企業も家庭も 夏の停電回避は困難。東日本は電力不足で停電の危機は避けられない。そんな状態でも反核、反原発、脱原発を叫ぶ連中はキチガイ。この期に乗じて政治利用の為におためごかしの反原発を叫ぶみっともない頭の悪いキチガイサヨク。クリーンエネルギーへの変換などを言っても不可能。原子力の代わりにはならない。21世紀から22世紀にかけて繋ぎの発電手段としては原子力は必要な発電手段ノ巻

企業も家庭も 夏の停電回避、3つのハードル

2011/4/9 1:24 情報元 日本経済新聞 電子版

政府は8日の電力需給緊急対策本部で夏の電力需給対策を決定し、東京電力による計画停電(輪番停電)の原則終了を宣言した。工場など大口需要家に対しては規制も使って使用最大電力の25%削減を求める。4月末をメドに対策の詳細を決めるが、どこまで実効性を確保できるか、夏場の停電回避へ綱渡りが続く。

日本経済新聞 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481
E2EAE2E79F8DE2EAE2E6E0E2E3E39797E3E2E2E2


電力削減、企業の対応には限界も


政府が8日、電力需給緊急対策を打ち出したことで、首都圏や東北に拠点を置く大手企業は、夏の電力を大幅に削減することを迫られる。交代で生産拠点を稼働させたり、自家発電装置を増やすなど様々な対策を検討するが、25%削減のハードルは極めて高い。
 8日、経済産業省から節電要請を受けた日本自動車工業会では業界別に輪番操業を実施して消費電力を効率的に抑制する案を軸に検討している。今後、政府や日本経団連などを通じて他の業界にも協力を呼びかけていく考えだ。
 牛乳やヨーグルトなどを生産する森永乳業は7月ごろまでに、中核拠点の東京多摩工場(東京都東大和市)で停電時に自家発電で電力を供給できる仕組みを作る。
 25%程度の削減が見込めるのは現段階ではごくわずか。イトーヨーカ堂は看板やネオンサインの消灯、売り場内のスポットライトの削減に加え、空調の設定温度を見直すことで、昨年に比べて25%程度の削減が可能という。一方、オフィスビルなどを運営する三菱地所は、ビルに入居するテナント企業に一層の節電を要請する以外に抜本的な解決策を打ち出すのは難しいと見る。
 金融界では大手銀行が3月末からATMの一部停止や営業時間の短縮に踏みきったが、一段の対策が不可欠な状況だ。三菱東京UFJ銀行やりそな銀行は東京の本社機能の一部を大阪や名古屋に移す案を検討中。カード会社でもクレディセゾンが都内コールセンターの一部業務を大阪に移せるか検討している。

日本経済新聞 http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E2EAE2E
6878DE2EAE2E6E0E2E3E39797E3E2E2E2;bm=96958A9C93819481
E2EAE2E79F8DE2EAE2E6E0E2E3E39797E3E2E2E2


東北電力、夏に最大110万世帯分の電力不足も

東北電力は、東日本大震災で太平洋沿岸の原子力、火力発電所の運転が停止しているため、今夏、最大330万キロ・ワットの電力不足を生じる可能性があるとの試算を発表した。


 110万世帯分の電力需要に相当する。東北電は北海道電力から電力を購入するなどして不足分を補う考えだ。

 東北電によると、夏に予想される電力需要は、被害が順調に復旧した場合で1380万キロ・ワット、復旧が遅れた場合でも1300万キロ・ワットとなる見込み。昨夏並みの猛暑となれば、冷房需要で100万キロ・ワットの上積みも見込まれる。対する供給能力は、停止中の発電所の再開を合わせても1150万キロ・ワットにとどまる。

 東北電は、ディーゼル発電機の新設なども検討するとし、計画停電の余地も残す意向を示した。利用者には節電への協力を呼びかけていくという。

(2011年4月9日10時17分 読売新聞)

読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110409-OYT1T00249.htm



これらの記事を読めば判るとおり、いくら一般家庭が節電しても限界がある事が判る。
また、企業の工場の生産での電気使用を制限と言っているが、あくまでも緊急避難的な対策であり、こんな事をずっと続ければ日本経済に悪影響を及ぼすだけだ。
この状態が続けば経済の活力は失われ失業者が増えるのは言うまでもなく明らかだ。
こんな切迫した事態であるというのに、反核、反原発、脱原発などと叫ぶ九条信者でもあるキチガイド低能ヘタレ左翼どもはこの期に乗じて騒ぎまくっている。

そうでなくても、反原発とか言ってる連中はもしも自分の考えが正しいと思うなら今すぐすべての電気と工業製品を使うのをやめろ。
さんざん電気の恩恵にあずかってきておいて、原子力は危ないのでやめろというなら、まずは自分達が電気の無い生活をしてからものを言えJK
反原発などとふざけた事を言ってる工作員らしき連中が2ちゃんねるの掲示板にもいるが、だったらそんな掲示板に書き込むPCの電気が無駄だ(笑)
そんな事も出来ないのにすべての原発を今すぐ停止しろとか狂ってるとしか言いようがない。

原子力が危ない事は百も承知で使ってるのが当たり前の話で、危ないから使うなと言うなら自動車だって年間約一万人が亡くなっているのだから危ないので自動車には乗るなと言う話になる。
ガスにしたって爆発する可能性があるから使わないとかいうのか?
水にしたって溺れる可能性があるから使わないと言うのか?
火は燃えるから危ないので使わないと言うのか?

