FC2ブログ

菅降ろしの号砲鳴る 民主党 統一地方選大敗!動き出した小沢派 民主党消滅へのカウントダウンが始まった。

菅降ろしの号砲鳴る 岡田氏に責任論 民主低迷で野党「震災休戦は終わった」

2011.4.11 03:02

民主党が政権与党として初めて挑んだ統一地方選前半戦は、岡田克也幹事長のおひざ元の三重県をはじめ自民党との対決型となった3知事選で敗北するなど、昨年の参院選以来続く退潮傾向に歯止めをかけることができなかった。岡田氏は東日本大震災への対応に追われたことを「言い訳」にしたが、菅直人首相に「ノー」が突き付けられたことを意味する。「菅降ろし」の号砲が鳴った。

 「候補者の擁立が十分ではなかった。与党になった以上、もう少しチャレンジしてもらいたかった」

 岡田氏は11日未明、記者団から敗因を問われると、人ごとのように語った。東京電力福島第1原発事故に対する新聞各紙の政権批判も響いたとみているようで、「投票日に厳しい記事を書かれ、そういった認識が有権者の中にあった」とぼやいた。

 だが、三重県は岡田氏の地元であるとともに、衆院の県内5小選挙区のうち4つを占め、参院の2議席も民主党が独占する「民主王国」。石井一民主党選挙対策委員長も「勝てた戦いを落とした」と認めた。

 岡田氏は「党勢を立て直すために努力する」と続投の意向を示したが、党内からは岡田氏の辞任を求める声が出ている。小沢一郎元代表の側近の奥村展三衆院議員は「岡田氏の責任は重い。執行部の党運営に地方組織が違和感を覚え、足並みが乱れた」と批判した。

首相や岡田氏は震災対応を優先することで、責任論への発展を回避しようとしてきた。だが、相次ぐ混乱はかえって政権担当能力の欠如を浮き彫りにした。首相が自ら仕掛けた「大連立」も2度にわたって頓挫し、各地で自民党と戦う候補者に冷水を浴びせた。

 野党側は「震災休戦は終わった」(自民党幹部)と倒閣に動きだそうとしており、11日以降の国会の雲行きも怪しくなった。

 「このままで18日の参院予算委員会の集中審議を乗り切れるのか心配だ」

 首相や閣僚らによる勉強会終了後、与党幹部の1人は懸念を示した。勝利に勢いづく自民党が、原発事故での首相の責任を追及してくることは確実なためだ。

 首相退陣をめぐるヤマ場は平成23年度第1次補正予算案が成立する予定の5月の連休前後にまず迎える。そして、最大のヤマ場は6月22日の会期末を前に、自民党など野党側が内閣不信任案と参院での首相問責決議案を提出するときだ。

 衆院では民主党が多数を占めているが、党内から造反が出る可能性もある。問責決議案は、野党が過半数を占める参院で可決される見通し。原発事故は収束しておらず、首相が衆院解散に踏み切ることは事実上不可能だ。同決議案に法的拘束力はないが、首相は総辞職するかの「重大な決断」を迫られる。

 民主、自民両党では「その時」を見据えた動きがすでに始まっている。

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110411/stt11041103020001-n2.htm



小沢氏「菅降ろし」でゴーサインか 小沢派決起へ

2011.4.11 03:00

「むごい…」

 統一地方選での民主党の相次ぐ敗北を知らされた小沢一郎元代表の側近議員は10日夜、言葉を失った。民主党が次期総選挙に向けて「足場固め」と位置付けた今回の選挙で、候補者の落選が続いたショックは大きい。

 小沢氏の懐刀、松木謙公前農水政務官は10日夜、産経新聞の取材に「僕の意見は変わっていない。菅直人首相(民主党代表)は1秒でも早く辞めればいい」と公然と退陣論を唱えた。

 党内最大勢力の小沢グループ内には、震災後に首相が「これで2年、続けることができる」と語ったとの噂が流れ、「自分の保身しか考えられない首相は一刻も早く退陣してほしい」(若手)という声が強まっている。

