを、無視したのです。

すると8月には、また化学兵器が使用されたので、オバマは、いやいや限定的な軍事介入を決断しましたが、議会や世論の支持を得るのに手こずりました。米国国民は、もう戦争は嫌なのです。

挙げ句の果てに、オバマは「軍事介入以外に手段はない」と言っていたのに、ロシアの外交的解決案にあっさり乗ったので、アメリカの威信は地に墜ちました。

今や「レッドライン」というのは、こけおどしや守れもしない約束を意味するジョークなのです。

アメリカは、シリア以外にも、イラン核開発問題やエジプトの政情不安など、中東に山ほど爆弾を抱えています。

9月24日、オバマは国連で演説しましたが、アメリカだけでは中東問題に対処できないとか、武力で民主化支援はしないといった内容だったので、アメリカの新聞各紙は、
弱腰だとこき下ろしました。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131008/amr13100809130001-n1.htm

しかも、オバマの国連演説は、ほぼ全部、中東・北アフリカに関するもので、アジアはまったく出てきませんでした。
http://articles.washingtonpost.com/2013-09-24/politics/42340329_1_challenges-war-u-n-general-assembly

今のアメリカには、中東とアジアの両方に関与する力はありません。
つまり、オバマ政権の「アジア重視戦略」は頓挫したということです。
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE98Q04T20130927?sp=true

先般のオバマのAPEC欠席も、政府閉鎖問題のせいだけではありません。アジアの優先順位が落ちたのです。
おかげで、APECは、中国の独壇場でした。
http://www.nytimes.com/2013/10/08/world/asia/asia-pacific-economic-cooperation-summit.html?_r=0

おまけに、上限債務問題では、アメリカは世界経済を守るどころか、壊すところでした。
世界をリードするどころが、G20の声明で「どうにかしろ」と批判される始末です。
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2013/10/111706.php?&sa=U&ei=L0hdUqf6KqbqiQLmhIDQAg&ved=0CCkQFjAE&usg=AFQjCNEVQHcFJUBNUcP3fhS1b5uPeXVMow

しかも、その危機を引き起こしたのは、他ならぬアメリカの民主主義なんで、シャレにもなってません。

アメリカの上限債務問題は先送りされただけだし、歳出自動削減問題も残っています。当然、軍事費も渋ちんになる。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304134704579142293027467118.html

これじゃあ、どう考えても、アメリカが尖閣を守るために中国と戦争するはずないですね。

世界中が、凋落したアメリカの体たらくに、うんざりしています。
まさにブレマー君の言う「Gゼロ」です。
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE99I00L20131019?sp=true
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM18047_Y3A011C1000000/

そんな中、ハーマン・カーン賞受賞者は「これからの、インド・太平洋の世紀を、日本と米国は一緒になって、引っ張っていくべきであると私は信じております。目指すのは、自由、民主主義、人権、そしてルールに基づく秩序を尊ぶ世紀です。TPPとは、その背骨をなすものです」と宣言し、外交ごっこと改革ごっこに明け暮れています。
きっと、頭の中が、2006年で時間が止まったままなんですね。

<参考>
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/10/09/korekiyo-65/

そして、西川先生は、アメリカに対して「レッドライン」を示すって。

これは、ギャグです。ギャグのはずです!

PS
時代の先を見抜く確かな眼を養いましょう。
http://chokumaga.com/magazine/?mid=124

PPS
天才コールリッジの予言が凄い!
http://amzn.to/15o1Rit

大友克洋『アキラ』の予言も凄い!
http://amzn.to/151Cl2s

本物の保守政治家の肉声が凄い!
http://amzn.to/1b8ngUK

PPS
特区を使った規制緩和で韓国はとんでもないことに。
もしあなたが世界の流れを的確にウォッチしたいなら、、、
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php

三橋貴明の「新」日本経済新聞 http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/10/23/korekiyo-67/



恐ろしくギャグがつまらない・・・。
完全に滑ってますな~。
これじゃ、単なる宣伝メルマガで中身スカスカw

しかも、引用してるネタ元がイアン・ブレマーですか(呆)
そう言えば東田さんもよく知ってるホサ官こと、中野剛志もこんな本でイアン・ブレーマーを引用してましたね↓


日本防衛論 角川SSC新書 グローバル・リスクと国民の選択

中野剛志さんも東田さんもイアン・ブレマーがいたくお気に入りのようですが
この方、日本のTPP参加は必要と言ってるアメリカのロビースト、工作員のようなんですが
よくもまあ、こんな怪しげな方のことを取り上げて参考にしてる~と。
全否定はいけないとか、聞く耳を持つのは結構ですが、あなた方が必死で反対しているTPPについて
日本は入った方がよい、しかも、増税は日本のためとか言ってる方ですよ。

はてさて、たかだかGゼロだか何だか言う理論が正しいからと言ってこの方の言説を真に受けるとは
なんともはや、官僚というものは、こうも浮世離れした理論を好まれるわけですか。
まあ、自分のような馬鹿で底辺を這いつくばってる庶民には高尚過ぎて理解できませんw
口では保守を志すとか、実家はサラリーマンの家でしたからとか、嘘八百を言う方ですからしょうがないかw
中野氏は保守と言うより社会主義的嗜好が強いですからね。
イアン・ブレマーという方もコスモポリタンや世界共同体みたいな考え方をもってる可能性もありえます。
リベラルっぽいんですよね、言論を聞いてると。
少なくともケネス・ウォルツやサミュエル・ハンティントンの様な、リアリスティックな国際政治学論ではない。

このブレマーという男、日経、テレ東系メディアの太鼓持ち、もしくはアメリカの工作員で
モーニングサテライトでもトンデモ理論を展開してましたよ。今私が説明したような事を。
証拠画像が見たいならモーサテオンデマンドにでも契約して過去の映像を見ればいいんじゃないですかね。
自分は日経新聞のような虚報と言論操作をするような
アメリカの工作機関紙なんかカネ払ってまでは読みませんけどね。

今読んでる反動世代って本で、中野氏が言ってるけど官僚を続けてると日経新聞のような言論や考察しか出来なくなるって書いてありましたが、
今まさにその状態じゃないんでしょうか?
中野氏の言論は、京大を辞めて経産省に戻ってからと言うもの、国際経済情勢や外交などの考察は見るも無残です。

やる気がねーんなら、言論活動なんかすんじゃね~よ。
しかもギャグ、寒む杉るしw
三橋なんかとつるんでるから馬鹿と軽薄さが伝染すんだよ。って、
類は友を呼ぶって言うから、同類項か、ああ、すまん、すまんw

官僚続けるか、言論活動に命かけてそれで食ってくか、どちらかにしろっていうことだ。
両天秤かけて、やってる事が狡猾で汚いから、いくら正論言ってもしらけるぜ、ホント。
まったく存在自体ふざけた野郎だ。


読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。