美味しんぼ 呆射脳たちの苦しい擁護論

見る前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【社説】 美味しんぼ批判 行き過ぎはどちらだ
 被災者の切実な声が届くのか。それとも風評被害を増すのだろうか。漫画「美味しんぼ」が物議を醸している。何事にせよ、問題提起は必要だ。だがその表現には、もちろん思いやりも欠かせない。

 「美味しんぼ」は一九八三年から週刊漫画誌上で連載されており、昨今のグルメブームの発信源とされている。東日本大震災後は、被災地を取り巻く食の問題などにほぼ的を絞って、問題提起を続けてきた。

 前号で、主人公の新聞記者が東京電力福島第一原発を取材直後に鼻血を流す場面が論議を呼んだ。

 そして今週号では、福島第一原発のある双葉町の井戸川克隆前町長や関係する学者らが実名で登場し「大阪が受け入れたがれきの焼却場周辺でも眼(め)や呼吸器系の症状がある」「福島にはもう住むべきではない」などと訴えて、騒ぎはさらに広がった。


 福島県の佐藤雄平知事は「風評被害を助長するような印象で極めて残念」と強く批判した。


 漫画作品だけに、創作部分も多いだろう。表現の隅々にまで、被災者の心と体に寄り添うような細心の注意が必要なのは、言をまたない。その意味で、配慮に欠けた部分もある。

 しかし、時間をかけた取材に基づく関係者の疑問や批判、主張まで「通説とは異なるから」と否定して、封じてしまっていいのだろうか。

 東電が1号機の格納容器から大量の放射能を含んだ蒸気を大気中に放出するベント作業をした後も、住民にそれを知らせなかった。「そうとは知らず、われわれはその放射線を浴び続けてたんです」と、前町長は作中で訴える。

 SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)による放射能の拡散情報が、住民に伝えられなかったのも事実である。

 またそれよりずっと以前から、原発は絶対安全だと信じ込まされてきたというさらに強い疑念がある。それらが払拭(ふっしょく)できない限り、被災者の心の底の不安はぬぐえまい。素朴な疑問や不安にも、国として東電として、丁寧に答える姿勢が欠かせない。情報隠しの疑念こそ、風評の温床なのである。

 問題提起はそれとして、考える材料の提供である。登場人物が事故と被害をどう見ていくのか。作品を通じ、作者は社会に訴えようと試みる。行き過ぎはないか。もちろん、過剰な反応も

頭狂新聞 2014年5月14日 社説



「美味しんぼ」の鼻血問題:敵を見誤ってはいけない
「美味しんぼ」の鼻血問題について、双葉町や僕の知っている方々も巻き込まれて物議をかもしているので、僕の意見を表明したいと思う。

騒ぎだけがヒステリックに大きくなっているので、まず事実関係をちゃんと把握する必要があると思い、「美味しんぼ」の第604話や、単行本第110巻「福島の真実」を読んだ。感想としては、地に足の着いた直接取材に基づく、一次情報としての現実描写であるということ。その冷徹で忠実な客観性は、殆どドキュメンタリーのそれである。

福島の農家がいかに安全基準をちゃんとクリアすることに苦心し、おいしい農産物を売ろうとしているかを活写している。さらに第110巻では、業者の買い控えにより財政的な苦境に陥っている農家を描き、その真の原因は、福島第一原発から今も漏れ続けている放射性物質であると、山岡士郎・海原雄山らキャラクターの弁を借り、痛烈な批判をしている。
「福島の真実」全編を読むと、福島の豊かな食文化に対する畏敬の念と愛情、それを育んで来た土壌・自然が失われてしまったことへの嘆きが痛切に描かれている。そして、そんな状況を引き起こした東京電力と何も有効な策を打ち出せずにいる行政に対する原作者・雁屋氏の憤りがひしと伝わってくる。

福島の人々を貶めようとする意図など全くないのは一目瞭然。むしろ、その逆であり、全編が福島への愛情で貫かれていることを、この件について意見する人間はまず自分の目で確かめて欲しい。

