是々非々論の乱用は身を滅ぼす~反プラグマティズムの作法~

読む前にクリックをお願いします
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここ最近、山賊板においても、保守界隈においても、是々非々で物事を考えろ、とか、プラグマティズムが必要
だとか言う、連中が増殖している。はっきり言いうが、
自分は是々非々論の乱用と昨今の風潮を見て思っていて、プラグマティズムが日本人に足りないから、
プラグマティックに物事を考えよう、と言うのには原則反対である。

いい例が、山賊スレでも話題になっている、三橋批判派といわゆる擁護派との論争、
安倍信者と反安倍派との論争は典型的である。
そのせいで、掲示板がかなり荒れていて以前よりも有用な情報や考え方が減った。

私自身は三橋に対しては批判派ではなく存在価値自体否定なので、ようは論外と言う立場だ。
表現者系の知識人であっても、藤井聡や中島岳志は論外なので私は
あんなものにはシンパシーを抱いてはない。

またWJFと言うブログが山賊スレで暴れまわってるようだが、
(そのWJFというブログ自体、私の中では論外の思想なので一年以上見ていないかったというのもあるが)
山賊スレで盛り上がっているので久々にWJFのブログを読んでみたが
あのブログは単なるサヨクの工作ブログだと思っているので今後も関わるつもりはない。

言ってる保守論は滅茶苦茶であるし、単なる全体主義に誘導しようとする危険なブログでしかない。
反原発と言ってる時点でお察し、なのである。

私の考え方は減点方式のスクリーニングのような形で人間の利用価値を品定めする。
私の価値判断で行けばWJFは害悪でしかないと言っておこう。
では本題に入ります。




・根本的に違う欧米キリスト教文化圏と日本文化圏



藤井聡がプラグマティズムの作法と言う本において、日本人には、
プラグマティズムが足りないのだ、と語っていますが、

私はプラググマティズムというものは己の思想や考え方が
ある程度確立していて、福田恆存のいう所の精神の型、小林秀雄のいう所の生き方だと言ってるように
己の思想や考え方、人生観や美意識などが確立していないと使ってはならない思想だと考えている。

そもそもプラグマティズムというものは欧米で確立されたイデオロギーであり、つまり、絶対主義的な
キリスト教文化圏で、できた思想である。

そもそもなぜ、キリスト教文化圏である欧米でプラグマティズムと言う思想が確立されたかと言うと
キリスト教的な思想は絶対主義的な一神教であり、基本的に二元論的思考であいまいさを許さない。

19世紀末から20世紀にかけて近代が進むと、
実存主義の概念が提示され、思想的にも文化的にも窒息状態になって身動きが取れない状態、
つまり閉塞からの打開、と言う意味でプラグマティズムというものが必然的に生まれたと私は思っている。
つまり、欧米キリスト教文化圏には必要な思想なのである。

それに引きかえ、日本はどうだろうか?
八百万の神に代表される日本古来の神道思想は多神教であるし、仏教も多神教的思想で
キリスト教的な善悪二元論を展開する様な教義ではない。
だから基本的に日本はあいまいな部分が多い、ゆるい文化圏であり、いわゆる相対主義的な文化圏なのである。

西洋欧米人にはプラグマティズムは必要であった、と言うのは納得できる。
融通の利かない、白黒がはっきりとした思想文化圏であるのだから、日本文化圏とは比べ物にならない位
息苦しい社会であり思想形態だったのだろうと想像できる。

それに引きかえ日本の文化圏はそもそも、プラグマティズムなど必要ないくらいの相対主義的傾向が強い
文化圏であり、そもそも欧米と日本を同列に捉え、日本にはプラグマティズムが足りないだのと言う暴論には
到底賛同できない。

日本には昔から臨機応変、という言葉もあるように、解釈とごまかし、あいまいさを重視する
十分にプラグマティックな文化圏なのである。
私から言わせれば日本にはプラグマティズムが足りないのではなく、プラグマティズムの過剰と乱用の方が
問題視されるべきであると言えよう。