普通に考えてありえない。
こういう例えを出すと、論理のすり替えとか馬鹿な事を言うやつがいるが、すり替えというならまず電気を使わない生活をしてからモノを言えJk

原子力が危ないものでリスクが高いものであるという事は自分は承知の上で言っている。
そのリスクを引き受ける覚悟が無いなら電気なんか使うな。
原子力に変わる大量に発電できる安定した電力は風力や地熱、太陽光では不可能だ。
バイオマスエネルギーや廃材を利用した発電は北欧で行われているが原子力発電の100分の一以下の発電能力が限界で大量に作る事はやはり不可能。

次世代エネルギーであるメタンハイドレートや核融合何度の発電には、まだ数十年から半世紀は最低でもかかるだろう。
その間のエネルギー供給源としての原子力は必ず日本に必要である。

今回の震災で問題になったのは
危機に対する認識の甘さ、対策の不備であり、東電や保安院、政府の隠ぺい体質や危機対応能力の無さが問題であり、津波に対する対策があまりにも甘かったという事だ

自分は原発推進派ではないが現状では日本には絶対必要。必然性の点からは賛成、危険性の点からは反対と言うのが原発に対する自分の考えだ。
原発は今後減らしていくのならその分、メタンハイドレートや核融合などを主力のエネルギー源として使っていく事を考えていかねばならないし、
その資源を確保する為と安全保障、国防上は核武装が必要だから原発は最小限必要と言う考えだ。
今の原発の数は安全保障上においても維持できないだろうから今後代替できる資源による発電に切り替わればそのつど減らすべきだと感じる。

青山繁晴氏のこの動画が参考になる↓


この青山氏の論点を踏まえた上で、各発電手法による問題点をあげると、

火力発電

石油やガスを大量に使う。石油資源が枯渇する可能性があるのでこの資源に依存する事は危ない。
この資源の争奪が先の第二次世界大戦が起こった要因の一つであるという事を忘れてはならない。
石油の価格も高騰しており、火力発電からの脱却は必須である。

水力発電

自然破壊が酷い。日本の場合、相当数のダムを建設した為、もう建設できる場所が殆ど無い。
今後の伸びしろも少ない発電手段。
水不足や洪水、渇水などの災害を起こす引き金にもなる。

地熱発電

発電できる場所が限られる。
広大な土地を必要としてコストも高い。日本の様な狭い国土で日本の様に電気を消費する国では発電能力が追いつかない。

風力発電
低周波振動による健康被害が大きい。動画での青山氏の説明通り。
メンテナンスも大変でその為の道路設置が必要となり、森林破壊が進む。日本の国土の景観にも合わない。
風が吹かなければ電気が作れないので安定供給は出来ない。

太陽光発電

晴れの日以外は電力供給が出来ない。夜も発電できない。
雨の日や曇りの日は停電になる事必須。安定的に電力供給は出来ない。
コストが原子力の数十倍。電気料が飛躍的に上がる、と言うか払えないくらい高い金額になるので
現状では実用的ではない。

バイオマスや廃材を利用したエネルギー

バイオマスの場合、エネルギー源はトウモロコシなどだが、農作物が不作だったりした場合は発電できる資源が無くなる。
廃材を発電に使う方法は北欧で行われているが1万kw程度の発電が限界。
日本では全然電力が足りない。

こうやって見ると、原子力に変わる代替エネルギー供給源は今の所ない。
今後の可能性がある発電方法はメタンハイドレートや核融合による発電だろう。
代替エネルギーが見つかるまでの間はどうしても原子力は必要になってくる。
だが、緑の党の様な左翼連中や日本の場合は捨民党などの売国政党はそんなことお構いなしに原発反対を喚いているのには、呆れるばかりだ。
単なる政治利用としてこの問題を引き合いに出そうとする捨民党は即刻解党して首を吊った方が良い。
どうせ民主党同様、あと先の事など考えていない売国政党だ。

それと今回のお粗末な原発問題の対応で日本の原子力エネルギー政策の信頼性を大きく傷をつけた保安院と東電幹部、そして最高責任機関でもある政府の対応には反吐が出る。
コイツら全員、市中引き回しの上打ち首獄門にしても足りないレベルだ。
地震が起こったのは天災だが、この後の対応の最悪さは人災であるという事をしっかりと認識しなければいけない。

反原発を言ってる連中って、
37
と思う人も思わない人も、
読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連書籍】

緑のアホ汁 (SANSAI COMICS)緑のアホ汁 (SANSAI COMICS)
(2005/03)
ピョコタン

商品詳細を見る


バカにつける薬 (双葉文庫)バカにつける薬 (双葉文庫)
(1996/07)
呉 智英

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。