FC2ブログ

保守の劣化が止まらない~アタマの方の辻褄を合わせた方がいいのでは?~

読む前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【藤井聡】『国家のツジツマ』をあわせよう!

今日の日本では、実に様々な「改革」に関する議論が進められています。

先週お話した国立大学法人の「改革」のお話もそうですし、債権にかかわる「民法」の改革や、農協も含めた「農業改革」の議論も、今盛んに進められています。

こうした流れは、90年代の橋本内閣での行政改革、2000年代の小泉内閣での構造改革へと引き継がれ、現在でも、規制改革会議などで、「成長戦略」の一環として「岩盤規制」の改革が、様々に議論されています

今週は、「個別的な改革」についての具体的なお話は全て(!!)さておき、あくまでも、

「一般論」

としてお話いたしますが、こういう改革は、やればやるほど「合わなく」なってしまうものがあります。

それが、辻褄(ツジツマ)です。

そもそも、改革をしてツジツマを合わせるためには、古いものをすべて破壊して、新しいものにすべて作り変えることが必要です。そうでなければ、古いものと新しく出来上がったものとの間のツジツマが必ず合わなくなってしまうからです。

でも、それは土台無理な話。

なぜなら、究極的に言うなら、「改革をする人」それ自身を消去することはできない一方、その人物そのものは、「改革前の世界」で作りあげられたものだからです(その最たるものが、言葉、ですね)。

どれだけ頑張ったところで、旧体制の中で育った改革者それ自身は、その新しい世界それ自身に矛盾無くフィットすることができないのです。

そういう滑稽な姿は、例えば「改革好きの初老男子」に実に多い。

筆者もこれまでに、そんな「改革好きの初老男子」を山ほど見てまいりました。彼らは皆だいたいよく似た感じで、「改革だ!」といつも叫んでいるのですが、立ち居振る舞いは至って古風。だいたい、若い世代に「改革だ!」なんて威圧的にしゃべりまくるということ自体、旧体制そのものですよね(大笑)。

そしてさらにおぞましいのは、そんな「バカな改革付きの初老男子」に、気に入られようとする「バカな若造」もまた、今やもう、その辺にウジャウジャ生息しています。彼等は自分の頭で考えて「改革」を主張し出したのでは決して無く、「上司や世間からの良い評判」を得たいがためだけに、改革を叫びだした、典型的なおバカさんです。

いわば、受験勉強と同じノリで、言論や政治について意見を持ち出してしまう、というパターンです。ガッコの先生の言う通りにお勉強したように、世間一般で言われているエライ人達の言う通りに、政治や経済についてお勉強してしまう、というわけですね。

さて、そうやってお勉強してしまったおバカさん達が厄介なのは、そういう言説を、エライ人達の口まねをして、でまかせに、折に触れてその場の空気に合わせて話し続けている内に、その内容を心の底から信じ込んでしまう、っていうところです。

そうやって、彼自身、ツジツマ不在のメチャクチャワールドにどっぷりと浸かっていくわけです。。。。。。。

さて、そんな「改革をすればするほどにツジツマがあわなくなっていく。。。」姿を、現代日本有数の知性であられる、佐藤健志氏と中野剛志氏が、徹底的に対談されたのが、

『国家のツジツマ』
http://amzn.to/1gtlD64

という書籍です。

この本ほんっとに面白い(!)。

佐藤さんが『震災ゴジラ』や『僕たちは戦後史を知らない』で書いておられる、戦後日本人のおぞましくも屈折した潜在意識の形成物語を

「縦軸」

として、中野さんが『TPP亡国論』や『日本防衛論』などで描写された、アホでバカな現代日本の状況描写を

「横軸」

として、今日の日本では、あらゆるところでツジツマが合わなくなって「いる」という「今日の姿」と、あらゆるところでツジツマが合わなくなって「きた」という「歴史的経緯」が、実にツジツマが合う一本「筋」が通った形で描写されています。

そかも、この対談、折に触れて保守主義や自由主義を含めた実に多様な「思想」が踏まえられて展開されていますから、通すことがトンデもなく難しい、一本の細い細い我が国日本の「筋」が徐々に浮かび上がっていきます。

それはまるで、一本の「戯曲」です。

まずは、「ヨーロッパの近代」の「ツジツマの合わなさ」(英語では、インコヒーレンスincoherence)が語られ、

それが黒船と共にやってきて来たことで始められた「明治維新」の「ツジツマの合わなさ」が語られ、

そのなれの果てとして立ち至った「大東亜戦争」とその「その戦後の日本」の「ツジツマの合わなさ」が語られ、

そして最後に、それらを踏まえて展開されている「現代ニッポン」の超絶なレベルの「ツジツマの合わなさ」が語られていきます。

これだけの度重なるメチャクチャを繰り返した結果、今日のインコンヒーレンス(支離滅裂さ)たるや、もうメチャクチャなレベルに達しています。

「デフレ脱却が大事だ!」って一方で叫びながら、もう一方で、デフレ脱却の取り組みを真剣に訴える人々を貶め続け、挙げ句に、デフレを「促進」する取り組みにご執心なおバカなエコノミスト。

