ホリエモン 朝生でのマジキチ発言に対して記者会見インタビューでまたも馬鹿丸出しの持論を展開。尖閣問題で政治空白が生じることを危惧などという詭弁。政治空白を生じさせない為なら国家は滅びてもいいのかと問いたい。あまりにも単細胞、バカ、倒錯した思考回路、拝金主義の愚かしさ。今回のホリエモン発言騒動を考察する。

「感情的なナショナリズムでは議論にならない」 ホリエモン 『朝生』出演者を批判

            40

フリーランス・雑誌・ネットメディアの有志らが「自由な言論の場」を作ることを目的として設立した「自由報道協会(仮)」は2011年2月7日、堀江貴文氏(元ライブドア社長)への共同インタビューを開催。インターネットメディアなどがこの模様を取材し、報道した。インタビューで堀江氏は、テレビ番組『朝まで生テレビ』での中国に関する発言がネット上で物議を醸している件について「尖閣諸島問題で政治的空白が生じては、差し迫って重要な課題に対処できなくなる」と語った。

 堀江氏は、2011年2月4日放送のテレビ朝日系『朝まで生テレビ』で、「中国や北朝鮮が日本に攻めてくるわけがない。何のために攻めてくるのか」と発言。これに、評論家の金美齢氏は「北朝鮮は暴発することがあるし、中国は現に台湾を飲み込もうとしている」と反論した。

 また、「尖閣諸島を明け渡しちゃえばいいじゃない。何か問題ありますか」という堀江氏の発言には、慶應義塾大学講師の竹田恒泰氏が「いくらでもありますよ。国土が侵されることですから」とすかさず反論。他の出演者からも「現実主義の堀江さんにしては認識が甘いな」、「あまりにも知らなさ過ぎるよ」と堀江氏の認識不足を指摘する声があがった。

■ 「尖閣問題で政治空白が生じることを危惧」

 堀江氏の一連の発言はTwitterなどインターネット上で話題となり、その主張に賛同する声があがる一方、国防・安全保障といった観点から批判的なコメントも数多く見られた。

 これらに対し、堀江氏は自由報道協会が開催した共同インタビューで自身の考えを改めて明かした。「自由報道協会」事務局暫定代表でジャーナリストの上杉隆氏は、開会の挨拶を終えた直後に、『朝まで生テレビ』での発言について質問。堀江氏の尖閣諸島に対する認識を問うと、堀江氏は「一番危惧しているのは、尖閣諸島問題で政治的空白が生じ差し迫って重要な課題に対処できなくなること」と、この問題が政治を混乱させていると指摘し、尖閣諸島に固執していては国益を損なうと強調した。

 また「現実問題、中国が沖縄を占領したら国際世論は黙っていないだろうし、中国も他の国と取引が困難になり経済的に立ち行かなくなる」と、コストを考えれば中国による侵略は現実的ではないという持論を展開した。『朝まで生テレビ』で討論した出演者に対しては、「感情的なナショナリズムみたいなところに完全にいっちゃってる人も多いので、まあ議論にならなかった」と、語気を荒げた。

堀江貴文氏 共同インタビュー(主催:「自由報道協会(仮)」設立準備委員会)
ガジェット通信http://getnews.jp/archives/97957



  41
  ※またもやバカな精神構造を自ら晒しているマジキチ ホリエモンこと堀江貴文

何だかんだで一番感情的になっているのはコイツ自身だと思うのだが(嗤)
3日も経ってノコノコインタビューなんかに応えて、またもやバカを晒すとは想像以上に頭がおかしいな。

coffeeさんのブログ 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現2011/02/10の記事に詳しい事が書かれているので参照されたし。
coffeeさんのブログで大体詳しい事は書かれているのだが、自分はこういう人間の精神構造や思考の展開の仕方に興味がある。
そしてもう一つは、ホリエモンの発言に対しての輿論の反応とホリエモンを信奉、肯定する人間の精神構造の特徴である。
単純にバカだから、拝金主義だからとかカネ儲けの事しか考えていない単なるポジショントークだから中身が無いなど、そう言ってしまえば簡単だがこういう精神構造になる理由や人間性がすごく興味がある。
自分にとっては良き観察対象であり人間観察、人間の思想構造を研究するには持って来いのサンプルなのだ(笑)

