FC2ブログ

日本の伝統的共同体の考察と成り立ちにつて考えてみる その3      ~伝統的中間共同体の再評価と可能性~

読む前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



日本の伝統的共同体の考察と成り立ちにつて考えてみるの第3回である。
今回は伝統的中間共同体の再評価と、可能性についての考察である。

・日本の村の寄合的民主主義と伝統的共同体の再評価

反論として伝統的中間共同体でなくても、NPOなどの共同体ではだめなのか?
と言うものがあるが、本書では中野曰く、NPOでは教育や子育てはできない。
NPOで子育て、食事の支度、家族的なコミュニティができるわけがないというものである。

全くその通りで、大家族主義や伝統的共同体を悪とする新自由主義や左翼のものの考え方は
自立した個人を作る障害となっおり、自由な人間の流動性や合理性を阻害するものとして
叩いているが、家族も一つのコミュニティーであるし、その家族からなる親戚というもの、
(日本の伝統的共同体の考察と成り立ちにつて考えてみる その2で
述べている血縁関係も伝統的共同体の一つである)
血縁とういうものも伝統的な共同体の一つなのである。

NPO子づくりや子育てなどできるはずがない。
そもそも人工的に作られた中間共同体はお互いの利害関係を達成するための手段であり
(企業、会社、政治団体など)、地域に根差した活動ではないし、
家族を養ったり助け合い生活する場ではない。

それをぶっ壊して人工的なNPOや金を稼ぐための企業だけが残ればどうなるか?
結論を言えば、晩婚化は進むし、少子化ももっと進むだろう。
左翼の言う、自立した個人には家族という概念が無いのだから。

また新自由主義者の言う、企業のグローバル化を推進し、人、モノ、カネの流動性を高めるという事は
企業や会社と言う共同体を国家観や社会性という観点の繋がりをより一層希薄化させる。
より一層、バブル期まであった日本的経営と言う思想から遠ざかり
利害や合理化を進める共同体として、伝統的共同体の持つ協調性や公共性、秩序を破壊していくことになり
社会制度の混乱と不安定を招く。


また日本の民主主義は村の寄合がベースであると本書では述べている。
その点について日本はもっと評価すべきだと指摘している。

柴山氏曰く、
農協にしても商工会にしても、町内会にしても、その地域の仲間から信頼され
特や風格のある持ち主がリーダーになる。

これを自然的貴族(ナチュラル・アリストクラシー)と呼ぶのだが
こうやって地域のリーダーや代表が選ばれるというのは、
共同体が健全に機能している状態であり、民主主義の望ましい姿なのである。
と柴山氏は言っている。

リーダーや代表を選ぶ際、民主主義の理想は共同体の人間から信頼され、
推薦されて、持ち上げられてなるのが望ましい姿であるのだから、
昨今の選挙制度は理想からかけ離れた、惨めで愚かな制度と言うほかない。

自分から立候補し、その選挙区の住民から信頼もされてない信用や社会的地位も無い
どこの馬の骨かわからない人間が
人気や、プロパガンダ、政党の組織や看板だけで政治家や地方議員になるのだから
ロクな政治ができるはずもないのである。

自分から立候補する様な連中には、胡散臭さや不信が付きまとうし、そうならざるをえないだろう。
如実に昨今の政治力の低下は、伝統的な中間共同体の没落や機能の弱体化から来ていると言える。
人工的な共同体をいくら作ったところで、政治的不信や政治家への信用の低下は止められないし
政治家を育てることもできないので有能な人材は生まれない。

・伝統的な中間共同体の強さと厚さが
      その国の将来可能性のあるポテンシャルを秘めている


次に、

伝統的な中間共同体の強さや大きさが国家のポテンシャルの大きさに比例するという事である

日本は西ヨーロッパと並び伝統的な中間共同体がぶあつく、強い地域である。
それゆえに、文明開化をし、急速な近代化と発展を遂げられたのであるし、
戦後の復興と高度経済成長も一因として、伝統的な共同体が残っていたというのがある。

だが、左翼にしろ、新自由主義者にしろ、日本に残る伝統的な中間共同体の価値を評価もしない。
有権者も知識人も伝統的共同体をただひたすら壊してきたのだから、
日本が経済的にも政治的にも停滞し、行き詰るのは当然であろう。