「保守」を売りにして、伝統が大事だって一方で叫びながら、あらゆる工作を駆使して影でこそこそ伝統をぶっつぶす改革をやろうとするバカ(もちろん、自分ではそれに気付いちゃいない)。

「伝統だ!」「国体だ!」などと叫びながら、そんな伝統や国体を破壊するバカを、徹底的に支持しようとするさらなるバカ(これももちろん、自分ではそれに気付いてない)。

こういう人々は皆、全くツジツマが合わなくなってるわけです。

そして、こんな「ツジツマの合わなさ」=「インコンヒーレンス」=「支離滅裂さ」によって、今、日本の社会は混乱し、弱者を中心に多くの国民の安寧と幸福、さらには生命までもが失われる一方、国際的地位は凋落し、そして、外国の経済的軍事的脅威に蹂躙されると同時に、巨大災害によって根底から破壊されようとしているわけです──。

こうして、この戯曲『国家のツジツマ』では、欧州における近代の誕生から今日に至るまでの歴史が、一幕一幕、「一貫」した「筋」が通る形で「ツジツマ・メチャクチャ物語」として語られ、それを通して、「今日のメッチャクチャな日本」が生まれ出でた歴史が明らかにされていくわけです。


そして、そのラストで、「この歴史を認識し、自分たち日本人の超絶な情けなさをマジマジと見つめ、認識し、さらには、その歴史の全てを受け入れよ。ただし、決してめげてはならない。謙虚に、かつ、誇り高く、毅然と日本の歴史を一歩一歩、重ねていくべし!」というメッセージが我々読者に投げかけられます(注:これは全て、本戯曲に対する筆者の勝手な解釈ですw)。

残念ながら、インコンヒーレントで支離滅裂な状況に、もう何年も何十年も身を捧げ続けた人生を歩まれている方々には、本書は受け止めがたいものでしょう。。。。したがって、そういう方は、本書を闇の底に隠蔽し続けたい衝動に駆られるでしょう。そしてそれ故に、本書や本書と同趣旨の指摘をする人々に、ツジツマの合わない誹謗中傷を、まるで動物園のゴリラが糞を投げつけるように投げつけ続けるでしょう。

が!

そんな末人達、畜群達のbull shit(牛の糞)は、本戯曲の登壇者二人には、全く届かないでしょう。手足のないウジムシがどれだけ肩や腕に降り積もろうとも、ササッと一降り、二降りすれば、全て払い飛ばされるだけですから(大笑)。

・・・

と言うような印象を、筆者は持ちましたが、お読みになった方は、どんなご感想を持たれましたでしょうか?

兎に角(!)、現代日本に生まれ落ちて生きている人間は、一度くらいは、「集団精神分析」の診断とも言える本書にお触れになっても良いのではないかと、ホンットに思います。

是非是非、皆様も、佐藤さん、中野さんの『国家のツジツマ』に一度お触れになってていただき、一度、ご自身と我が日本国家の「ツジツマ」をチェックなさってみてください(笑)。

では、また来週!

三橋メルマガ 2014.05.27



中野剛志と佐藤健志の共著「国家のツジツマ」なる、ふざけたタイトルの本が出た時も思ったのですが
このメールマガジンのタイトルを読んで自分はぶっ飛びましたね(笑)
藤井聡はプラグマティズムの作法と言う本を読んだ時から見切りをつけていたので
あまり重要視しない言論人だったのですが、今回の藤井聡のあまりにも酷い発言に呆れました。

皆さんはあまり記憶にないかもしれませんが、以前、藤井氏は選挙で投票する候補がいないという一般人の発言に対して
「そんな立候補者が気に入らないなら、じゃあ、自分が出ろ!」と
安倍事務所の職員と同じことを言っていたんですよね。
そして藤井氏に選挙にあなたが出ればいいじゃないかと、老人に言われた時は、
「私は政治家になれるような器ではございません」などとふざけた言い訳をしていた人物です。
自分は出る気も無いくせに、偉そうに人には選挙に出てから、そういうことを言え!とか、
説教垂れてた恥ずかしいクズです。

しかも、お前、安倍政権をあれだけ応援して内閣参与として取り立てられといて、
チャンネルYAKUZAなんかに来て、安倍政権の批判なんかするなよ、ゴミ、と言いたいところですが
まあ、この方プラグマティストですから、言う事がコロコロ変わるんですよね、常人では理解できないくらいにw
普通自分が勤務している、所属している組織の批判なんか公共の場、しかもテレビなんかに出て絶対しちゃいけません。
会社だったらクビですね、間違いなく。

不満タラタラ言いうなら直接組織に言えばいいことだし、それでダメなら、その組織が嫌なら辞めればいいんですから。
それが出来ないなら、黙って組織の言う事に従う。この2択しかないでしょうに。
組織の足を引っ張るような、損害を与えるような事をやれば
へたすれば、犯罪行為です。民間の場合。

それは、霞が関の組織の人間のくせに政府方針に従わない発言をしている中野も同様なのですが
それはさて置き、今回のメールマガジンのタイトル、国家のツジツマを合わせようなどと言っていますが
この方、これで西部先生の弟子なんですかね?何を西部先生から学んで来たのか分かりませんが

辻褄が合う、と、辻褄をあわせる、とでは
意味やニュアンスが全然違うという事が判って言ってるのでしょうか?