インタビュー動画の一部をこちらにもアップしておく↓
         

●拝金主義というバカなイデオロギーに嵌る人たちの精神構造と思考の特徴について

今回の件で感じた事はホリエモンをはじめ、この手の考えに嵌り込む連中には物事を考える時、自分から考えて
如何こうするのではなく話相手の発言に反応に対して発言するという非常に受け身的な思考であると言う事だ。
今回の朝生の議論を見ていてもわかるが自分からは絶対に問題提起をして何個かのパターンを提示するなり
思考のパターンを何通りか考え、暫定的であっても明確な答えを出すと言う工程を議論を見ていて感じない。

まず答えありきでプロセスをすっ飛ばして考えてしまう為、論理を組み立てると言う事をしない。だからと言って感性で動いているのではなく、あくまでも周りの雰囲気に反応して動く後付けの論理であると言う事。
だからであろうが、ホリエモンをはじめとして拝金主義を信奉する様なトレーダーや起業家など(全部がそうとは言わないが)は相手の考えの方向性、または社会全体のマインド、つまりは何となく社会全体を覆っている雰囲気や空気感を読んで商売やカネ儲けを考えるので上手くいくと言う事であろう。つまりはものづくりの能力は全くなく、今の現状であるものを利用して社会全体の間隙を縫うと言う隙間商売の様な事しかできない。
だから自分では物事を考えて論理を構築するという能力は極めて低く、論理的な説得力という部分が今回の議論やインタビューでもまったく感じられないのはその為だ。

つまるところ、唯物史観的な思考が強くあいまいさを認めない。思考すると言う事に極めて怠惰でありまず答えありきで論理を組み立てて行動に移すので必ず他者との軋轢や論理破綻を生む。既成としてある理論から論理を構築していくと言う初歩的な事も理解できないもしくは既成の理論の矛盾や限界、誤謬というものが判っていない人間がそれを元の論理を構築するので破綻を生むと言う事が解からない人種が拝金主義に陥りやすいと考えられる

つまりは勉強不足や認識的な情報の不足、物事の正確な捉え方の能力極めて低い人間が陥りやすいと考えられないだろうか。
だから動画の発言を聞いていれば判るとおり、その場の雰囲気がつまらないだの、なんかそんな話になってみたいな傍観者的客観論からで本人にも関係している事だという意識が全くない。
保守派の皆さんならわかると思うが、自分という存在が今どこの共同体に所属し生活しているかを考えれば実生活からいっても、自分が所属している共同体(国家)日本国に対して侵略する可能性がある国が隣にあると言う事はゆゆしき事態で危機であるという認識になるのは自明の理であると言えよう。
簡単だが総括すると、
つまり客観と主観のバランスが極めて歪な精神構造であり、感性も他者より劣るので何を言いたいかを感覚でも感じとる事が出来ない。また道徳性つまりは社会的もしくは共同体的なコモンセンス(常識)が低い人間または軽視した人間であるよ言えよう。だから朝生の議論の時でも竹田さんが発言している時も馬鹿にするように笑っていたのはそのせいだ。法律やカネ、会社と目に見えるものしか重視しない人間であると言え、歴史に基づく習慣や風習、言葉や歴史に基づく法律の様に明文化されないコモンセンス(常識)、もっと言えばグッドセンス(良識)が人間の社会構造の大きなファクターであると言う事が解かっていない人間だと定義できるのではないか

また時間があったら拝金主義についての考察をしてみたいと思うが今日はここまでという事で(笑)

ところでネット上でいろいろとホリエモンの事を馬鹿エモンだのブタエモンだのアホエモンと言っているが違うだろうと。

ホリエモンの今後の愛称はホリエモン改め、








 市中引き回しの上、打ち首獄門だろうと(嗤)



今後の愛称はホリエモン改め打ち首獄門という事でwww






立春も過ぎて春も近づいてきたせいか、

41
と思う人も思わない人も、
読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連書籍】
阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)
(1953/10/05)
グリンメルスハウゼン

商品詳細を見る

ほんまにオレはアホやろか (新潮文庫)ほんまにオレはアホやろか (新潮文庫)
(2002/07)
水木 しげる

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。