・是々非々論とプラグマティズムの危険性と問題点



では、是々非々論とプラグマティズムの危険性と問題点について述べたいと思う

まず是々非々論の乱用は己の立脚点を見失う危険を孕んでいる。
是々非々で物事を考える事のどこが悪いか?それは究極的には己自身が考えなくなるという事だ。
つまり思考停止である。是々非々とは他者の意見に同調、己の意見の正当性を他者に求める行為である。

己の主張や考えに正当性を与える為に、つまり自己の主張への不安から逃れる為の行為の一つであり
また、己の判断が間違った時の自己保身、言い逃れの為のレトリックの一つである。
そして、自己の思想を見つめる事から逃げた極めて消極的かつ思想的怠慢である。
自己反証を繰り返し、自らの考えを言挙げしなければ自己の思想や直観は磨かれることはない。

自分自身が正しいと思う考えを述べるのに誰の気兼ねがあろうか。
己の正しいと思った事を覚悟を決めて述べればよいだけの事だ。
己の思想が確立してない、自信が無く、覚悟の無い人間が
えてして是々非々論を乱用するものと昔から相場は決まっている。

そして、昔からことわざや格言と言うものには、対をなす言葉があるものだ。
是々非々があると同時に、一事が万事と言う格言がある。
一つのことを見れば、他のすべてのことが推測できるということ。また
一つの小さなことに見られる傾向が、他のすべてのことに現れるということだ。

是々非々論者はその逆であり、小さな違和感や異常性には目を瞑り、気に留めない傾向がある。
これは観察力の怠慢であり、注意力の欠如といっても良い。
小林秀雄曰く、常識のわからない者は日常の暮らしにおける注意力が足りない、
常識とは社会生活における塩であると言っている。

常識に根差した価値判断は言葉や理屈では言い表せない。
直観とは日々の生活における注意力、観察力、洞察力から来るものだ。是々非々論を振り回す者にはこの
この能力を磨く行為を怠っている為、常識による直観が理解できない。また同じ過ちを繰り返す。

そして自分たちの選択した行為を是々非々と称し
あたかも責任の無いようにふるまい誤魔化しているだけなのである。

つまり、ダメなものにいくら縋りついても、所詮はダメであり、例えるなら三橋の様に間違いやミスリードを
何回も犯す人間はまた同じ過ちを犯すのである。しかも己の間違いに対しまったく責任をとろうとしない。
常識的感覚があるのなら、こういう人間にはいくら期待しても無駄である、と思うのが普通だ。

また、経済関連で有用な知識人であろうが、いまだに安倍政権の倒閣はしないが
政策は批判すると言ってるのだから、全く説得力が無い。

水島と言ってる事は大差ないのだ。それを三橋は経済関連で有用な人材だからと称し
是々非々論で擁護している連中の気がしれない。
その都度、場所に応じて三橋は発言を変えているようだが、そういう人間はそもそも信用できない人間である。

武田信玄の言った名言に、同じ質問を三度して同じ答えが返ってこない人間は嘘つきであるという名言があるが
上念や倉山はもとより、三橋や渡邊も同類である。

つまりこういう変節漢や、陰口をたたいたり、嘘をつくダメな人間の論に是々非々論を適用する事は、
単なる日和見主義の価値相対化でしかない。結論を言えば左翼の手口と何ら変わりないのである

是々非々論は常識がある、またそれを理解している人間にしか通用しないのだ。
常識的直覚が理解できない精神薄弱の人間には適用するべきではない。
それは是々非々の乱用につながるのだ。



それでは今度はプラグマティズムに対しての危険性と問題点を述べる

そもそも、プラグマティズムとは日本語で道具主義である。
道具主義つまりはこのイデオロギーは相対主義的な思想であり、保守思想からは遠い思想だ。
保守は物事の価値には何らかの形で優劣があると考えるからだ。

また、プラグマティズムは本来、最初に述べたように、実存主義への克服、挑戦的思想である。
だが、このプラグマティズムを絶対化したり、もしくは間違って受け入れる、
はたまた、己の主とした思想を持たない流行や気分に流される大衆にとっては毒でしかないのである。