日本の独自的な文化や価値観は、人工的な中間共同体からは生まれないし
グローバル化しようが自立した個を作ることを推し進めても、日本は世界では勝てない。

伝統的中間共同体の強化と拡大が、世界に通用する人間を作る場所になり
日本独自の世界に誇れる文化や価値観を作るのである。



・日本的感覚が理解できない自称保守や愛国者は
              左翼や新自由主義者同様に悪害である


最後に、

グローバリズムに毒された自称保守派は自己愛的に日本は素晴らしい国だ、
だから世界に打って出て、世界一になる、日本は勝つと御託を並べるが、
結局は勝つか負けるか、いくら儲けるか、儲からないか、というカネの話になる。


カネで物事すべてを解決しようというのは下品であり、そうあってはならない
というのが日本の保守の感覚である。
カネの話は人の前でするものではないというのは日本人の伝統的な良き習慣だったはずである。


少なくともこの理屈で行けば、昨今の知識人、例を挙げれば、三橋貴明や渡邊哲也の様な連中は
保守でもないし日本人的感覚からかけ離れた所にいる、ろくでもない連中であると言えよう。
本売れてます、ありがとうございます、とかテレビの前で、いけしゃあしゃあと言ってのける三橋、

儲けの話を本にして儲けることのどこが悪いと居直る渡邊。
少なくとも日本人的価値観があるとは思えない人間が日本の為、だのと称し
商売をしているのだから呆れる。
儲けた人間の利益から再分配し貧しい人間に分け与える
セーフティネットを作る様な社会が健全な社会らしい・・・。
渡邊曰く、儲けられない貧しい人間が不満を言うのはただの僻みらしいのである。

こういう連中には保守の思想は理解できないだろうし、(本人たちも保守ではないと言っている)
日本人的ではないのだから、こんな連中が愛国者的で所謂ネットウヨクと呼ばれる人たちや
自称保守派的な人間から認められているのだから世も末である。

そもそも、セーフティーネットなどと言うものを、必要としない社会を作る事が健全な社会ではないだろうか?
セーフティーネットに関しては、儲けた人間が貧しい人間に対して施しをあたえ儲けた側が
社会的に評価される社会という構図は、搾取する側が搾取されてる側に施しを与えるという構図であるから
奴隷制度に近い思想であり日本人的感覚ではない。
また、国民の間に金銭的な格差階級を容認する事が果たして日本的なのかも疑問である

西部邁氏も言っているが、セーフティーネットというのはサーカスの曲芸師が空中ブランコや綱渡りの時に
落下した時の為に張る安全装置であり、セーフティーネットがあっても
落下したら大怪我をすることがあるという事だ。

セーフティーネットを声高に叫ぶ連中はそんな危険極まりない事をすべての人間させて
競争しろ、儲けれない人間が悪い、などというのだろうか?
そんな素人が出来ない危険な行為をさせる社会が素晴らしい社会なのであろうか?

結論を言えば、セーフティーネットを張って競争する経済や社会構造がまともである訳もなく
それに挑んだほとんどの人間は、失敗し、大けがをするか下手をすれば死んでしまうという事で
ただ単に不幸な人間を大量に作り出すだけのバカげた行為だ。

こんな思想や考えが日本的美徳や習慣なのだろうか?
ただ単に思想的に、または知識の乏しい知的弱者や、現在の日本に対して鬱屈した不満を抱えた者へ
耳触りのよい心にもない事を言って、そそのかしカネを巻き上げているようにしか見えない。

少なくとも今挙げた知識人の例をとってみても、伝統的中間共同体の重要性というものを
理解していない者が、日本人的思想を語るのだから、たまったものではないと言える。

まるで出来の悪いポンチ絵を延々見せられるようなふざけた話である。
こういう輩は、新自由主義や左翼を批判してはいるが、どう見ても日本的ではない、つまり
本心を隠している偽善者だ。つまりはニセモノの愛国者を装っている連中だ。



これで〆るが、中野曰く、

保守とは知識とか価値観の優れたものは
          本質的にローカルなものだと考えるのである


と言っている

人前でカネの話をしたり、
格差階級を容認し、その弊害に対しての対処策として
セーフティーネットなどという欧米的な弱者救済の真似を公然と言ってのけ悦に入ってるような
日本的価値観を理解できない、知識人や自称保守派や愛国者が
真の愛国者で日本の伝統や共同体を保守する保守派である訳が無い

日本人ですらないのだから当然である。


以上 終わり

【関連記事】

・日本の伝統的共同体の考察と成り立ちにつて考えてみる その1
 ~国家と天皇 伝統的共同体を破壊する者たち~


・日本の伝統的共同体の考察と成り立ちにつて考えてみる その2
 ~社会主義の流派 2つの共同体 ゲマインシャフトとゲゼルシャフト~



クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。