FC2ブログ

池波正太郎の作品とその思想Ⅰ~池波作品のファンについて~

読む前にクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近は政治的な事柄の関心が薄れているので、文化論的な記事が多くなると思いますがご容赦を。

今回はここ最近池波作品を読んで考えていることについて、
散文的になると思いますがメモ代わりに書いていきたいと思います
今後随時思った事を書いていきます


では本題、



今年、池波正太郎の作品、剣客商売を読んでいて、
以前から気になっていた事だが、自分なりに色々と考えてみた。

池波は果たしてどんな思想の持主だろうか?という事である。
私自身、池波作品は鬼平犯科帳、剣客商売、仕掛人藤枝梅安とテレビで映像化されたものは
よく見てきた。

ここ数年、保守界隈の評論家や知識人の発言や左翼リベラル方面の人間を総合的に取り纏めていくと
次の様な事実が浮かび上がる。

・保守、右派系の知識人で池波作品いついてはあまり触れない。
 もしくは興味が無い事が見受けられる


・左翼系、リベラル系の知識人や文化人に
 異様に池波教とまで呼ばれる熱狂的なファンが多い


一番最初、この事で引っかかったのは、西部邁・佐高信の学問のすゝめを見ていてであった。
西部先生は熱狂的な池波ファンの佐高の話を聞いていたが、
余り池波作品には興味を示してないように見受けられた。

どちらかというと、西部先生は水戸黄門や大岡越前の様な何にも考えなくていい
単純な紋切り型の娯楽時代劇の方が好みのようで、話の内容もそれであった。

それに引きかえ、佐高の方は池波作品の時代劇を熱狂的に語る。
佐高自身は、どうも藤枝梅安が好みのようである。

また何年か後、判ったことであるが、池波作品のファンは鳥越俊太郎や石田衣良、檀ふみなど、
進歩的知識人の劣化版の様ないわゆるサヨクやリベラル的な思想の有名人にかなり信奉者がいるらしい。
鳥越も梅安が好きらしい。

私も池波作品は好きだが、映像化されたものの方が好みである。
原作を読んでみた感想としては確かに面白いが、自分の心の中で、どこか冷静な冷めている自分もあり
佐高や鳥越の様に作品にのめり込んで惑溺する、心酔する所まではいかなかった。

また、池波の作品の中では私は鬼平犯科帳か、剣客商売が一番好きであり、私の思想の中では近い存在である。
自分の中では梅安や、真田太平記は遠い存在である。
どうも左翼系の人間には仕掛人藤枝梅安はのめり込むほどの魅力があるらしい。

逆に池波のエッセイは読みたくないと鳥越自身は語っている
(作者の考えに基づく余計な情報が入ってきて作品を純粋に楽しめないから、だそうである)

私が池波の剣客商売を読んでいて感じた感覚や直覚は福田恆存の演劇論に出てくる
醒めて踊れ的な状態とはこのことを言うのだなと実感した
池波信者と呼ばれる熱狂的なファンは確かに心酔し、池波作品を何度も読み返し
作品を内容を熟知しているかもしれない。だが熱狂心酔は裏を返せば、盲目的になっているという事であり、

池波の意図した考えや作品の内容を深く理解してないともいえる。
彼らは冷静に判断する醒めている自分が無いのだから。

精神が熱狂と惑溺、心酔と没入してしまってる状態で、その作品の本質や、そこから広がる思想が捉えることが
出来ようはずもない。
感動屋には物事の本質はわからない。感覚が動いている状態でどうして深い洞察が出来ようか。

今書いた部分は、演劇論と同じでこの事に関しては、小林秀雄も同じような事を言っている
どうも左翼系の人種は、物語というフィクションに溺れ、熱狂と心酔の中に身を置き、現実や事実の境界を
引く行為が出来ず、分別できない傾向がある
己のあこがれる世界へ惑溺し、理想を現実化しようと夢を見続けている。と言うほかあるまいと私は思う。

池波正太郎の江戸料理長と言う番組を見ていた時、ゲストである元警視総監が
自信満々に鬼平の舞台である、あの当時の江戸時代は、治安が悪く
犯罪が頻発し、、、と発言していて私は見ていて少し呆れてしまったし、やはり熱狂的な熱に浮かされた
所謂ファンと言うものは、事実がここまで見えていないものかと思ってしまったのでる