西部邁先生が著書 「どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由」においてこう述べている



「どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由」
P61ページ 革命という妄語、空語、虚語より


ところがアメリカという実験国家では科学信仰が健在であり続けました
正確には、チャールズ・パースのような科学哲学者が
プラグマティズム(実践主義)を提唱して、
科学の仮説(の前提)はプラグマ(実践)のなかで
形成し直されていくものであることを考察しておりました

つまり、
科学の前提をなすアキシオム(公理)もポスチュレート(公準)もアサムプション(仮定)も
さほど確実なものではありえないということです。

しかし、このプラグマティズムとて、
たとえばジョン・デューイなどによって「実用性の哲学」に変質させられ
「社会に役立つ科学」が尊ばれました。結局のところアメリカのプラグマティズムは、
アメリカン・デモクラシーによって支持されるような実用性の基準に基づいて科学を発展させる、
というプラクティカリズム(実際主義)へ堕ちていったのでした。

その実用主義のせいで科学の精神は技術礼賛の思想へと貶められていきました・・・。




つまりは、藤井聡の提唱するプラグマティズム(道具主義)というものは
行きつく先は、人を道具のように扱う、徹底した合理主義、つまり竹中の様な
コウゾウカイカクを叫ぶ連中の思想に行きつくという事を西部先生は言っているのだ。

己の思想が確立していないバカや(例を挙げると安倍)合理主義者や新自由主義者が
このプラグマティズムを使えば破滅を招く悪害にしかならないという事である。
道徳心が欠如している人間はこの思想を悪用するからである。

そもそも、このプラグマティズムは日本の場合、左翼がこの主義を多用し主張したのが始まりである。
最初に日本にこの思想を持ち込んだのは左翼だというのだから皮肉なものである。
この思想は諸刃の剣であり、使い手が取り扱いを間違えればとんでもない事態に陥る
危険な思想である。

上念や倉山、今の安倍政権のやり口がまさにそうである。
言葉の技術礼賛、つまりは言葉のテクニックに人を謀ろうとする詭弁と理屈の悪用である

プラグマティズムは精神の堕落と腐敗を招く可能性がある危険思想であり、
保守を志す者ならば、この扱い難い未知の技術礼賛に嵌まり込む危険性のある
革新的な思想に手を染める事はマイケル・オークショットが言う
見知らぬものよりも慣れ親しんだものを好むこと、という保守の概念から外れるのである。

結論を言えば、藤井聡の様な研鑽を詰み、己の思想を持っている人間ならいざ知らず
勉強不足の安倍や日本の政治家、戦後左翼、そして大衆が扱える代物ではない。
そんな思想を包括的投網をかけるが如く、
日本人にはプラグマティズムが足りないと言った藤井聡は余りにも思慮が足りなかったと言わざるを得ない


この思想を扱う資格がある者は、地に足をつけ、
己の精神の型を磨き続ける者だけに扱える思想であるというほかないと私は考えるのである
自己鍛錬は日々の暮らしの中の生活に注意を払い、洞察力と観察力を磨くことだ。

今の保守派、もとより今の日本人にはプラグマティズムを扱うだけの美意識と道徳が
圧倒的に欠けているのだから、昨今の保守の混乱、政治の欺瞞は当然の結果である。
美意識と道徳の中にプラグマティズムを扱うための判断基準があるのだ。
幼稚な現代日本人に扱える代物ではないのである。

どんな思想も万能ではない。
人間の無謬性などはありはしないのだから
どんな思想や考えにも懐疑と反証が必要であるのは言うまでもあるまい。


クリックしてくれると励みになります
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連商品】
どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由
(2012/12/26)
西部 邁

商品詳細を見る


小林秀雄全作品〈23〉考えるヒント〈上〉小林秀雄全作品〈23〉考えるヒント〈上〉
(2004/08)
小林 秀雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

WJFが「反原発」というのは水島がばらまいていたデマですが、WJFプログのどこに「反原発」などという主張を確認されたのですか?