その後、双葉町役場と話してみた。
ここ数日、役場に電話が殺到したそう。本当に「鼻血の事実があるのか」「そんな話はきいたことないのに、勝手に広めていないのか」などの苦情が多かったそうだ。だから、町としてもちゃんと対応していることを示すため態度を表明した=小学館に抗議文を送った、そうだ。

町としては健康福祉課で調査したところ、鼻血の症状が顕著にでている例はなく、被ばくとの直接関係は(漫画のとおり)立証されていないそう。だから、井戸川前双葉町長の鼻血の例をとって、福島県の多くの人が鼻血を流している、ととられる表現は、事実に反するのではないか、というのが双葉町役場の立場だった。

僕自身は映画「フタバから遠く離れて」「放射能 Radioactive」の撮影を通し、鼻血が止まらない経験を実際した方は井戸川さん以外あったことがない。しかし、双葉町の仮設住宅で喉がひりひりするという方、頭髪、体毛が抜けたという方には数人会ったことがあり、身体に斑点が出たという話は数度聞いている。噂を増幅させるのは福島の為にはならないので、それよりも映像そのもので見せるしかない、と僕は思っている。
鼻血に関しては多くの症例が確認できていないだけに、「今のところ」は双葉町役場の言い分も間違ってはいない、しかし継続的に裏付けをとる必要があり、鼻血の事実が確証できればそれは、すぐさま健康障害として認知するべき、というのが僕の見方だ。


実際、放射線治療の専門医・西尾正道北海道がんセンター名誉院長は

「鼻血は低い線量でも広範な粘膜が被ばくした場合は出ても不思議ではありません。」
といっている。(引用元:http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-05-07)

昨日ご自身のFBページで写真もアップしていた井戸川さんの鼻血が、放射線被ばくによるものなのかどうか、それは検査を進めなければ立証できない。さらに、同様な症状を訴える福島県の人が出てきてもおかしくない。

今は何も分からないだけなのだ。

では、ここで重要なことは何なのだろう?

子供の甲状腺がんの異常発症など、被ばくの影響がはっきりと出ているケースは現在進行形として存在し、僕たちは噂を広めることなく、事実だけを見つめ、それを抑圧・黙殺するのではなく、"予防原則"で対策を講じてゆくことが大事なのではないだろうか。
 山岡士郎の鼻血イメージばかりをネットで拡散することこそ、状況を悪化させ、福島を貶めることに繋がる。それこそ風評被害であり、僕らは何が実害で、何が風評被害なのか、現実だけを直視する目を磨かなければいけない。

そして、敵を見誤ってはいけない。

批判されるべきは、漫画の原作者でも、事故の被害者である双葉町でもない。
ストロンチウムを含む全ての核種を検査することなく食物を市場に流し、国際基準よりもよっぽど高い20mSvの被ばく限度を敷いて人々に低線量被ばくを強いている行政こそ、僕らが糾弾し、被ばく回避のための対策を直ぐさま講じるよう求めなければいけない。

現実だけを直視し、根本原因を作った加害者の責任を問い、改善策を求めるのが、僕たちにできることだ。

HuffPostJapan (映画監督:舩橋淳) 2014年05月13日



やっぱ、呆射脳は頭がオカシイわw
まず、頭狂新聞の社説だがなんだこれw

漫画作品だけに創作部分も多いだろうって、バカなの?
流石、頭狂新聞。
カリーはすべて真実って言ってるのに創作だと言って誤魔かすわけだな。

そんな事を言っておいて、舌の根も乾かぬうちに、こんなこと書いてるんだから呆れる↓

   >しかし、時間をかけた取材に基づく関係者の疑問や批判、主張まで
    「通説とは異なるから」と否定して、封じてしまっていいのだろうか


テメー、今さっき創作部分も多いだろうって言ってたじゃねーか。
カリーは一応これは2年かけた取材で事実って言ってるんだから、
これはカリーにとっては事実なんだよ、カリーにとってはだけどw
何なんだ?この鳥頭記事は。