実際鬼平の生きた松平定信が老中であった江戸後期、江戸の治安が
テレビドラマや小説で描かれてるような火付けや殺人強盗、暗殺が頻発する様な荒廃した江戸と言うのは
事実とは異なる。

実際は非常に治安が良く、一年に殺人事件が数件も起きないほどの治安の良さであり
連続殺人などが起ころうものなら、江戸の街はその話で大騒ぎになるほどの治安の良さであったとされている

事実として言うのなら鬼平こと長谷川平蔵宣以が解決した事件は
葵小僧の捕縛と処刑、盗賊神稲徳次郎一味の捕縛くらいが事実としては有名であり私は他は知らない

小説で描かれている事件のほとんどは作者池波正太郎の創作である。
または長谷川平蔵が行った政策は人足寄場を作ったことであろう。

つまり、鬼平の生きた時代の江戸は今の東京とは比較にならないほど治安が良かったという事であり
この番組ゲストに出た元警視総監の認識は正確ではない。
池波の創作に絡め取られてしまってい、事実と空想の線引きがごっちゃになっているのだ。

という事もあり、池波ファンは池波の思想や考えを誤読、もしくは事実と創作を混同し誤った解釈
をしているのではないか?と言う疑問が私の心の中で生じたのである。
そういう事もあり今後不定期ではあるが池波論や池波の思想について今後書いていこうと思う。

私の様な醒めてる目線で池波作品を楽しむ者が
一ファンと言うべきかどうか分からないが、中村吉右衛門さんの演じる鬼平犯科帳の長谷川平蔵が
凄く魅力的であり好きだ。
たぶん池波の作品というものは役者が演じ、脚本家が筋書きを構成し、映像となって初めて
その魅力や美しさ、精神が反映されるような気がするのである。

池波の文章は端的でわかり易い文章である。
そして情景描写、生活感(食や風俗、季節感)などを重視する。
この文化的描写が池波作品の骨格であると感じるのである。
役者が役を演じ、客や視聴者がそれを見るという時点で、その作品は作家から手を離れる。

役者が変われば雰囲気も変わる。客の層や見る視聴者のレベルによっても反応は変わる。
これが文章による文学作品と演劇による劇という芸術の違いでもあるのだと私は思うのだ。


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】
鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)
(2000/04)
池波 正太郎

商品詳細を見る


剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
(2002/09)
池波 正太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

「平蔵の首」
こんにちは!
yasuさんは時代小説や時代劇にも詳しいんですね。
私はあまり(というよりほぼまったく)時代小説を読んだことはないんですが、今、池波正太郎さんの「鬼平」の挿絵を描いていた人(現在も102才でご健在で仕事もしている!)の息子である、直木賞作家の逢坂剛が「鬼平」の続編(?)を書いていて、賛否両論、話題になっているようですね。「平蔵の首」と近刊の「平蔵狩り」ですか。
私は、逢坂剛は好きな作家だったんですが、年をとって今は駄作を連発するようになって10年以上前にお別れしたので読んでいないんですが……。
無駄話失礼しました~。
  • 2014/07/15 15:08
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: 「平蔵の首」
>万次さん

コメントありがとうございます!

小説とかは読む方ではないですが池波作品は読みましたね。
どちらかというと、中村吉右衛門さんの鬼平が大好きで、時間があれば繰り返し見てる感じですかね。

なので、多分、そこそこは池波フリークとでもいうべきか。自分で言うのもなんですが・・・(笑)
池波作品、今度はエッセイでも読んでみようかな~と思っていますが時間が無いです(^^;

作家逢坂剛の父親があの池波作品の挿絵を描いてる中一弥だというのは
池波の番組、池波正太郎の江戸料理帳というスカパーでやってる番組で知ったんです。
いまだにご健在なんですからすごいですよね。

平蔵の首、なんか評価はイマイチのようですが、個人的には池波自身がやり残した
鬼平犯科帳を誰かが意思を引き継いで完結させてほしいんですよね。
新しい表現とか池波とは違う鬼平とか、じゃなくて。