ソースを確認するというのは、知的作業を行う上で最も基本的な所作ですが、その所作を守らない方に、他人の「思想」の善し悪しを云々する資格はないと思いますが、いかがですか?
  • 2014/07/23 10:57
  • WJF
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
> WJFが「反原発」というのは水島がばらまいていたデマですが、WJFプログのどこに「反原発」などという主張を確認されたのですか?
>
> ソースを確認するというのは、知的作業を行う上で最も基本的な所作ですが、その所作を守らない方に、他人の「思想」の善し悪しを云々する資格はないと思いますが、いかがですか?

あなたのブログを読んでみて確信した次第です。
ここのブログは原発には否定的であるのだな、と感じるほかないでしょう。


事実と幻想という記事で放射能汚染10年間予想なる動画も張り付けてありますが
だから何?って感じです。
で、あなたは原発問題に対してのスタンスは表明しないで、ああいう動画を紹介して
不安をあおるだけ。あからさま、意識的にやっていると思われても仕方ないですね。

しかも2014年7月21日の記事 「保守」の殻を破れにおいて

保守の世界に入っていくプロセスを箇条書きしていますが
その6において

>保守」の人間は、憲法改正、集団的自衛権行使容認、特定秘密保護法案、
 原発推進に賛成すべきであるという、既成の模範解答(ドグマ)を刷り込まれ、
 それ以外の考え方は「左翼」として一切タブー視される。

何故原発推進がダメなんですか?
私は保守であろうと思っているのでこの記事でも引用している通りマイケル・オークショットが言う
見知らぬものよりも慣れ親しんだものを好むことという考えに従えば、原発事故が起きたからといって
原発廃絶を訴えるのは今現状慣れ親しんできたものを急進的に変えようとする行為であり
結局は革新でしかないという事です

今まで恩恵にあずかってきた原発というものを事故が起こったからといって
廃絶だの、脱原発だの、反原発だの、卒原発だのと言い方を変えては原子力を否定する
そんな事を声高らかに叫ぶ連中は保守ではなく阿呆としか言いようがない、といっているだけです。

あなた自身立場を表明せず、こういう言葉やレトリックをを使うのはなるほど洗脳なのかと
自分は思った次第です。
そもそもあなたの信者だと山賊スレで言われるのは迷惑なので私は記事で表明しただけ。
あなたがそう思うのなら勝手に自分のブログで好きな事を言っていればいいのではないでしょうか。
私も自分のブログで好きな事を自分の為に書いてるので。

あなたは保守の殻を破るとか、言っていますが、保守とは型を重視する思想です
もうすでにそんなこと言ってる時点で自分はとしてはアウトです。
保守の殻を破り、ただの日本人に戻りましょうですか・・・。

そもそも日本人の定義って何ですか?
日本人論ををやるならもっと深く突っ込んでもらえないと読んでいてもさっぱりわかりません。
それに、二元性を批判し多元性を持ち上げていますがこれって、二元論と多元論という単なる
二極対立で結局は二元論を批判しながら二元論に基づいて論理展開しているだけでしょう。

私には得るものがあなたのブログには感じられないので、読まないだけ。
小林秀雄がいう所の直覚主義に近い考え方なので。
水島のデマ云々で言っているわけではないのであしからず。
  • 2014/07/23 15:34
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
WJFさんは、「wondrousjapanforever」つまり「素晴らしき日本よ永遠に」ということですよね。
私はこれに反対です。現在の――どころではないのですが――日本が「素晴らしい」とは露ほども思っていないから、したがってそれを「永遠に」などとは到底思えないからですが、それと同時に、西部さんの

>「自分の国を愛するというのは、自分の国が素晴らしいから、文化が素晴らしいから愛するということではないんです。だったら、ひどい国、どうしようもない時代に生まれた人間は、愛国心を持てないのか、ということになります」(記憶による大意)

という考えに賛成だからでもあります。
「歴史の成功例を挙げて褒め称えるだけではなく失敗例からも学ぶ」という姿勢が重要なのだと思っています。
  • 2014/07/23 19:36
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>万次さん