結局はどっちもどっち論、表現の自由云々の話に論理のすり替えを行って、呆射脳カリヤを擁護して
責任問題をうやむやにした上に、反原発のプロパガンダを書き散らかしてるわけだ。
言っとくが鼻血が出るって事は急性放射線障害の症状であり、
この呆射脳ジジイは放射能が原因で鼻血が出ていて
今後福島には人は住めない、震災瓦礫の受け入れをした大阪のがれきを焼却した施設の近隣住民も
放射能が原因で鼻血が出ている住人が続出してると言い切ってしまったわけで、つまり大嘘こいてるわけで、急性放射線障害の定義だが、これ通説でもなんでもなく客観的な
事実であり現実であり世の中の定説だから。

しかも大阪の焼却施設周辺には民家なんか一つも無いというオチw
ネットで調べれば写真も載ってるので簡単に見つかる。
あの写真見て、正直ここまでウソが酷いと嗤えるわw

んでもって、こういう手合いは、いまだに天動説を唱えて、自分たちは正しい、地動説は異端だと言い張って自分の考えと違う人間を差別する馬鹿共と同じ理屈。
反論や意義の余地なんかないこの世の定理。
それをもしかしたらとか、個人が疑問に思ったからとか、主張するのは表現の自由だからと何言ってもいいとか
んなもん、許されるわけねーだろ、カス。
科学的根拠が無いものにどうやって賛同しろっていうんだ?
呆射脳ご用達頭狂新聞流石に斜め上過ぎて人間の読むものじゃないねw


そして、ハフィントンポストの記事も言い方は違うけど同じ手法。
ついでに言うと、このハフィントンポスト、朝日の傘下のウェブサイトだから。
朝日らしい、何言ってるかさっぱりわからん、読むと頭が悪くなる記事。

この映画監督頭おかしいわw
オメーの個人的意見の表明なんかどうでもいいことだから。
チラシの裏にでも書いてろ、キチガイ。

何が福島への愛情があふれてるだw
物は言いようだな、自分の映画の宣伝乙。
鼻血が出るって事は急性放射線障害だと何度(ry

低放射線でも被曝して鼻血が出るんだっていう事を言いたいらしいが、それでその人は死んだの?
で、そんな人がどこに何人いたの?

>鼻血は低い線量でも広範な粘膜が被ばくした場合は出ても不思議ではありません

あくまでも理論上はあり得るが、死ぬかどうか、癌になるか、白血病になるかどうかとは別問題の話だろうが、このカス。
こういうのを机上の空論というw
理屈はいいから、データを出せよ、データを。
しかもそのデータにおける信用性を裏付ける証拠やデータなどの2次的なものも必要。
まあ、出せないんだろうけど。

こうやって議論の中身のすり替えを行うのがホント、呆射脳テロリストは上手いな。
しかも最後の方、子供の甲状腺がんの話に議論がすり替わってるし。

100万人に1,2人と言われてる子供の甲状腺がんの比率だけど、あれもあくまでも計算上の比率だからね。
これこそ、あくまでも計算上そうなる、という通説なんだが、反日呆射脳馬鹿サヨクは自分の都合のいい説しか信じないし、聞く耳も持たないし検証もしようとしないからね。
自分の都合のいい通説だけを信じ、都合の悪いものは間違いと決めつける。

小児甲状腺がんの罹患率というのは、何らかの症状があったり、たまたま検査して見つかった人の割合であり、積極的にスクリーニングして得られた数値ではない。今回の福島県でのスクリーニングの数値と比較するのは、そもそも適切ではない。

思うんだけどさ。
大陸から飛んでくるPM2.5とか黄砂の方がよっぽど有害だと思うぞ。
普通に被曝するし、呼吸器系に入ると死ぬ可能性もある訳で、福島の原発事故以前からずっと汚染されてきたという事実もあるから。
あれも発がん性物質とか放射性物質含んでるから、あっちの方が危険だろ。