 東京電力福島第1原子力発電所の放射性物質(放射能)漏れ事故に、小沢氏が強い危機感を表明していることも、「菅降ろし」でゴーサインを出したとの観測につながっている。

 原口一博前総務相、鹿野道彦農水相…。小沢グループ内には早くも「ポスト菅」候補の名前が浮上するなど、同グループは臨戦態勢を整えようとしている。

 小沢氏側近は「菅首相以外であれば、自民党の谷垣禎一総裁だっていい」と、「菅抜き」の大連立の可能性にも言及している。複数の民主党幹部によると、すでに小沢氏は大連立に向けて、自民党サイドと接触を図っているという。

小沢氏は10日、沈黙を保ったが、最近は側近議員らと会合を重ねている。小沢グループが決起するのも時間の問題といえる。グループ内には首相にリコールを突き付けるため両院議員総会を開催させ、代表辞任を求める緊急動議の可決をはかることで、首相の退陣を実現するシナリオもある。

 一方、各知事選や県議選での「自民優勢」の報告を受けた自民党の閣僚経験者は「月曜(11日)からは『是々非々』ではなく、『是・非々』でいくぞ!」と力を込めた。平成23年度第1次補正予算案の早期成立には賛成するものの、今後の国会審議で首相の震災対応への対決色を鮮明にしていくというわけだ。

 脇雅史参院国対委員長は「選挙結果は首相には任せられないという評価だ。震災で大変な時期だからこそ早く代わってもらいたい」と強調した。

 同党は今後、首相に批判的な西岡武夫参院議長や民主党反主流派とも連携を模索する考えだ。6~7月の第2次補正予算案の編成後をにらんで、衆院での内閣不信任決議案や参院の首相問責決議案の提出のタイミングをはかる。

 自民党は首相延命のための大連立は拒否したものの、党重鎮の間では「民主党政治だけで(復興を)やりきれるのか」(大島理森副総裁)との認識が強く残っている。与党内の「菅降ろし」の動きと連動すれば政局は一気に流動化する。

 「第1次補正予算案が成立した段階で、首相は身を引いた方がいい」

 与党内からは早くもこんな声も出ている。(加納宏幸、佐々木美恵、坂井広志)

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110411/stt11041103010000-n1.htm


40

m9^д^)m9^д^)m9^д^)ジェットストリームプギャー !!!
判り切ってた事だけど、ミンスも終わりだな(嗤)
まあ大阪では地域政党だとか言って大阪なんチャラの会だかが勢力を伸ばしたのだが、ああいうキチガイ連中に投票する大阪民国腐民はホント死んでいい。
学習能力あんのかお前らはwww
橋の下の屑が今までなんかすごい仕事をしたか?ただ市長や府議会とケンカしてパフォーマンスしてるだけだろうが。
とりあえず、数年後はまたもや悲惨な大阪府と言うオチな訳だが、まっとうな大阪府民のみなさんには今後とも
こういうバカ連中の駆逐と啓蒙活動に取り組んでもらって大阪をまともな方に導いて欲しい。

名古屋の方は地域政党はあまり伸びなかったようで一安心。
大体地域政党だとか何とか言ってる連中は第二民主党であり、民主別働隊。
小沢派一派と気脈があるのだから警戒するのが当たり前だ。
減税とか言って耳触りのいいことばかり言ってる川村死長にしても、タカ派ぶって、やたらと自己責任とか言ってる橋の下の屑にしても危機に対してはまるで対応能力の無い癌直人と思考回路が一緒の連中。
所詮は口だけだから、コイツらは。
耳触りのいい事だけを言って政権を簒奪しようとしてるだけと言う事にいい加減気付け。
橋の下の屑はタカ派でなくバカ派だという事を補足しておく。

話を戻すが、この期に及んでまだ責任取らないつもりか、おからと癌は。
そもそも人間じゃないものレヴェルの屑だという事は判っていた事だがこんなのを国のトップとかにしてるとか
いい加減この壮大なコントにツッコミを入れなきゃいけない。
汚沢がウォーミングアップを始めてるみたいだが痔民党と結託とは先祖帰りか?
もういい加減、痔民、ミンスと言う単純な2項対立から抜け出さないといけない。
どっちを選んでもマイナスの選択だという事を肝に銘じて最善を選ぶ国民の力量が問われているという事だ。

ミンスのコントもこれにて、
39
だと思う人も思わない人も、
読み終わったらクリックをお願いします!
     ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【記事関連書籍】

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)
(1998/05/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る


橋下「大阪改革」の正体橋下「大阪改革」の正体
(2009/01/21)
一ノ宮 美成、グループ・K21 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。