コメントありがとうございます

やっぱ西部先生、凄いですね。
櫻井よしこや竹田恒泰の様に日本素晴らしい論はどうも違和感があると思っていましたし
言われてみれば確かにそうですよね。

素晴らしい国だからとか素晴らしい文化があるから愛国心が生まれるわけではないですからね。
空間的な今現在だけを見るのではなく、時間的な視点が確かに保守思想には必要です。

西部先生は常々、死者の民主主義とも言ってますしね。
やっぱり時間軸で見る歴史を心の偏見を取り除き客観的に見ようとする行為はやはり必要だと感じます
我が心、秤の如しとはよく言ったものですが、冷静に物事を見るというのはやっぱ難しいものですね(^^;
  • 2014/07/23 19:58
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
yasuさん、どうもです!

>櫻井よしこや竹田恒泰の様に日本素晴らしい論はどうも違和感があると思っていました

同じくです(笑)。
極々例外的な一例、二例を取りあげて褒めそやすテレ東系日経新聞提供番組なんて、ついつい見ちゃってころっといかれそうになる自分もいるんですけどね(^^;;。やばいやばい、騙されるな、気を付けろ、といつも自分に言いきかせています。
ああいうのはグローバリズム礼賛に可愛い化粧をさせただけですからね。
「平衡感覚」「死者の民主主義」――大事にしたいですね。
  • 2014/07/23 20:07
  • 万次
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>万次さん

竹田恒泰なんか結構支持者多いんでしょ?
ああいうのに騙されちゃう人結構いるんですね。
ポジティブな事を並べ立てて読者をいい気分にさせる麻薬的要素がありますからね(笑)

精神の平衡感覚を保つってかなり難しい。
西部先生の語る言葉は保守思想の金言ですね(^^♪



942番へ

イデオロギー全否定するのは三橋や茂木健一郎と変わんないよ
そう言うの虚無主義っていうイデオロギーだから

山賊の皆さんへ

言葉汚いのは、あくまでもネタだからw

2ちゃんROM専なので滅多に書き込みません
書き込む時はコテハンで書き込みますので。

今後もぼちぼち見させていただきます
お見知りおきを。
  • 2014/07/23 21:02
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
「反原発」というのは、通常、原発を直ちに廃止しろなどといった極端な主張を掲げる人たちのことではありませんか?

私は、そのような主張を掲げたことはありません。

率直に言えば、福島原発の事故を受けて、「地震国日本で、原発はうんざりだ」という感情をを抱いています。

かといって、原発を直ちに廃止しろなどと述べたことはありません。

しかし、原発に対してネガティブな感情を抱いただけで、それだけで「反原発」だの「サヨク」だののカテゴリーに括られなきゃならないんですか?

とすると、原発が、大好きで、大好きでたまらないという特殊な嗜好をもたなければ、日本人は「反原発」というレッテルから免れないということになりますよね?

その意味で言ったら、日本人のほとんどは「反原発」の「サヨク」になってしまうではありませんか。

原発が、好きで、好きでたまらない日本人なんか、どこにいるんですか?

原発に賛成している人たちも、嫌だけど、必要悪として受け入れているだけじゃないんですか?
  • 2014/07/23 22:05
  • WJF
  • URL
  • Edit
万次さん
「すばらしき日本よ永遠なれ」

は、私が偶然YouTubeで用いたアカウント名WondrouslJapanForeverに由来する言葉であり、もともとは、深い意味があるわけではありません。名前の由来については下に記してあります。

http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

この文字列に含まれている意味を説明させていただくと。

"Japan"が固有名詞ですあることにご留意ください。とすると、Wondrousという形容詞は、限定的にではなく、非制限的な意味で用いられていることになります。

May Japan, which seems wondrous to me, be forever.