罹患率と強制的にスクリーニングしたデータをごっちゃにして、福島では小児甲状腺がんが30人だの50人だのって
サヨク共は騒いでるけど、当たり前だからね、そんなの。
確か福島以外の県でサンプル抜き取りのスクリーニングやって、福島と同等、もしくはそれ以上の小児がん患者の比率っていう事が発表されたって記憶してるけど。
特段福島だけが高いわけでもないというサンプルデータもあるのだがこの事は何で騒がないの?

スクリーニングしたデータは当たり前だけど、そりゃ数値は跳ね上がるわけで比較するデータが間違ってる。
100万人に1人どころの確率でないのは当たり前のことだし。
こうやって科学的根拠を捻じ曲げたり都合よく解釈して、危ないと煽るわけだw

で、話を戻すが、こいつの場合、
20ミリシーベルトでは基準値が高すぎる、年間1ミリシーベルト以下の被ばく量の押さえろとか言う山本太郎と同じ馬鹿なんだろ?
やっぱこいつも呆射脳だねw
宇宙飛行士や飛行機のパイロットはみんな癌か白血病になって死ぬのですね。
しかもコイツ、放射能で汚染された食べ物を出荷するな!って言ってるんだろ?
ん?という事は福島の食いものは全部アウトっていう事でいいんだね?

結局不買運動につながるという落ちですかw
もうオマエラには付き合いきれんわw
ツジツマ合わせくらいしてからカリーを擁護してやろうぜw
これじゃ援護射撃じゃなくて後ろから機銃掃射して味方撃ち殺してるのと同じだって事に、
気付かないんだろうねぇ~。
カリーや出版社サイドは検査を受けて安全が確認できた福島の食品は食べるべっきって言ってるがw

それにしても次から次へと売名行為かアタマがオカシイのか
呆射脳カリヤを擁護する呆射脳が湧いてるな↓

2ch 【美味しんぼ】 茂木健一郎氏「美味しんぼ」叩きに物申す「特別視する理由わからない」 [スポニチ]
一次ソース 茂木健一郎氏「美味しんぼ」叩きに物申す「特別視する理由わからない」

2ch 【芸能】伊集院光、「美味しんぼ」騒動で政治家に不信感露わ
一次ソース リアルライブ 伊集院光 「美味しんぼ」騒動から発展する「コミック規制」に危惧

2ch 【美味しんぼ】 「のどの調子が良くない」 前双葉町長の井戸川克隆氏
一次ソース 「被ばくしたからですよ」前双葉町長の人物像 「美味しんぼ」議論呼ぶ鼻血描写

もう、美味しんぼはキチガイホイホイと化してますなw
転載しきれないのでURLだけ貼っときます。

それにしても、前双葉町長 井戸川に至っては酷い。
今度はのどの調子が良くないですかw
もうじき言う事が無くなってくると、頭の調子がおかしいとか言い出しそうだけど、
それ、もとからだから。

脳みそメルトスルーしてる歩く風評被害の言う事なんか誰が聞くかよ。
どうせ高血圧かアレルギーで鼻のかみすぎで鼻炎になってるってのがオチなんだから
さっさと文句言ってないで病院行け。
ついでにアタマの方の病院も。カリーやそれを擁護する呆射脳ともど二度とシャバに出てこないように
隔離する必要があるな。

まあ、生きてても無駄な存在でしかないけどね。

クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】

頭狂23区外 ~終ワラヌ~ [DVD]頭狂23区外 ~終ワラヌ~ [DVD]
(2003/11/27)
衛藤美菜、木下あゆ美 他

商品詳細を見る


どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行 くりくり編 (角川文庫)どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行 くりくり編 (角川文庫)
(2004/07/24)
西原 理恵子、鴨志田 穣 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。