時間があったら平蔵の首、読んでみたいですが、話を聞いてると、駄作が多いという事なので
う~ん、どうしようかと思ってしまいます(^^;
今掛け持ちで6冊くらい読んでるので今読んでるのが読み終わって書評もかけたら読んでみようかな~。

  • 2014/07/16 12:08
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
Re: 絶対に諦めないでください。
> 誰かに聞いてほしくてこうして書いています。
> 子供を大学にいかせてあげることもできない親でした。
> でも、衝撃的なものを知りました。
> 苦しかった生活が一変しました。
> すぐにお金持ちになれる方法あります。
> 本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
> emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
> メールしてくれた人だけにすごい秘密を教えます。


関係ないコメントを連続で送ってきているので
荒らしとしてIPを晒しておきます

IPアドレス 27.228.49.210

ホスト名 u549210.xgsnun301.imtp.tachikawa.mopera.net

発信元 東京都
  • 2014/07/17 08:06
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
鬼平のドラマ版
yasuさん、どうもです!
駄コメにレスありがとうございます。
健在の親父がスカパーの「時代劇専門チャンネル」に入っていて、一緒に昔の『鬼平犯科帳』『剣客商売』を観ることも実は結構あるんです。吉右衛門さんいいですよね~。江戸訛りの台詞回しがしびれます。
『暴れん坊将軍』や(BSでやっている)『長七郎江戸日記』などフォーマットの決まっている番組もそれはそれでいいんですが、池波作品の方が自分も一緒に楽しめる感じですね。先が読みにくいというか……。
『暴れん坊』や『長七郎』だと、まあ『水戸黄門』と一緒で、「田舎から母親が訪ねてくるけど自分が偉いと嘘の手紙を書いていたから協力してくれ、わかった、いやでも母親は最初から気付いていましたよ」パターンとか(笑)、「悪さをしてしまったけど改心しましたよ、でもそういう人はもっと悪党に途中で斬られて殺されますよ」パターンとか(笑)類型があって先が読めちゃうんですよね。決め台詞がいい、とかそういうのはあるんですが。
逢坂剛のお父さんのことご存じでしたか~。逢坂剛は、『カディスの赤い星』を筆頭としたスペインものとか岡坂神策シリーズとか超絶な傑作も多いんですけどね。氏の時代小説は他の(「重蔵始末」とかかな?)も読んでいないので評価できないんです。ただ、それ以外の最近作で”読んだものは”出来が悪くて(苦笑)。昔は「良き書き手が良き読み手である希有な例だ」と多方面から賞賛されていた作家ではありますが。
私も池波作品読んでみようかなあ。
  • 2014/07/18 20:32
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: 鬼平のドラマ版
>万次さん

返信ありがとうございます(^^♪

うちの母親なんかは、暴れん坊将軍なんかは見るんですけど
私は、池波作品が主で、やっぱり、水戸黄門や暴れん坊は紋切り型なんですよね(^^;
まあ肩ひじ張らずに見れるのはいいんですけど。

吉右衛門さんには長生きしていただいて、一本でも多くの鬼平作品を残してほしいです。
年一度程度の特別編のスペシャルが楽しみで仕方無いです。
あれだけ作り込まれた、ストーリーや人物描写、風景や情緒にこだわった作品は剣客と鬼平くらいですからね。

鬼平とかの場合、ストーリーの先がパターン化されてないというのもありますが、外連味や江戸の粋といった
文化面も緻密に描いている点が話に厚みを持たせていて、
一筋縄ではいかない面白い物語になっているのだと思います

剣客はやっぱり藤田まこと版の方が良かったとしみじみ。
どうも北大路欣也版の剣客は北大路さんが若すぎますね、顔が(笑)
もっと老けた小兵衛が観たいし、大治郎役の斎藤工はダメですね、剣客って感じじゃないですから。

もうちょっと、キャスティングを何とかしてくれと言いたいです。

逢坂氏の作品、ちょっと読んでみようかな~。
歴史小説や時代小説はそこそこ読むので。
その前に今読んでる、小林秀雄を読み終えないとちょっと今は時間が無いできついです
読むの遅いんで・・・(-_-;)
  • 2014/07/18 21:40
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
吉右衛門さんと藤田まことさん!
食いついてすみません(笑)。
>吉右衛門さんには長生きしていただいて、一本でも多くの鬼平作品を残してほしいです。

ですね。本当に。そして、これ!