つまり、「すばらしい日本」と「すばらしくない日本」があって、そのなかの「すばらしい日本」が永遠に続いてほしいという意味ではなく、

「日本、それは私の目にすばらしいものとして映っているが、どうか永遠につづきますように」という意味です。

さらに、修飾語句を取り除けば、ただ、単純に、

May Japan be forever.
「日本という国が永遠につづきますように」

という意味になります。

つまり、日本という国が、他国やグローバリズムに呑み込まれる事なく、いつまでも残ってほしいという、ただそれだけの意味にすぎません。
  • 2014/07/23 22:21
  • WJF
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>JWFさん

そもそも戦後の人間は殆どの人間は薄められた戦後の左翼思想の中で育ってきてるのですから
影響を受けているのは当たり前。
中野剛志曰く、一億層右傾化ではない、今現在の日本人のマインドは一億層左翼化なんだよって言ってますけど?
自分も左翼なのかもしれない、大衆なのかもしれないと懐疑しる事は必要ですよ。
自分も常に自問自答していますよ。

反原発だろうが脱原発だろうが結局は今まで恩恵を受けていたのに
手のひらを反して、もう原発はうんざりだなんて言うのは卑怯極まりないでしょう。
それが日本人の美徳ですか?

私が生まれる前から原発は動いていましたが、原発を導入する際、その当時の日本人が
リスクを含めて原子力という技術に手を染めたのに、利益だけ享受します、だけどリスクは嫌だ、
などという思想はガキの思想だという事を言いたいのです。

つまり戦後日本人は思慮深さや覚悟というものが足りないんです。
決断したからには利益もリスクも黙って引き受けるのが大人の所業でしょう。
原子力という技術に欠陥があるなら克服する努力をする、つまり漸進主義的に進むしかない訳です

左翼の様に嫌だからなくすべき、無い方が良いという反動的に戻ろうとするのは無理があります
時間は絶えず流れ続けますから後戻りなんかできないんです。

そういう大人の所業が出来ず、無いものねだりで戦後暴れまわってきたのが左翼です。
原発が好きだとか嫌いだとかで判断するから間違ってると言いたいんです
好き嫌い、損得と、日本人の思想は感情的に流される傾向が強すぎます。

だから簡単に原発も導入したんでしょう、当時の日本人は。
保守思想は技術信仰には距離を置く思想です。ですが受け入れて馴染んだものを安易に捨て去らないという
現状をいか維持しながら漸進するかというのも保守の要諦です。

脱原発したとしてもまた新たな問題が起こるでしょう。
原発に代わる自然エネルギーなどに変えたことによる問題、
雇用の問題、原子力技術の問題と想像できない危機がまた引き起こされると考えるのが普通です

私は新しいものを追い求めても問題解決なんかにはならないと言ってるのです
そういうイタチごっこの新しいものを自分の都合で追い求めていく行為こそ、
革新であり左翼思想そのものではないですか。

原子力という抜き差しならない技術に手を染めたからには進むも地獄、引き返すも地獄なのだという
事を理解しない限り、いくら話して折り合いはつかないと思います
  • 2014/07/23 23:11
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
>反原発だろうが脱原発だろうが結局は今まで恩恵を受けていたのに
>手のひらを反して、もう原発はうんざりだなんて言うのは卑怯極まりないでしょう。
>それが日本人の美徳ですか?

ふーん。

原発が大好きにならないと、「サヨク」なんですか。

あなたの話を敷衍すると、一旦世の中の誰かが決めて既成事実となったもので、その既成事実からわずかでも恩恵にあずかれば、(世の中で決められた制度や仕組みは、多かれ少なかれ何らかの形で国民は恩恵にあずかるようにできています)、それらのものを、日本人は、ただひたすら感謝して甘受すべきであり、一切の忌避感情をもってはならないということになりますよね。

とすると、

消費税増税が既成事実となる。
TPPが既成事実となる。
道州制が既成事実となる。

これらのものは、今後、ネガティブな影響とともに、国民生活になんらかの恩恵をももたらすわけですが、そうした場合、国民は、それらの国家が確定した既成制度に対して、一切の忌避感情を抱いてはならず、唯々諾々と受け入れなくてはならない。

わずかでも忌避感情を抱けば、その時点で「お前はサヨク」だ。

そういうことになりますが、ナンセンスだと思われませんか?
  • 2014/07/23 23:30
  • WJF
  • URL
  • Edit
>反原発だろうが脱原発だろうが結局は今まで恩恵を受けていたのに
>手のひらを反して、もう原発はうんざりだなんて言うのは卑怯極まりないでしょう。
>それが日本人の美徳ですか?