辞典で調べてみました。以下こんな感じです↓

・辻褄が合う
筋道がよく通る。理屈が合う。「二人の証言はまるで―・わない」

前後がきちんと合って,筋道が通る。 「話の-・わない」

論理的・筋が通る・正しい・整然と・系統だっている・整合性がある・論旨明快・(前後が)一致する・合う・一貫性がある・首尾一貫する・間然するところがない・説得力のある・もっともな・筋道だっている・(~と)符合する・(~の話と)符丁が合う・「不審な点はない」


・辻褄を合わせる

筋道が通るようにする。理屈を合わせる。「決算報告までに収支の―・せる」

辻褄を合わせるとは、話の筋道が通るように、もっともらしく合わせること。

(無理に)こじつける・牽強付会(けんきょうふかい)の・(その場を)つくろう・取りつくろう・ごまかす・当座しのぎを言う・ウソをつく・(見かけ上)整合性をもたせる・ボロを出さないよう~・苦肉の策としての~・「口裏を合わせてよね」・(~で)“帳尻”を合わせる

出典元
http://kotowaza-allguide.com/tu/tsujitsumawoawaseru.html
http://dictionary.infoseek.ne.jp/search/result?q=%E8%BE%BB%E8%A4%84&t=0&r=all
http://ruigo-tamatebako.jp/find/word/%E8%BE%BB%E8%A4%84/%E3%81%A4%E3%81%98%E3%81%A4%E3%81%BE


はっきり言うと、辻褄を合わせるって、いい意味ではなく、卑怯で狡い、もっと言えば、詭弁と同じようなものです。

こういうどっちとも取れる言葉を使ってペテンにかける、保守の言葉が信用されると思っているのかね?
西部先生のとなえる言葉の意味、語源を辿り、言葉を保守する保守思想家の弟子とは思えない
出来の悪い記事であり言説です。

西部先生も昔何年か前、学問のすゝめと言う番組で弟子の事を余り期待してないと
言ってたことを思い出しました。
まあ、この体たらくでは、期待する方が無理な話ですからね。

安倍事務所の職員と同じ暴言を吐いた藤井、
俺、言ったこと間違っててもデータが間違っていただけだから、責任なんか取らねーからと言い放った中野、
戦後からの脱却は戦前と戦後両方を肯定することだと言ったワケワカな佐藤、
リベラル保守とか言ってる週刊金正恩編集委員ウスラサヨク中島、

と、こうやって並べてみると、確かに自分も期待できるような人物ではなさそう、と思えます。

コイツラに言ってやりたいのは、国家のツジツマが~とかわめいてる前に
オマエラのアタマの回線のツジツマの方を何とかしたら?と、言ってやりたいですねw
自分自身が言ってる事への整合性、つまり自分たちの発言内容のツジツマさえ、とれてないじゃん、とね。

知識人の業と言うべきかあさましさと言うべきか、ここまで落ちるモノかと。
そういう出来もしない、苦し紛れのツジツマ合わせでなんとかしようだなんて
戦後日本人の悪しきクセである、ごまかし、現実逃避の一種ですね、佐藤ダイセンセーw
こういうのを言語の汚染と言うのですね、中野ダイセンセーw
思いっきりブーメランw

言葉の使い方として、こういう政治論や国家論の整合性を正す場合使う言葉って、
普通ツジツマを合わせるだなんて言わないし、不適切だと思える。
自分だったら、筋道を通すとか、正すとか、そういう言葉を使う。

こういう屁理屈をこねたりするのを、頭の良さを悪用しての悪知恵、奸知(奸智)と言うんだよね。
奸智術数を張り巡らすような、ろくでもない連中の言う事なんな自分は信用に値しない。
上念、倉山、水島、安倍の様なロイヤルストレートクズなんか論外としても、今回批判してる
表現者グループの知識人も、大分メッキがはがれてきた感があるな~と。

こんなこと言ってれば、ますます一般人は保守を見る目が冷やかになっていくだろう。
自分達がどんだけ馬鹿発言してるか気づいてないんだから。
テメーらの保身だけしか考えてない、もう単なるエゴイストにしか見えない。
社会ゴミと言われないようにせいぜい頑張るこったね。

昨今の保守言論界も地に堕ちたわえ。

クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】
「グズ病」が完全に治る本―スグやる!「言い訳」はしない生活へ! (知的生きかた文庫)「グズ病」が完全に治る本―スグやる!「言い訳」はしない生活へ! (知的生きかた文庫)
(2006/06)
S. ロバーツ

商品詳細を見る


クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)
(2013/02/19)
横槍 メンゴ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。