>剣客はやっぱり藤田まこと版の方が良かったとしみじみ。

まったく仰るとおりです!
北大路さんはおそらく演技は巧い役者だとは思うんですが、藤田まことさん版が強烈に焼き付いていてハマリ役でしたからね~。
息子役が途中で変わりましたけど、藤田さんが亡くなったときに共演した俳優・女優の方々が口々に「プロ意識が強くて厳しい方だった」とコメントしてらしたのと関係あるんでしょうかね。確か最初は渡部篤郎がやっていたと思うんですが。個人的にはどちらも違和感ないですけど。藤田まことさんが亡くなってしまったのが惜しまれますね。
  • 2014/07/18 22:02
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: 吉右衛門さんと藤田まことさん!
>万次さん

いえいえ、こちらこそ、池波作品談義に食いついていただき光栄であります(笑)
やっぱり平成版の中村吉右衛門さんの鬼平と藤田まこと版の剣客が
映像化された鬼平と剣客では最高の出来だと思いますね。

昔のものは確かに名優が演じていますが、映像美やストーリーは結構雑ですからね。
原作に一番近く、それでいて映像美や、劇としての面白さも追求した凝った作りの脚本と
三拍子そろったのは今の吉右衛門さんの鬼平と藤田まこと版の剣客だと思います。

藤田さんにはもっと長生きしてほしかったな~と。
本当ならTBS系のドラマ JINの新門辰五郎役も確か藤田さんだったのが
降板になったのですから残念でなりませんね。

中村敦夫もまあいいんですけど(^^;

大治郎役の渡部篤郎と山口馬木也さんはどちらも上手いですね。
私も違和感なく見れましたよ。
雰囲気のある渡部大治郎、立ち回りの上手さと豪快さが光る山口大治郎、どちらもいい。

少なくともあのくらいのレベルの役者が
大治郎やってくれれば北大路版の剣客も少しは良くなると思うのですが・・・。
田沼意次の平幹二郎さんと田沼家側用人生島役の故真田健一郎さんが自分は渋くて好きでした(^^♪
  • 2014/07/18 23:01
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
こんにちは
こんにちは初めまして、土佐守と申します。

池波正太郎さんこそ真の保守ですよね^^

池波正太郎さんは、昭和天皇陛下のことを

「最高に英邁な君主」だと自著で絶賛していました。

アホで無知な作家には絶対に言えないことではないでしょうか?

昭和天皇陛下に対する態度で、

その人間がアホな奴か良識ある人間かわかります。

鳥越や佐高らの低脳左翼どもは池波さんの本質を

少しも理解していないんでしょうね。
Re: こんにちは
>土佐守 さん

コメントありがとうございます

 >池波正太郎さんこそ真の保守ですよね^^

  池波正太郎さんは、昭和天皇陛下のことを

  「最高に英邁な君主」だと自著で絶賛していました。


う~ん、これはちょっと早計だと思いますね。
天皇陛下の事を肯定している、崇拝してるから保守、という事にはならないので。
西部邁先生曰く、そういう(自分の周りに寄ってくる人間性について)人間が寄ってくる要因は
自分(西部先生自身の体験談から)にそういう気質や素養があるから寄ってくるのだ、と言っています。

戦後の思想は左翼と右翼つまり、保守と革新が入れ替わっているねじれ状態ですから解説が難しくなります

自分も剣客商売を読んでいて、結構ひっかかった点があるので、
そういう事も含め今後ゆっくりと池波の思想を考察していきたいと思っています

でも言えるのは、佐高や鳥越は池波を誤読してるとしか言いようがないくらいの酷い解釈です
連中のようなウスラサヨクはただ単に、自分のイデオロギーの肯定材料としてしか、みてない傾向が強いので
ああいう馬鹿な解釈になるのだと思っています。
鳥越が、池波のエッセイは読みたくない、と語っているのは実はヒントなんです。

また私は剣客や鬼平が好きで、
梅安や真田太平記は遠い存在と語っているのも池波の思想を考える上でのヒントになっています
まあ、今後書いていくので、気長にお待ちください。

どうもコメントいただきありがとうございます。
  • 2014/07/22 20:39
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。