移民にしても同じ。

原発と同様に、ネガティブな影響とともに、日本人はその恩恵にもあずかるでしょう。

しかし、一旦受け入れた移民に対して私たちが忌避感情を抱いただけで、

「そういう大人の所業が出来ず、無いものねだりで戦後暴れまわってきた左翼」

というレッテルを貼られるわけですね?

なんだそりゃ。
  • 2014/07/23 23:41
  • WJF
  • URL
  • Edit
>決断したからには利益もリスクも黙って引き受けるのが大人の所業でしょう。

私の生まれる以前に、私の知らないどこかで、おそらくは現在の安倍政権が消費税増税やTPPや移民受け入れを決定しているのと同じ、アメリカの圧力の元での意思決定のプロセスを通して確定したものに対して、「決断したんだから黙って受け入れろ」といわれても納得はできません。

そのような理屈が成り立つなら、繰り返しますが、TPPも、消費税増税も、移民も、一旦既成事実となった段階で、私たちは何一つ異議申し立てをしてはならないということになってしまいます。

エネルギー安全保障の側面から、原発が必要であるという主張も理解しています。だから、即座に原発を廃止しろなどという極論は私は申しあげておりません。

しかし、日本人の情として、代替エネルギーが開発された暁には、二度と放射能に汚されることのない国土を取り戻したいと願うのが自然な情なのではないでしょうか。

福島でたくさんの人たちが、故郷を失った。その事態を目の当たりにしても、原発を誉め称えなければ「お前はサヨクだ」などという暴論は全く受け入れがたいものです。
  • 2014/07/24 00:01
  • WJF
  • URL
  • Edit
冷戦が終結して四半世紀が立つにも関わらず、いまだに、「左翼」「右翼」だのという言葉を振りかざしていること自体がおかしいと私は考えています。

従来の「保守」概念と、本来あるべき「保守」概念
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
二つの「保守」
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-392.html
グローバリズムと「二・一」構造
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-393.html
多元的保守思想の復興
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-408.html
ものごとは二元性を超えた場所にある
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
  • 2014/07/24 00:18
  • WJF
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
>WJFさん

遂に論点をずらしてきましたね♪

私は原発の技術に関して話していたんですがそういう詭弁を吐くという時点で当ブログの規定に抵触しますので
アウトとさせていただきます


意見が合わないならスルーしてもらうというのが当ブログの規定なので

禁止処置をとらせていただきます

しつこく書き込むようならIPも晒しますのでよろしく

ではあとの相手は解放区の山賊さんお願いしますねw
山賊のペットなんですから面倒見ないとだめですよwww
  • 2014/07/24 00:23
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
Re: 援助してもらえて本当に助かりました。
> たくさんの人に教えたくて、こうして書きます。
> 母子家庭で1歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
> そんなとき、たまたま知り合った人が教えてくれました。
> 苦しかった生活が一変しました。
> すぐにお金持ちになれる方法あります。
> 冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
> 知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
> 連絡してくれた人だけに、すごい秘密を教えます。

荒らしのためIP晒しておきます

IPアドレス 1.77.161.128
ホスト名 u1561128.xgsnun1.imtp.tachikawa.mopera.net
発信元 東京都
ISP NTTDoCoMo
  • 2014/07/28 06:38
  • 自称保守派の 毒舌アジテーターyasu
  • URL
この世のすべては相対性の海の中に存在し、百人いれば百通りの真実が存在する。相対主義は全てを無限ループの嵐に巻き込む。相対主義者が勝つことはない、だが負けることもない。

X.Aは相対的である
Y.Xは相対的である
Z.Yは相対的である
P.Zは相対的である



このように、全ては無限ループに巻き込まれ語り得ない。1+1=5だって正しいとも間違いとも言えないのだ。
  • 2015/03/25 17:35
  • 全ては相対的である!
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。